クレジットカード比較
2017年1月1日公開(2017年5月22日更新)
ザイ・オンライン編集部

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!
2017年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!

3

【過去のクレジットカード・オブ・ザ・イヤーの結果はこちら!】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2015]
 2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!
 2015年最新版、一番おすすめのカードはコレ!

2人の専門家が全6部門でおすすめクレジットカードを選出し、
2015年初時点の最強クレジットカードを決定!

 2015年ももうすぐ。年末年始は旅行や帰省、外食など、お金を使う時期でもある。そんなときに、ぜひ考えてもらいたいのが「クレジットカードの見直し」だ。

 一般的なクレジットカードの還元率は0.5%だが、今は還元率1.5~2.0%の超高還元クレジットカードが多く発行されている。消費税の増税や急激な円安による物価上昇など、家計やお小遣いを直撃するニュースも多いが、還元率が高いクレジットカードと共通ポイントや電子マネーを上手に組み合わせることで、支出の2~4%を還元することができるのだ。

 しかし、難しいのは「どのクレジットカードを選べばいいか」ということ。還元率や年会費、付帯サービス、電子マネーとの相性など、クレジットカードを選ぶには比較項目がとても多く、どれを選べばいいのかを迷ってしまって、結局はこれまでのクレジットカードを使い続けている……という人も多いだろう。

 ザイ・オンラインでは「クレジットカードおすすめ比較」カテゴリで、さまざまなジャンル別、利用方法別、利用金額別などで「クレジットカードおすすめランキング」を掲載しているので、そちらも参考にしてほしい。
(ザイ・オンライン「クレジットカードおすすめ比較」トップページはこちら⇒「クレジットカードおすすめ比較」

還元率で選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
人気ランキングで選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
マイルで選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
年会費無料で選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
学生用クレジットカードを比較して選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
リボ払いを比較して選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
ETCカードを比較して選ぶ!【クレジットカードおすすめ比較】
20代向けゴールドカードを比較して選ぶ!ヤング&格安ゴールドカードおすすめランキング!【クレジットカードおすすめ比較】
ゴールドカードのおすすめランキング!【クレジットカードおすすめ比較】
プラチナカードを比較して選ぶ!お得なプラチナカードおすすめランキング!【クレジットカードおすすめ比較】
ットカードおすすめ比較[2015年]【クレジットカードおすすめ比較】 >


 しかし今回は、上記のランキングとは別に、テレビや雑誌でも活躍し、ザイ・オンラインで連載をしていただいている岩田昭男さん、菊地崇仁さんの2人の「クレジットカードの専門家」に、2015年初時点でもっとも優れていると思うクレジットカードを6部門で選んでもらった。

 今回、岩田さん、菊地さんに選んでもらったのは、以下の6部門。
1)メインカード部門
2)年会費無料カード部門
3)マイル系カード部門
4)ゴールドカード部門
5)プラチナカード部門
6)ニューカマー部門


 クレジットカードは2~3枚を組み合わせて利用したほうがお得になることが多いが、今回はいずれのジャンルも「1枚だけを選ぶなら」という基準で選んでいただいた。今回、選出されたクレジットカードの中には2012~2014年にかけて、新しく発行されたクレジットカードも多いので、過去数年間、同じクレジットカードを利用している人は新しいお得なクレジットカードに出会えるだろう。

 ザイ・オンライン編集部で記事を連載中の、日本を代表するクレジットカードの専門家2人のおすすめクレジットカードを選んで使うだけで、2015年は簡単にお得な節約生活が送れるはず。ぜひ、クレジットカード選びの参考にしてほしい。

 では、まずは「メインカード部門」のおすすめクレジットカードを発表しよう!

「メインカード部門」の最優秀クレジットカードは
業界最高の還元率2%を誇る「リクルートカードプラス」と
ポイントの使いやすさ・貯まりやすさが魅力の「楽天カード」

「メインカード部門」では、多くの人がメインカードとして利用するにふさわしい、誰が利用してもお得な、文句なしに優秀なクレジットカードを選んでもらった。「クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2014」の大賞とも言えるクレジットカードだ。

 2人の専門家が選んだ「メインカード部門」の最優秀クレジットカードはコレだ!

  岩田昭男さんが選んだ
最優秀「メインカード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「メインカード」
 カード名 楽天カード リクルートカードプラス
 カードフェイス
リクルートカードプラスの公式サイトはこちら!
 関連記事 ◆「楽天カード」がますますお得なカードに大変身!10月からサービス開始の「Rポイントカード」で「楽天スーパーポイント」をざくざく貯める方程式 「リクルートポイント⇒Pontaポイント」への変更で高還元で電子マネーに強い「リクルートカード」は最強クレジットカードの座を盤石にできるか?


 岩田さんが「メインカード部門」で選んだのは、年会費永年無料で大人気の「楽天カード」だ!

楽天カード
 還元率  1.0%
 発行元  楽天カード
 国際ブランド  VISA、Master、JCB
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 nanaco(JCBのみ)、
 楽天Edy(還元率0.5%)
【岩田昭男さんが「楽天カード」を選出した理由】
 年会費が無料で還元率は1%、新規入会するとまとまった「楽天スーパーポイント」がもらえるのが魅力。楽天市場での買い物はいつでもポイントが2倍だが、さらに「楽天カード」を保有していればポイントが2倍以上になるキャンペーンも多い。『楽天スーパーポイント』は楽天市場以外でも、電子マネーの「楽天Edy」を利用することで貯められ、2014年の秋に本格的に始まった「Rポイントカード」を利用すれば、サークルKサンクスなどの店舗で買い物をすることでも「楽天スーパーポイント」が貯まる。つまり、クレジットカード、ポイントカード、電子マネーのすべてでポイントを貯められる仕組みは秀逸。楽天市場のキャンペーンを把握するのは大変だが、「楽天スーパーポイントギャラリー」や「楽天ポイントアップ」を確認すれば、お得な情報が入手できるので活用しましょう。


 一方、菊地さんが「メインカード部門」で選んだのは、クレジットカード業界で最高の還元率を誇る「リクルートカードプラス」だ!

リクルートカードプラス
還元率  2.0%
還元率は2%!ETCカードの年会費も不要で年間672リクルートポイント得するリクルートカードプラスの詳細はこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  2000円
 家族カード  あり(年1000円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、nanaco
【菊地崇仁さんが「リクルートカードプラス」を選出した理由】
 年会費は2000円(税抜)かかるが、どこで使っても還元率2%は驚異的。さらに、2014年7月末からは「リクルートポイント」から「Pontaポイント」への交換が可能になり、ポイントの使い先が大幅に増えた。「リクルートカードプラス」をメインカードとして利用しつつ、サブカードに年会費無料で還元率1.2%、電子マネーとの相性がいい「リクルートカード(VISA)」を使うのがおすすめ。「リクルートカードプラス」と同じ「リクルートポイント(2015年春以降は「Pontaポイント」)」が貯められるので、「nanaco」へのチャージは「リクルートカードプラス」、「楽天Edy」チャージは「リクルートカード(VISA)」と使い分ければ、ポイントを分散させることなく、効率的にポイントを貯めることができる。


 どちらも「クレジットカードでポイントが貯まりやすく、使いやすい」という点でおすすめだ。「リクルートカードプラス」は年会費がかかるが、クレジットカードの年間利用額が30万円程度であれば、驚異的な還元率2%の効果で年会費分はカバーできる。クレジットカードを利用する機会が多い人は「リクルートカードプラス」、少ない人は「楽天カード」を選べばいいだろう。

 次は、クレジットカード利用額が少ないライトユーザー向けの「年会費無料カード部門」と、特典航空券に交換できる「マイル系カード部門」を発表!

「年会費無料カード部門」の最優秀クレジットカードは
還元率1.2%の「リクルートカード(VISA)」と
今年誕生した「OricoCard THE POINT」に決定!

「年会費無料カード部門」では、クレジットカードの利用金額が少ない、ライトユーザーにおすすめのクレジットカードを選んでもらった。

 2人の専門家が選んだ「年会費無料カード部門」のおすすめクレジットカードはコレだ!

 
岩田昭男さんが選んだ
最優秀「年会費無料カード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「年会費無料カード」
 カード名 OricoCard THE POINT リクルートカード(VISA)
 カードフェイス
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら!
リクルートカードの公式サイトはこちら!
関連記事 ◆「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に! ◆「Ponta」が一番貯まる最強カードはコレ!「リクルートポイント」との交換・統合で「リクルートカードプラス」が最強カードに


 岩田さんが「年会費無料カード部門」で選んだのは、2014年6月に新しく登場した「OricoCard THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」!

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
還元率  1.0~3.0%
 発行元  オリコカード
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 iD、QUICPay、
 au WALLET(MasterCardのみ)

 

【岩田昭男さんが「OricoCard THE POINT」を選出した理由】
 年会費無料にもかかわらず、100円で1オリコポイントが貯まる、還元率1%のカード。加えて、入会後6カ月間は還元率が2倍の2%にアップするので、ポイントが早く貯まるのが特徴。さらに、ネットショッピングサイトの「オリコモール」で利用すると、通常獲得分にプラスして0.5%の特別加算ポイントがもらえて、還元率は1.5%になる。貯めたポイントは、使い先によっては「即時交換」できるのも魅力。例えば、「Amazonギフト券」「iTunesギフトカード」「Tポイント」などには即時交換が可能で、「手間をかけずシンプルに」というコンセプトは評価できる。また、「iD」と「QUICPay」の2つの電子マネーが搭載されているので、コンビニなどでの少額決済でもクレジット利用額と合算され、ポイントがついてお得。


 一方、菊地さんが「年会費無料カード部門」で選んだのは、「メインカード部門」で登場「リクルートカードプラス」の年会費無料版「リクルートカード(VISA)」だ!

リクルートカード
 還元率  1.2%
クレジットカードおすすめ比較!高還元率のリクルートカード詳細はこちら
 発行元  三菱UFJニコス、JCB
 国際ブランド  VISA、JCB
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、nanaco、
 ICOCA(VISAのみ)、
 楽天Edy(VISAのみ)

 

【菊地崇仁さんが「リクルートカード(VISA)」を選出した理由】
 年会費無料で還元率が1.2%。「nanaco」「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」などの電子マネーへのチャージでもポイントがつき、貯まる「リクルートポイント」は「Pontaポイント」に交換できる。さらに、2015年春から「Pontaポイント」が直接貯まるようになる。「Pontaポイント」は1ポイント単位で利用でき、加算・減算があってから有効期限が1年と、実質無期限のポイント。メインカードでもサブカードでも使えるオールマイティーなクレジットカード。

 

「マイル系カード部門」の最優秀クレジットカードは
JALマイルが貯まる「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」と
14社のマイルに交換できる「アメックス・スカイ・トラベラー」に!

「マイル系カード部門」では、航空券に交換できる「マイル」が貯まるクレジットカードの中から、「どの航空会社のマイルを貯めるのがいいのか」ということも含めて、もっともおすすめのクレジットカードを選んでもらった。

 2人の専門家が選んだ「マイル系カード部門」のおすすめクレジットカードはコレだ!

 
岩田昭男さんが選んだ
最優秀「マイル系カード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「マイル系カード」
 カード名 アメリカン・エキスプレス・
スカイ・トラベラー・カード
JALカード
TOKYU POINT ClubQ
(MasterCard)
 カードフェイス
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら!
JALカード TOP ClubQの公式サイトはこちら!
 関連記事 ◆航空・旅行アナリストがおすすめ! 貯めたポイントを航空会社14社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは? ◆JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは?低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!


 菊地さんが「マイル系カード部門」で選んだのは、「JALカード TOKYU POINT ClubQ(MasterCard)」だ!

JALカード TOKYU POINT ClubQ
 還元率  1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
クレジットカードおすすめ比較!マイルが貯まる! JALカードTOP公式サイトはこちら
JALカードTOP&ClubQ公式サイトはこちら
 発行元  JALカード
 国際ブランド  VISA、Master、DC
 年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降2000円(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
 家族カード  あり(年会費1000円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 WAON、PASMO

 

【菊地崇仁さんが「JALカード TOKYU POINT ClubQ(MasterCard)」を選出した理由】
 特典航空券の空席状況などを考慮すると、現在は「JAL」のマイルを貯めたほうが特典航空券を使いやすい。「ディスカウントマイル+JALカード割」が利用できるようになり、エコノミークラスでは少ないマイルで旅行が可能。「JALカード」は電子マネーの「JMB WAON」へのチャージでマイルを貯められ、「JMB WAON」での支払い時にもマイルを貯められるが、対象カードは「JAL・JCBカード」、「JAL・MasterCard」、「JAL・Visaカード」、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」のみ。そのため、「JALカード」の中でも東急百貨店や東急ストアなどの東急関連施設でも「TOKYUポイント」を貯められる「JALカード TOKYU POINT ClubQ」が一歩リード。貯めた「TOKYUポイント」はJALのマイルに交換できる。さらに、2014年5月に「au WALLETカード」が登場し、「MasterCard」ブランドの場合は「au WALLETカード」へのチャージでもマイルを貯めることが可能なので、「JALカード TOKYU POINT ClubQ(MasterCard)」がおすすめ。


 一方、岩田さんが「マイル系カード部門」で選んだのは、ポイントを14社の提携航空会社のマイルに自由に交換できる「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」だ!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
 還元率  1.5%
(対象航空会社の航空券購入は3%)
 ※ 1マイル=1.5円換算
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
 発行元   アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド   アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  1万円
 家族カード  あり(年5000円、税抜)
 おすすめポイント 対象航空会社26社で航空券を購入するとポイント3倍提携航空会社14社のマイルに無期限で交換可能!

 

【岩田昭男さんが「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」を選出した理由】
 JALやANA、デルタ航空など、対象航空会社26社の航空券を、対象航空会社のウェブサイトなどから直接購入するとポイントが3倍(100円=3ポイント)貯まり、1P=1マイルで移行が可能。貯めたポイントは、14社の提携航空会社のマイルに自由に、無期限で移行できるので旅行好きにはおすすめのマイル系カードといえる。新規入会すると、入会ボーナスポイントがもらえるほか、ファーストフライト・ボーナスポイントがつくなど、ボーナスポイントが手厚くなっている。ポイントをマイルに交換できる提携航空会社からJALが抜けた穴は大きいが、それでも世界の主要な航空会社のマイルに自由に交換できるので、商社や外資系のビジネスマンなど、世界を駆け回る人は重宝するはず。貯めたポイントには、有効期限がないので、自分の都合の良いときに、都合のいい提携航空会社のマイルに交換できるので便利。


 次は、クレジットカードに充実した付帯サービスとステータスを求める人におすすめの「ゴールドカード部門」「プラチナカード部門」を発表!

「ゴールドカード部門」の最優秀クレジットカードは
コストパフォーマンス最強の「楽天プレミアムカード」と
招待制の「イオンゴールドカードセレクト」に決定!

「ゴールドカード部門」では、年会費やサービス内容、ステータスを総合的に判断し、「このゴールドカードはお得!」と言える、もっともおすすめのクレジットカードを選んでもらった。また、「ゴールド」とはつかないが、年会費1万円程度のプレミアムカードも選考対象とした。

 2人の専門家が選んだ「ゴールドカード部門」のおすすめクレジットカードはコレだ!

 
岩田昭男さんが選んだ
最優秀「ゴールドカード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「ゴールドカード」
 カード名 イオンゴールドカードセレクト 楽天プレミアムカード
 カードフェイス
イオンゴールドカードセレクトの公式サイトはこちら!
楽天プレミアムカード
 関連記事 ◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開! ◆「プライオリティ・パス」で海外の空港ラウンジが使い放題になるクレジットカードを比較!アメックス・ゴールドのサービス内容改善に注目!


 菊地さんが「ゴールドカード部門」で選んだのは、「楽天カード」のゴールドカード、「楽天プレミアムカード」だ!

楽天プレミアムカード
 還元率  1.0%
 発行元  楽天カード
 国際ブランド  VISA、JCB
 年会費(税抜)  1万円
 家族カード  あり(年5000円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 楽天Edy、nanaco(JCBのみ)

 

【菊地崇仁さんが「楽天プレミアムカード」を選出した理由】
 海外旅行に行く人が対象となるが、年会費1万円(税抜)で、年会費399米ドル(=約4万円)のプレステージ会員の「プライオリティ・パス」が付帯するクレジットカードはなく、コストパフォーマンスに優れている。それ以外の特典は、誕生日月は楽天市場、楽天ブックスでポイント3倍。最初に「トラベルコース」「楽天市場コース」「エンタメコース」を選べ、それぞれの特典を利用できる。特典内容は「トラベルコース」が海外旅行の手荷物宅配を年2回まで無料で利用可能。「楽天市場コース」は毎月特定曜日でさらに1%上乗せ。「エンタメコース」は楽天ブックス、楽天レンタル等で1%上乗せなど。プレステージ会員の「プライオリティ・パス」を利用できる点だけでも、コストパフォーマンスに優れたゴールドカード。


 一方、岩田さんが「ゴールドカード部門」で選んだのは、「イオンカードセレクト」のゴールドで、招待制で入会できる「イオンゴールドカードセレクト」だ!

イオンゴールドカードセレクト
還元率  0.5~1.0%
クレジットカードおすすめ比較!イオンゴールドカードセレクトの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!イオンゴールドカードセレクト公式サイトはこちら
 発行元  イオンクレジットサービス
 国際ブランド  VISA、Master、JCB
 年会費(税抜)  無料
 家族カード  あり(無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 WAON

 

【岩田昭男さんが「イオンゴールドカードセレクト」を選出した理由】
 申し込み制ではなく招待制だが、ゴールドカードにもかかわらず、年会費は無料。「イオンゴールドカードセレクト」の最大のメリットは、全国のイオンにある「イオンラウンジ」を使えることだ。イオンラウンジでは、ドリンクを無料で飲めたり、新聞・雑誌・ホームページ閲覧ができたりするサービスが利用できる。ポイントは、200円で1P、毎月20日と30日に全国のイオンなどで5%割引となることなどは通常のイオンカードと一緒だが、最高3000万円の旅行傷害保険がつく上、羽田空港のラウンジも利用できるなど、年会費無料のカードとは思えないほど特典が満載。

 

「プラチナカード部門」の最優秀クレジットカードは
超高級ホテルの無料宿泊券がもらえる「SPGアメックスカード」と
2万円相当のカタログギフトがもらえる「ザ・クラス」に決定!

「プラチナカード部門」では、年会費やサービス内容、ステータスを総合的に判断し、もっともお得なクレジットカードを選んでもらった。なお、「プラチナ」とはつかないが、年会費が3万円程度のプレミアムカードも選考対象とした。

 2人の専門家が選んだ「プラチナカード部門」のおすすめクレジットカードはコレだ!

 
岩田昭男さんが選んだ
最優秀「プラチナカード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「プラチナカード」
 カード名 スターウッド プリファード ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カード
JCB ザ・クラス
 カードフェイス
エクストリームカードの公式サイトはこちら!
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の公式サイトはこちら!
 関連記事 ◆旅行好きなら絶対得する「SPGアメックス」誕生!無料宿泊ができて、高還元でマイルも貯まる旅行に強いクレジットカードの決定版! ◆最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有すれば東京ディズニーリゾートでVIP待遇! 定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは?


 岩田さんが「プラチナカード部門」で選んだのは、「シェラトンホテル」や「ウェスティンホテル」などの高級ホテルを展開している「スターウッド・ホテル&リゾート(SPG)」とアメリカン・エキスプレスとの提携クレジットカード、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)」だ。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
 (SPGアメックス)
還元率 1.875%
 ※ 1マイル=1.5円換算。
SPGポイントを2万ポイント、一度にマイルに
移行した場合。
おすすめクレジットカード!宿泊できる!マイルが貯まる!スターウッド・プリファード・ゲストアメリカン・エキスプレス・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 3万1000円
家族カード あり(年1万5500円、税抜)
おすすめポイント 「SPG」のゴールド会員資格が得られるほか、国内15のホテル内のレストラン、バーの料金が15%オフ(アルコール除く)に。貯まったポイントは31社以上のマイルに無期限で、自由に移行でき、2万ポイント=2万5000マイルに。また、カード継続で毎年無料宿泊券がもらえる!

 

【岩田昭男さんが「SPGアメックスカード」を選出した理由】
 旅行系のサービスが充実したクレジットカードは数多くあるが、「SPGアメックスカード」は9つのホテルブランドからなる1100軒以上のホテルとリゾートを展開する「スターウッド・ホテル&リゾート」とアメリカン・エキスプレスが提携し、ホテルステイに重点を置いた初めての本格派カードだ。新規入会した時点で、「スターウッド・ホテル&リゾート」のポイントプログラム「スターウッド プリファード ゲスト」の「ゴールド会員」となる資格を得られて、ポイントの上乗せがある。日常使いでも100円=1ポイントが貯まり、継続利用者には毎年「スターウッド・ホテル&リゾート」のホテルに無料宿泊できるお得なクーポンが届く。都会のビジネスタイプから自然豊かなリゾートタイプまで、自分の用途と気分に合わせてホテルを自由に選ぶことができるのもいい。


 一方、菊地さんが「プラチナカード部門」で選んだのは、JCBが発行する招待制のプラチナカード「JCB ザ・クラス」だ。「JCB ザ・クラス」に入会するには、「JCBゴールド」を2年連続で年間100万円以上利用して「JCBゴールド ザ・プレミア(招待制)」を取得し、継続的に利用しておけば、利用金額・利用頻度などによってインビテーションを受けられる(「JCB ザ・クラス」の招待の条件は非公開)。

JCB ザ・クラス
還元率  0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラス公式サイトはこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―

 

【菊地崇仁さんが「ザ・クラス」を選出した理由】
 年会費は5万円(税抜)だが、毎年2万円程度のメンバーズセレクション(カタログギフト)がもらえることを考えると、実質の年会費は3万円程度。その他、「グルメベネフィット」「ホテル優待」「コンシェルジュ」「プライオリティ・パス」などの一般的なプラチナカードの付帯サービスがある。コンシェルジュサービスは他社と比較してもクォリティーが高い。「東京ディズニーリゾート」のJCBアトラクション内にあるラウンジを利用できるというプレミアム感も○。ただし、インビテーション(招待)のみで取得は難しい。

 
 最後に発表するのは、2014年に新しく登場したクレジットカードが対象の「ニューカマー部門」。知らないと損するクレジットカード情報を見逃すな!

「ニューカマー部門」の最優秀クレジットカードは
Amazonでの還元率1.5%の「Amazon MasterCard クラシック」と
auユーザーにおすすめの「au WALLETクレジットカード」に決定!

「ニューカマー部門」では、2014年に新しく発行が開始されたクレジットカードに限定し、注目に値するおすすめのクレジットカードを選んでもらった。

 2人の専門家が選んだ「ニューカマー部門」のおすすめクレジットカードはコレだ!

 
岩田昭男さんが選んだ
最優秀「最優秀メインカード」
菊地崇仁さんが選んだ
最優秀「最優秀メインカード
 カード名 au WALLETクレジットカード Amazon MasterCardクラシック
 カードフェイス
au WALLETクレジットカードの公式サイトはこちら!
Amazon MasterCardクラシックの公式サイトはこちら!
 関連記事 ◆新登場した「au WALLETカード」にチャージしてもっとも得するクレジットカードはどれだ!?誕生月ポイント5倍の「ライフカード」に注目! ◆Amazonで得するクレジットカードに異変!?「リーダーズカード」vs「AmazonMasterCard」に「OricoCard THE POINT」の三つ巴バトルに!


 岩田さんが「ニューカマー部門」で選んだのは、携帯電話の「au」が2014年10月に発行を開始した「au WALLETクレジットカード」だ。

au WALLETクレジットカード
還元率  1.0~1.5%
クレジットカードおすすめ比較!au WALLETクレジットカードの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!au WALLETクレジットカード公式サイトはこちら
 発行元  KDDIフィナンシャルサービス
 国際ブランド  VISA
 年会費(税抜)  無料
(auユーザー以外は1250円)
 家族カード  あり
(1人目無料、2人目以降3000円)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 au WALLET

 

【岩田昭男さんが「au WALLETクレジットカード」を選出した理由】
「au WALLETクレジットカード」とは、10月28日に電子マネーの「au WALLET カード」に続き、「au」が発行したクレジットカード。ポイントは200円(税込)で2ポイントが貯まり、通常の還元率は1%。そのうえ、「ポイントアップ店」(24社、約2万2000店)では1.5~2倍のポイントが貯まるので、還元率は1.5~2%にもなり、とてもお得に使える。さらに得する使い方としては、電子マネーの「au WALLET カード」と連携して「オートチャージ(auかんたん決済を経由することが条件)設定」をすることで、一般的なチャージよりも1.5倍のポイントがつくこと。オートチャージにすることで、ポイントが増加するクレジットカードは初めて。


 一方、菊地さんが「ニューカマー部門」で選んだのは、三井住友カードが2014年2月に新しく発行した「Amazon MasterCard クラシック」だ。

Amazon MasterCard クラシック
 還元率  1.0~1.5%
おすすめクレジットカード!高還元率のリーダーズカード
オリコカードザポイント公式サイトはこちら
 発行元  三井住友カード
 国際ブランド  MasterCard
 年会費  初年度無料、2年目以降1250円
年1回以上の利用、あるいは「マイ・ペイすリボ」登録で次年度以降も無料
 家族カード  なし
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 なし

 

【菊地崇仁さんが「Amazon MasterCard クラシック」を選出した理由】
 年会費が初年度無料、2年目以降も1回でもカード利用があれば無料と、実質年会費は無料。「Amazon」内では1.5%還元、「Amazon」以外でも1%還元で還元率はまぁまぁ高い。開始当初は2万5000ポイント(2500円相当)まで貯めなければポイントを使えなかったが、数カ月後に1000ポイント(100円相当)単位での利用が可能になった。ポイントは自動的にAmazonギフト券に交換されるため、ポイント交換を意識する必要もない、「Amazon」をよく利用する人には最適なクレジットカード。


 以上が、岩田昭男さんと菊地崇仁さんの2人の専門家が「クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2014」に選出したクレジットカードだ。ここで改めて12枚のクレジットカードをまとめてみよう。

 ◆メインカード部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん 楽天カード
菊地崇仁さん リクルートカードプラス
 
 ◆年会費無料カード部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん OricoCard THE POINT
(オリコカード ザ ポイント)
OricoCard THE POINT
菊地崇仁さん リクルートカード(VISA)
 ◆マイル系カード部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん アメリカン・エキスプレス・
スカイ・トラベラー・カード
菊地崇仁さん JALカード TOKYU POINT ClubQ
(MasterCard)
 ◆ゴールドカード部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん イオンゴールドカードセレクト
菊地崇仁さん 楽天プレミアムカード
 ◆プラチナカード部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん スターウッド プリファード ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カード
菊地崇仁さん JCB ザ・クラス
 ◆ニューカマー部門
  カード名 カードフェイス 公式サイト
岩田昭男さん au WALLETクレジットカード
菊地崇仁さん Amazon MasterCardクラシック


 これらのクレジットカードが2014年末時点で、2人の専門家がさまざまなクレジットカードを徹底比較して見つけ出した、各部門のおすすめのクレジットカードとなる。岩田さん、菊地さんの意見を参考に、2015年はお得なクレジットカード生活を始めよう!
(ザイ・オンライン「クレジットカードおすすめ比較」トップページはこちら⇒「クレジットカードおすすめ比較」

「クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017」メインカード部門&年会費無料カード部門をW受賞!
◆楽天カード
 還元率 1.0~4.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率4.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+2.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カード(JCB)の詳細はこちら!
 発行元  楽天カード
 国際ブランド  VISA、Master、JCB
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 nanaco(JCBのみ)
 楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 ◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(最優秀メインカード&最優秀年会費無料カード部門)

◆定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カード新規入会でもらえるポイントが、
5月22日~29日(朝10時)まで「8000ポイント」に増額中!
楽天カード入会で7000ポイントもらえるキャンペーン実施中!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2017年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!