節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「PayPayポイント」の貯め方や還元率を詳しく紹介!
PayPayポイントと、TポイントやPontaポイントなど
の共通ポイントの比較、ポイ活の今後の展望を解説!

2022年4月29日公開(2023年9月11日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 2022年4月1日から、コード決済のPayPayで貯まる「PayPayボーナス」の名称が変わり、「PayPayポイント」になりました。PayPayポイントは、街中のお店やネットサービスなどで、コード決済のPayPayや、クレジットカードの「PayPayカード(旧ヤフーカード)」を使って支払いをしたときに貯めることができます。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

 PayPayは、大手のコンビニや総合スーパー、ディスカウントストア、ドラッグストア、飲食店、百貨店、家電量販店などで利用でき、非常に幅広く普及しています。2021年の10月から、PayPay加盟店には決済システムの導入手数料が課されるようになりましたが(それ以前は無料)、事前に危惧されていたほど有料化による加盟店の減少は目立たず、個人商店を含め、PayPayの利用可能範囲は広がり続けています。

 なお、さまざまな場所で“提示するだけ”でポイントが貯まり、それをあらゆる場所で使うこともできるポイントを「共通ポイント」と呼びます。従来、共通ポイントといえばTポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントが“4強”とされてきました。

 PayPayポイントは決済することで貯まるポイントであり、今のところ提示するだけでは貯められないので、厳密には共通ポイントとは言えません。ただ、最近は「多様な加盟店で利用できるポイント=共通ポイント」と定義されている場合もあり、PayPayポイントが共通ポイントの一つとして紹介されるケースも増えました。また、貯められる場所が多い“7大ポイント”として、共通ポイント4つに加え、LINEポイント、JREポイント、PayPayポイントが紹介されることもあります。

 ほかにも、WAONポイントやnanacoポイントなど、ユーザー数が多いポイントはたくさんあるため、ポイント群雄割拠の時代であることに変わりはありませんが、その中で今後、PayPayポイントがどれほど勢力を伸ばしてくるかが見ものです。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!

PayPayの基本還元率は0.5%だが、条件クリアでさらに還元率アップ!
PayPayポイントの台頭でTポイントは苦戦中

 ここからは、そんなPayPayポイントの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 繰り返しになりますが、PayPayポイントはコード決済のPayPayを使ったときと、クレジットカードの「PayPayカード(旧ヤフーカード)」を使ったときに貯めることができます。PayPayの基本還元率は0.5%。「200円以上の支払い30回以上、かつ合計支払い金額10万円以上」などの諸条件をクリアすることによって、最大2%までアップします。
【※関連記事はこちら!】
PayPay(ペイペイ)のメリット、特徴、キャンペーンの攻略法をわかりやすく解説! 乱立するコード決済の中でも知名度や利便性、お得度は「PayPay」が圧倒的!

 そもそも「PayPayカード」の前身は、すでに新規募集を停止しているヤフーカードでした。発行済みのヤフーカードは、今後「PayPayカード」に順次切り替えられます。これまでヤフーカードは、Tポイントを貯めやすい年会費無料カードとして人気がありましたが、発行済みのヤフーカードでも、今ではTポイントではなくPayPayポイントが貯まるようになっています。

 以前、TポイントはYahoo! Japanと密接に連携しており、ヤフーショッピングなどの各サービスでもTポイントを貯めたり、利用したりすることができました。ただ、PayPayの運営会社は、Yahoo! Japanも傘下に置くZホールディングスなので、PayPayポイントの本格始動とともに、Yahoo! JapanとTポイントの蜜月関係は終了。Yahoo! Japanの各サービスでも、一部を除いてPayPayポイントが付与されるようになり、Tポイントの存在感がなくなりました。

 Yahoo! Japanとの連携でPayPayポイントを貯めやすく、使いやすくなった反面、これまでTポイントを貯めてきた人にとっては利便性が損なわれた状況です。そもそも、数年前からTポイントの加盟店は減少しつつあり、弱体化の懸念がありました。運営元のCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がYahoo! Japanと袂を分かったことで、ますます苦戦の様相を呈してきた印象です。利用範囲が狭まってくると、貯めるメリットが薄くなり、共通ポイントとしての魅力は低減します。

 現状、Tポイントは、たとえばドラッグストアチェーンのウエルシア薬局では、買い物100円につき1ポイントのTポイントが貯まり、毎月20日には200ポイント以上の利用で1.5倍分の買い物(=実質33%引き)ができる、通称「ウエル活」がお得ということで人気です。「ウエル活」をしょっちゅうするなら、今後もTポイントを貯めたり、別のポイントをTポイントに交換して使ったりするのも手でしょう。ただし、「ウエル活」のほかには、目立ってTポイントがお得と言える店舗・サービスが見当たらないのが実状で、Yahoo! JapanやPayPayとの連携がなくなった今、Tポイントの魅力は低下しているのは間違いないでしょう。

 2022年4月1日から、TポイントをPayPayポイントに等価交換できるようになったので、使い道に悩むようになったら交換を検討するのがいいかもしれません。
【※関連記事はこちら!】
「ポイ活」ブームの変遷をクレジットカード専門家が解説!「マイナポイント第2弾」や「グリーンライフ・ポイント」など、今後も“ポイント”の流行に要注目!

楽天ポイントは条件改悪が続く中で、dポイントは攻勢を強める状況。
PayPayポイントはいずれ「PayPay経済圏」の構築も!

 ちなみに、Tポイント以外の共通ポイントも、このところさまざまな動きを見せています。まずは、これまで貯まりやすさ・利便性などの面から「王者」と見なされてきた楽天ポイントですが、すでによく知られているとおり、2022年4月1日からいくつかの楽天グループのサービスにおいて、ポイント条件を変更しました。

 たとえば、楽天市場でのショッピングでのポイント付与対象金額が、税込価格⇒税抜価格に。1100円(消費税100円)のものを買った場合、これまでは税込価格1100円に対してポイントが貯まり、1%還元なら11ポイントついていたところ、これからは税抜価格1000円に対してポイントが貯まり、もらえるポイントは10ポイントにダウン。ほかにも、「楽天カード」で投資信託の積立をした場合の還元率引き下げなどが発表されました。公共料金の支払いによる還元率も昨年6月から低下していて、こちらの影響も大きいですね。

 一方、楽天ポイントのライバル的存在であるdポイントは、2022年6月に「dポイントクラブ」を新体制にすると発表。細かい内容は割愛しますが、運営元のNTTドコモは「ドコモ史上、最高に貯まりやすい」とアピールしており、ライバルが足踏み状態のところに、攻勢を強めている印象です。

 楽天ポイントとdポイントのバトルからは少し離れた立ち位置にいるPontaポイントは、2020年からau Payで貯められるようになったほか、三菱UFJ銀行での取引でも貯められるようにするなど、ほかの共通ポイントとはやや異なるアプローチで利便性を高めています。
【※関連記事はこちら!】
“ポイ活”におすすめの「ローソンアプリ」の活用法を伝授! Pontaポイントの価値が通常の4倍以上になる「お試し引換券祭」や、クーポンの取得方法も解説!

 結論として、Tポイント以外の共通ポイントは、今のところPayPayポイントの出現による影響をそれほど受けていません。ただ、PayPayポイントと楽天ポイントは、大手ITコングロマリットが手掛けているという点で共通しており、両者には類似性があります。今後、PayPayポイントのサービスがますます広がり、いずれは「楽天経済圏」のように「PayPay経済圏」が構築される可能性も考えられるでしょう。

 PayPay経済圏の誕生が楽天経済圏にどんな影響を与えるかは、現段階では未知数です。とはいえ、楽天のサービスよりもYahoo! Japanのサービスをよく使うなど、PayPayポイントが貯めやすい環境にあるのならば、これからPayPayポイントをメインで貯めていくのもいいと思います。コード決済だけでもいいですが、本格的に貯めるのであれば、「PayPayカード」も検討してみるのがおすすめです。

 なお、PayPayは「あなたのまちを応援プロジェクト」と銘打ち、さまざまな地方自治体と提携してキャンペーンを行っている点なども特徴的です。キャンペーンの内容は、各市町村のPayPay加盟店のうち、指定された店舗で買い物をすると、最大30%相当などの還元を受けられるというもの。キャンペーンに参加している地方自治体は限定されますが、こうした使われ方が定番化していく可能性もあります。

 また、最近ではスマホ決済として初めてNetflixの料金支払いに対応するなど、サービスの幅が広がっています。キャッシュレス決済はPayPayしか使えない、という場所も増えているので、これまで使ってこなかった人は、そろそろ利用を検討してもいいかもしれませんね。

(取材/元山夏香)

風呂内亜矢(ふろうち・あや)[ファイナンシャル・プランナー]
一級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士。会社員だった26歳のとき、貯蓄80万円でありながら自宅用としてマンションを衝動買い。物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯蓄を開始。年間貯蓄額を一年で6倍まで増やす。その後、自身の体験を活かしてマンション販売会社に転職。年間売上一位の実績を上げる。2013年、ファイナンシャル・プランナーとして独立。著書は『超ど素人がはじめる資産運用』(翔泳社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『ケチケチせずにお金が貯まる法見つけました!』(王様文庫)など多数。日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中⇒https://www.youtube.com/c/FUROUCHIvlog/

【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2024年5月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBI新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.15%
(※1)
0.40%
(※2)
0.35% 0.50%
【SBI新生銀行のおすすめポイント】
「ステップアッププログラム」のステージが「ダイヤモンド」の場合は普通預金金利が0.15%に大幅アップ! しかも「ダイヤモンド」は、SBI証券との口座連携サービス「SBI新生コネクト」を利用するだけで簡単に到達でき、他行あて振込手数料が月50回まで無料になる特典なども受けられてお得! そのほか、新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」なら、3カ月もの定期預金の金利が1.00%、1年もの定期預金の金利が0.40%に大幅アップ! また、2023年10月2日からは、他行からの振込入金などで現金がもらえる「キャッシュプレゼントプログラム」もスタート。
※1「ステップアッププログラム」でダイヤモンドの場合の金利。なお、SBI証券との口座連携サービス「SBI新生コネクト」を利用すると翌々月からダイヤモンドに到達可能。※2 新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利。
【関連記事】
【SBI新生銀行の金利・手数料・メリットは?】SBI証券との口座連携「SBI新生コネクト」の利用で、普通預金金利アップ&振込手数料が月50回まで無料!
「SBI新生コネクト」を利用すれば、SBI新生銀行の金利や手数料がお得に! SBI証券と口座を連携して、最上位「ダイヤモンド」ステージの特典を活用しよう!
SBI新生銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.25%
(※1)
0.45%
(※2)
0.45%
(※3)
0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
東京スター銀行を給与(バイトやパートも含む)または年金の受取口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.25%」に大幅アップするのが大きなメリット! さらに、コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与または年金の受取口座に指定した場合。※2 新規に口座開設した人限定の「新規口座開設優遇プラン スターワン円定期預金」適用時の金利。※3「スターワン円定期預金プラス(インターネット限定)」適用時の金利。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が250倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆あおぞら銀行 BANK  ⇒詳細ページはこちら!
0.20% 0.21% 0.30% 0.45%
【あおぞら銀行 BANKのおすすめポイント】
普通預金金利は0.20%と業界トップクラスなうえに、ほかのネット銀行とは違って「証券会社の口座と連携する」や「給与の振込口座に設定する」といった条件もなく金利0.20%が適用されるのがメリット! また、コンビニATMでは出金手数料が発生してしまうが、郵便局内に設置されている「ゆうちょ銀行ATM」なら365日いつでも手数料無料なほか、一部のファミリーマートなどに設置されている「ゆうちょ銀行ATM」も平日8:45~18:00、土曜日9:00~14:00は手数料無料!
【関連記事】
定期預金に匹敵する“業界No.1の普通預金金利”を実現する「あおぞら銀行 BANK」に注目! 年0.2%の普通預金金利の高さを実現できる理由が取材で判明!
【あおぞら銀行 BANKの金利・手数料・メリットは?】普通預金金利が「0.20%」と定期預金レベルでお得!ゆうちょ銀行ATMなら、週末でも出金手数料が無料に
あおぞら銀行の口座開設はこちら!
【あおぞら銀行 BANKは普通預金金利が0.20%と好金利!】
あおぞら銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆商工組合中央金庫 商工中金ダイレクト
0.02% 0.35%
※1
0.40%
※1
0.205%
【商工中金のおすすめポイント】
2024年6月28日までの期間限定で、定期預金「マイハーベスト(1年・2年・3年)」に預け入れると金利が大幅アップするキャンペーンが実施中!(※1)また、平日8~18時と土曜9~14時の時間帯は、コンビニATMでの出金手数料が何回でも無料
※1 2024年3月29日までの「定期預金キャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
定期預金の金利が高い銀行ランキング[最新版]貯金をするなら、メガバンクの100倍以上も高金利でお得な銀行を選ぶのがおすすめ!
ネット銀行おすすめ人気ランキング!【2024年版】この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
商工中金の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.05% 0.10% 0.20%
【ソニー銀行のおすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆UI銀行
0.10% 0.30% 0.35% 0.20%
【UI銀行のおすすめポイント】
2022年に東京きらぼしフィナンシャルグループが新たに開業した銀行。1年~5年もの定期預金の金利はネット銀行の中でもトップクラスに高いほか、普通預金も口座を保有している人なら誰でも金利0.10%と高金利! また、セブン銀行ATMの出金手数料は最大で月20回まで無料、他行あて振込手数料も最大で月20回まで無料でお得! 
【関連記事】
定期預金の金利が高い銀行ランキング[最新版]貯金をするなら、メガバンクの15倍以上も高金利でお得な銀行を選ぶのがおすすめ!
ネット銀行おすすめ人気ランキング!【2024年版】この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
UI銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
最大0.10%
(※1)
0.45%
(※2)
0.60%
(※2)
0.70%
(※2)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブン(セブン銀行)やミニストップ(イオン銀行)、ファミリーマート(E-net)のATMなら、出金手数料が最低でも月10回まで無料でお得なほか、他行あて振込手数料も最低で月5回まで無料なので、月に何回も振込をする人にもおすすめ!
※1 通常の0.02%分の利息に加えて、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息を受け取れる「普通預金プラス」の場合。※2「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
【関連記事】
SBJ銀行が業界No.1水準の“定期預金金利”や“手数料の安さ”を維持できる理由とは?「外資系の銀行に預金しても大丈夫?」という疑問や不安をSBJ銀行に直撃!
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.15% 0.25% 0.50%
【イオン銀行のおすすめポイント】
「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に! しかも「イオンカードセレクト」で年間50万円以上を利用するなど、一定の条件を達成すると入手できる年会費無料のゴールドカード「イオンゴールドカードセレクト」を保有すれば、無条件で「ゴールドステージ」に到達できる特典が2024年3月にスタート。「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になってお得!
※1 2024年5月9日までの「春の定期預金金利引上げキャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!普通預金金利などがアップしてさらにお得に使える!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
※1
0.02% 0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利が0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
※1「楽天証券」保有者の「マネーブリッジ」適用時。300万円を超えた分の普通預金は金利0.04%の適用。
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天銀行の口座開設はこちら!楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2024年5月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月5回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報