住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]
2017年6月9日公開(2017年6月21日更新)
ザイ・オンライン編集部

【2017年6月最新版】
住宅ローン金利動向を、借り換えのプロが解説!
18銀行の金利を比較して、お得なローンを探そう!

1

 2017年6月の住宅ローンの最新金利動向は、変動金利は一部で金利が下がりましたが、それ以外は、ほぼすべての金利タイプで、わずかながら金利が上昇しました。とはいえ、まだまだ歴史的な低金利時代であることに変わりありません。では、借り換えを中心に各銀行の動きを見ていきましょう。(住宅ローンアドバイザー 淡河範明)

 2017年5月の債券市場は、米国の政局の不透明感や、地政学的なリスクを受け、ほとんど動きがありませんでした。しかしながら、住宅ローン金利はわずかながら金利を引き上げる動きが多くみられました。以下は金利が低い、主要銀行の金利推移です。

(グラフ)主要銀行の住宅ローン金利推移 (借り換え)
■主要銀行の住宅ローン金利推移 (借り換え)
赤字は2016年6月以降における最低金利。変動金利は住信SBIネット銀行「当初引き下げプラン」、5年固定はイオン銀行「住宅ローン金利プラン(定率型)」、10年固定はりそな銀行「WEB申込限定・当初型」、35年固定はみずほ銀行「全期間固定プラン・ネット」
年月 変動金利 5年固定 10年固定 35年固定
2016年7月 0.497% 0.800% 0.400% 1.350%
8月 0.497% 0.800% 0.350% 1.290%
9月 0.497% 0.800% 0.450% 1.350%
10月 0.497% 0.800% 0.450% 1.070%
11月 0.497% 0.800% 0.450% 1.020%
12月 0.497% 0.800% 0.550% 1.110%
2017年1月 0.447% 0.850% 0.500% 1.150%
2月 0.447% 0.850% 0.500% 1.150%
3月 0.447% 0.800% 0.550% 1.110%
4月 0.447% 0.800% 0.550% 1.200%
5月 0.447% 0.800% 0.600% 1.130%
2017年6月 0.444% 0.800% 0.600% 1.150%

 過去1年間の金利動向を見ると、変動金利、5年固定金利は今なお、過去最低の水準を保っています。

 10年固定金利、35年固定金利については、昨年夏の水準には及ばないものの、やはり過去最低水準に近い低金利となっています。

 では、金利タイプ(変動金利、5年固定、10年固定、35年固定)別に、諸費用などを加味した「実質金利」ベースで本当に割安な、住宅ローンの顔ぶれを見ていきましょう。

「変動金利」は楽天銀行が1位キープも
住信SBIネット銀行が金利引下げで猛追!

 「変動金利」は、先月に続き、ほとんどの銀行・金融機関が金利を変更していません。現在、調査対象の17社中2社(ただし実質は1社)が金利を下げ、金利を上げた銀行はありませんでした。以下は、実質金利でみたランキング上位の銀行です。

【2017年6月最新版】競争が激しく、過去最低水準!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(借り換え)

※借入金額3000万円、借入期間35年
順位
(前月)
銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位
(1位)
◆楽天銀行 <変動金利(固定特約付き)変動金利>
0.571% 0.507% 0円 32.4万円
2位
(2位)
◆住信SBIネット銀行 <通期引下げプラン 頭金20%以上 変動金利>
⇒公式サイトはこちら!
0.572%
全疾病保障付き
0.444% 0円 借入額×2.16%
2位
(2位)
◆SBIマネープラザ <MR.住宅ローンREAL 頭金20%以上 変動金利>
⇒公式サイトはこちら!
0.572%
8疾病保障付き
0.444% 0円 借入額×2.16%
4位
(4位)
◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
⇒公式サイトはこちら!
0.626%
がん50%保障付き
0.497% 0円 借入額×2.16%
4位
(4位)
◆au住宅ローン <KDDI 全期間引下げプラン 変動金利>
⇒公式サイトはこちら!
0.626%
がん50%保障付き
0.497% 0円 借入額×2.16%
>>「変動」住宅ローン金利ランキング(借り換え)はこちら!
>>「変動」住宅ローン金利ランキング(新規借入)はこちら!

 金利が下がったのは、住信SBIネット銀行の「ネット専用住宅ローン」と、その商品の販売提携をしているSBIマネープラザ(商品名は、Mr.住宅ローンREAL)だけで、実質1社のみの引下げと言えます。住信SBIネット銀行の「ネット専用住宅ローン」は、商品を改定し、無料で付帯していた8疾病保障について、ケガ・病気を加えた「全疾病保障」へと保障を拡充しました。諸費用込みで見た「実質金利」ベースでは2位ですが、1位の楽天銀行との差はわずかで、借入金額などの条件が変われば、1位と2位が簡単に逆転します。

 なお、変動金利は、日銀のスタンスの変化がない局面では、大きな動きはないと考えられますが、表面金利の最安金利はしばしばトップが変わるような動きとなっています。利用者にとっては非常に目を引くのですが、金利が上昇するリスクがあることを考えると、この引下げの効力は一定期間のみです。

 ■住信SBIネット銀行の住宅ローンの概要
 金利 ⇒「住信SBIネット銀行」詳細ページを見る
 無料団信の保障範囲  死亡・高度障害+全疾病+ガン診断給付金特約(女性限定)
 オプション保険(保険料)  なし
 事務手数料(税込)  借入額×2.16%
 保証料(税込)  0円
【ポイント】 住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行の銀行代理業者として「ネット専用住宅ローン」の契約締結を行っている。ネット銀行の強みを生かし、変動金利や35年固定金利は業界トップクラスの低金利を実現している。加えて、全疾病保障を無料で付帯しているのも魅力的だ。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

(関連記事はこちら!⇒[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]

「5年固定」は楽天銀行が1位をキープ
おしなべて銀行はやる気なし

 「5年固定金利」はあまり変化がなく、調査している銀行18社の内、3社が金利を上げ、金利を下げた銀行はありませんでした。以下は、実質金利でみたランキング上位の銀行です。

【2017年6月最新版】変動か10年固定との金利差が少ない!
◆「5年固定」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年
順位
(前月)
銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位
(1位)
◆楽天銀行 <変動金利(固定特約付き)5年固定>
0.680% 0.902% 0円 32.4万円
2位
(3位)
◆みずほ銀行 <最後まで変わらずおトク!(ネット) 5年固定>
0.751% 0.675% 借入額×2.06% ※1 3.24万円
3位
(2位)
◆イオン銀行 <金利プラン(定率型)5年固定>
⇒公式サイトはこちら!
0.763% 0.800% 0円 借入額×2.16%
※表面金利が1位の住宅ローン(5年固定)

三菱UFJ信託銀行 <当初固定期間引下型 5年固定>
実質金利4位
0.775%
表面金利1位
0.300%
借入額×2.06% ※1 3.24万円
>>「5年固定」住宅ローン金利ランキング(借り換え)はこちら!
>>「5年固定」住宅ローン金利ランキング(新規借入)はこちら!

 先月は、5年国債の金利がほんのわずかに上昇しましたが、5年固定の住宅ローン金利は、ほとんど変わらなかったことになります。

 金利を上げたのは、楽天銀行、ソニー銀行、じぶん銀行になります。楽天銀行はずっと実質金利で1番なので、微妙な変化ですが、ソニー銀行とじぶん銀行は5年固定にはあまり力を入れているようには見えません。

 5年固定は、各銀行の主戦場ではないような印象です。

「10年固定」は、金利引き上げ相次ぐ!
りそな銀行も金利を上げるが、1位を堅持

 「10年固定金利」は、今月も大きな動きがありました。18社中、金利を上げた銀行は9社、金利を下げた銀行はありませんでした。

【2017年6月最新版】銀行が最も重視する主戦場で、思わぬ低金利商品も!
◆「10年固定」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年
順位
(前月)
銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位
(1位)
◆りそな銀行 <WEB限定借換ローン(当初型)10年固定>
0.710% 0.650% 0円 借入額×2.16%+3.24万円
2位
(3位)
◆みずほ銀行 <最後まで変わらずおトク!(ネット) 10年固定>
0.845% 0.825% 借入額×2.06% ※1 3.24万円
3位
(4位)
◆イオン銀行 <当初固定金利プラン 10年固定>
⇒公式サイトはこちら!
0.860% 0.690% 0円 借入額×2.16%
※表面金利が1位の住宅ローン(10年固定)

◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
⇒公式サイトはこちら!
実質金利12位
1.184%
表面金利1位
0.580%
0円 借入額×2.16%
>>「10年固定」住宅ローン金利ランキング(借り換え)はこちら!
>>「10年固定」住宅ローン金利ランキング(新規借入)はこちら!

 金利を上げた銀行は、りそな銀行、楽天銀行、ソニー銀行、カブドットコム証券、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行です。

 りそな銀行は、今月も金利を少し引き上げましたが、不動の1位です。楽天銀行は金利を上げて順位を5位に落としています。その他の銀行も金利を徐々に切り上げて競争から離脱しようとしているのかもしれません。

 10年国債の金利がほとんど動いていないのにもかかわらず、金利を上昇させる銀行が多かったのはなぜでしょうか。

 おそらく10年固定は、住宅ローンの中でも最も競争が激しいため、顧客確保のために金利を安くしなければならないと考えているのでしょう。ただ、10年国債の金利は昨年の最も低かった金利より0.35%上昇しています。10年固定金利も同様に上昇していいはずですが、10年固定で最も低い実質金利は、昨年の8月から約0.27%しか上昇していません。競争上、すぐには金利を上げづらいので、徐々に上げてきているようです。様子を見ながら引き上げているのであれば、今後も10年固定の金利は上がるかもしれません。

「35年固定」は大半の銀行が金利引き上げ
今後も緩やかな上昇傾向が続く公算大

 「35年固定金利」は、半官半民のフラット35は5社が金利を引き上げ、フラット35以外の銀行・金融機関は10社中6社が金利を上げました。

【2017年6月最新版】低金利の今が、長期金利への借り換えチャンス!
◆「35年固定」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入で計算(詳細な条件は表組の下に記載)
順位
(前月)
銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料 (税込)
事務手数料 (税込)
団信保険料
1位
(1位)
◆みずほ銀行 <全期間固定プラン ネット 35年固定>
1.285% 1.150% 借入額×2.06% ※1
3.24万円
0円
2位
(2位)
◆三菱UFJ信託銀行 <全期間固定型 35年固定>
1.416% 1.280% 借入額×2.06% ※1
3.24万円
0円
3位
(4位)
◆住信SBIネット銀行 <当初引下げプラン 35年固定>
⇒公式サイトはこちら!
1.445% 1.310% 0円
借入額×2.16%
0円
※表面金利が1位の住宅ローン(35年固定)

優良住宅ローン <フラット35 20年超>
実質金利5位
1.501%
表面金利1位
1.090%
0円
借入額×0.66%
融資残高×年0.358%
>>「35年固定」住宅ローン金利(借り換え)ランキングはこちら!
>>「35年固定」住宅ローン金利(新規借入)ランキングはこちら!
※実質金利は、借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。固定期間終了後は変動金利を選択(現在の水準が継続と仮定)。実質金利の計算法はこちら諸費用は、事務手数料等、保証料、団体信用生命保険料(フラット35のみ対象。融資残高×0.358%を毎年支払う)とする。主要17金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各金融機関の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の協力で作成。※1 返済期間35年の場合

 10年超の国債は、金利を上げる要因と下げる要因が混在し、方向感のない動きだったのですが、住宅ローンの金利はやや上昇傾向になったと言えます。

 6月に、金利を上げたのはみずほ銀行、三菱UFJ信託銀行、ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、じぶん銀行になります。ほとんどが上記の通りベスト5に入っています。

 今月は金利を引き下げた銀行がないため、印象としては金利の底はもう打ったといってよいのではないでしょうか。ただし、金利がどんどん上がる動きはないと予想されます。

 それは超長期金利に上昇の動きがあると、日本銀行がけん制する動きを見せるからです。従って、10年以上の住宅ローン金利は、少しずつ金利水準が切りあがっていくことになるでしょう。

【2017年の金利動向はこちら!】
⇒2017年の住宅ローン金利動向はどうなる?日銀の長期金利ゼロ%政策で金利は底を打つも、銀行の競争激化しく、当面は底値圏内?

住宅ローンおすすめ比較

【イオン銀行の住宅ローン】
契約後5年間イオンの買い物が5%オフ、定期
預金の金利優遇など特典多数!関連記事はこちら

イオン銀行の住宅ローン公式サイトはこちら!

がんと診断されると住宅ローン残高が半分!
「じぶん銀行」がお得⇒関連記事はこちら

「じぶん銀行」の住宅ローンはこちら

 

Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!