つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

「つみたてNISA」(積立NISA)とは、“長期の積立投資”に特化した「NISA」(少額投資非課税制度)のこと。手元に資金がなくても無理なく始められ、利益が非課税になるお得な制度として関心が高く、「つみたてNISA」の口座開設数は2018年1月の制度開始スタートから1年で100万口座を突破(2018年12月末時点)している。

「つみたてNISA」は、投資で得た利益が非課税という税制メリットがあるだけでなく、投資初心者にも非常に使いやすい仕組みなのが特徴。たとえば、対象商品が絞り込まれていて選びやすい、積立投資に特化していて手間がかからず、買いのタイミングも考えなくていい、など投資初心者にも始めやすくなっている。

 しかし、「つみたてNISA」に関心はあっても、いまだに口座開設に踏み切れないという人、口座は作ったものの、どう運用していいかわからない、という人も多いはず。

 そこで、マネーコンサルタントでファイナンシャルプランナーの頼藤太希さんとザイ・オンライン編集部が、「つみたてNISA」の基礎知識から実践方法、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」との違いなどをわかりやすく解説! 口座を作る金融機関の選び方、運用商品の選び方など、「つみたてNISA」を活用する方法を伝授します!

【つみたてNISA 5つのポイント】

(1)運用利益が非課税!(通常は約20%の税金がかかる)

(2)投資できる上限は年間40万円(1ヵ月あたり約3万3000円)、少額でも投資可能

(3)非課税期間は2018年~2037年の最長20年(NISAは2023年までの最長5年)

(4)運用商品は長期の積立・運用に向くもののみが対象で、投資初心者も選びやすい

(5)自動積立なので買い時を考える必要がなく、手間がかからない

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?はこちら!
「つみたてNISA(積立NISA)」取り扱い証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報こちら!
【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】「取扱商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!
つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!

【2019年9月6日更新】
◆つみたてNISA口座のおすすめネット証券はココ!

売買手数料 購入可能なつみたてNISA対象商品数
投資信託 ETF インデックス型投信 アクティブ型投信 ETF
◆SBI証券
無料 138本 14本
【SBI証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
ネット証券で口座開設数がNo.1の最大手。つみたてNISA対象商品のうち、そのほとんどの投資信託を取り扱っており、投資信託のラインナップは152本と最多(楽天証券と同数。2019年9月6日時点)。100円から投資信託の積み立てが可能で、少額でもつみたてNISAを始められる。「毎月積立」だけでなく、「毎週積立」「毎日積立」も選べ、きめ細かい時間分散投資を行える。スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」は、つみたてNISAに対応しており、投資信託をスマホで管理可能。さらに、オススメのファンドや金額配分まで提案してくれる。
【関連記事】
◆【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が150本と金融機関で最も充実しているのがSBI証券の魅力!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料 138本 14本
【楽天証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
取り扱う投資信託の本数は152本と、つみたてNISAを扱うすべての金融機関の中で最も多い(SBI証券と同数。2019年9月6日時点)。投資信託の最低購入金額が「100円」のため、少額からつみたてNISAを始められる。「毎月積立」だけでなく、「毎日積立」も可能だ。また、積立代金の引き落としは、証券口座や「楽天銀行」、その他金融機関に加え、「楽天カード」も選択できて便利。積立代金を「楽天スーパーポイント」で支払うこともできる。さらに、「楽天カード」のクレジット決済にすれば、毎月の積立額に応じて「楽天スーパーポイント」が付与される
【関連記事】
◆【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が150本と豊富! 積立額に応じポイント還元&ポイントで投資も可能!
◆楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生
楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 133本 13本
【松井証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
株主優待名人の桐谷さんもおすすめするネット証券の1つ。つみたてNISA対象の投資信託は146本と豊富なラインナップ。ロボアドバイザーが投資信託のポートフォリオの提案から運用をサポートする「投信工房」(利用無料)をはじめ、情報ツールが豊富でサポート体制も充実100円から投資信託を購入することができるため、投資初心者も始めやすい。
【関連記事】
◆【松井証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託を146本も用意! ロボアドバイザーが投資初心者の資産設計をサポート
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
松井証券の公式サイトはこちら
売買手数料 購入可能なつみたてNISA対象商品数
投資信託 ETF インデックス型投信 アクティブ型投信 ETF
◆マネックス証券
無料 134本 13本

マネックス証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISA対象の投資信託のラインナップは147本と豊富。最低購入金額が原則100円で、少額からつみたてNISAを始めることができる。また、マネックス証券独自の資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>が、おすすめの投資信託を紹介してくれる。「つみたてNISA」と「iDeCo」、どちらの制度が各個人の投資目的に適しているか、アドバイスが受けられる「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」が便利。総合口座での取引でも、約定金額の低い価格帯で特に手数料が安いため、将来少額からでも株式投資を始めたい初心者にもおすすめ。

【関連記事】
◆【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が147本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える!
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料 136本 13本
カブドットコム証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISA対象の投資信託は149本と充実のラインナップ。積み立ては100円から可能で、投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすい。NISA口座(つみたてNISAを含む)の開設者は通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になるのもメリットだ。投資初心者にも、すでに投資を行っている中上級者にもおすすめできる
【関連記事】
◆【カブドットコム証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】「つみたてNISA」対象の投資信託は149本と豊富で、現物株の取引手数料が最大5%割引になる特典もあり!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実!
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
無料 1.242%以下 11本 1本 3本
大和証券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
投資信託は信託報酬の低いインデックス型投信を中心に絞り込んだ計12本。低コストのバランス型投信もしっかりラインナップされているので、投資初心者でも始めやすい。アクティブ型は「年金積立 Jグロース」1本。また、つみたてNISAでETFを取り扱う唯一の金融機関(2019年4月5日時点)となっている。積立頻度を毎月、隔月、3カ月ごと、4カ月ごと、6カ月ごとから選択可能。
大和証券の詳細はこちら
◆野村證券
無料 4本 2本
野村證券のつみたてNISA口座のおすすめポイント】
つみたてNISAで取り扱う投資信託は厳選された6本だけで、投資初心者でも迷わず選べる。インデックス型は日本株1本、外国株(日本を除く全世界)1本、バランス型2本の計4本で、いずれも信託報酬は最安の水準の投信が用意されている。アクティブ型は好成績で人気の「ひふみプラス」と、ユニークな運用哲学の「コモンズ30ファンド」をラインナップ。
野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

 

【こちらも必読!】
長期の積立投資でコツコツ資産形成しよう!
「つみたてNISA」の始め方&使いこなし術 

 ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんとザイ・オンライン編集部が、投資初心者のために、「つみたてNISA」の基本から使いこなし術までわかりやすく解説。「つみたてNISA」の仕組みと始め方、金融機関や投資商品の選び方、「一般NISA」&「iDeCo」との違いや使い分ける方法、さらには年齢層別や職業別の活用術などまで、丁寧にレクチャーします!(2017年10月~2018年11月掲載

【第1回】
「つみたてNISA」が投資初心者に向いている理由とは? 制度の基本、従来の「NISA」や「iDeCo」との違いをわかりやすく解説!

【第2回】
「つみたてNISA」のメリットとデメリットとは? 投資初心者も始めやすい一方で、デメリットにも注意!

【第3回】
「つみたてNISA」に向いている人、向いていない人を解説! 「つみたてNISA」を絶対に使ってはいけない人とは?

【第4回】
「つみたてNISA」と「NISA」のどちらを選ぶべき? 従来の「NISA」からの移行の方法やタイミングを解説!

【第5回】
「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは?

【第6回】
「つみたてNISA」口座開設の手順を解説! 投資未経験者が戸惑いがちなポイントもやさしく説明!

【第7回】
「つみたてNISA」で老後資金を賢く作る方法とは? 「iDeCo」との使い分けや運用商品の選び方、自営業・会社員それぞれにおすすめの活用法を紹介!

【第8回】
「つみたてNISA」の意外な注意点とは? 「NISA」からの切り替え時や、運用中に押さえるべきポイントを解説!

【第9回】
投資初心者は何を買うべき? 「つみたてNISA」の対象商品の特徴と“積立&長期投資向き”な理由を解説!

【第10回】
つみたてNISAで主力となる「インデックス型投信」とは? コストや投資先など選ぶポイントと、おすすめ商品を紹介!

【第11回】
「バランス型投信」「アクティブ型投信」の選び方とおすすめ商品を紹介! バランス型は「4指数」で十分、アクティブ型はあえて買う必要なし!

【第12回】
「つみたてNISA」vs「iDeCo」の最終結論とは? 節税効果だけでなく“いざというときの現金化のしやすさ”にも注意しよう!

【第13回】
「つみたてNISA」でのリスク管理方法をやさしく解説! ポートフォリオ(商品や資産の配分)はどうすればいい?

【第14回】
「つみたてNISA」で「ETF」を買うメリットは? 金融機関による取扱商品の違いと選び方もくわしく解説!

【第15回】
「つみたてNISA」で月末・月初に積み立てると不利になる!? 「積立日」や「毎月」「毎週」「毎日」など頻度の決め方を解説!

【第16回】
「つみたてNISA」では「海外株」をメインに積み立てるべき! 低成長の日本株より、海外株の投信で資産の大きな成長を狙え

【第17回】
投資初心者は「バランス型投資信託」を1本だけ選べばOK! バランス型投信の選び方と注意点をわかりやすく解説

【第18回】
「つみたてNISA」による資産の増え方をシミュレーションした! 毎月1万円でも投資先の違いで利益は100万円超、節税額は40万円超の差に!

【第19回】
「つみたてNISA」は50代半ばからの老後資金作りに最適! 「iDeCo」との比較や商品の選び方などの活用術を解説

【第20回】
年金が手薄な自営業者と、専業主婦の「つみたてNISA」活用法を解説! 「iDeCo」や「国民年金基金」とどちらを優先すべき?

【第21回】
「つみたてNISA」で準備していいのは「教育資金」、ダメなのは「住宅資金」! 30代・40代の「つみたてNISA」法を解説!

【第22回】
「つみたてNISA」は若年層&投資初心者にピッタリの制度! 少額から投資可能で手間もかからず、いつでも引き出せる!

【第23回】
「つみたてNISA」の“売り時”や上手な売却方法を解説! 非課税期間終了までに売らないと税金はどうなる?

【第24回】
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

【第25回】
「つみたてNISA」で投資デビューした人が抱きがちな疑問に回答!「運用商品や金融機関を変更したい!」「積立投資を中止したい!」などの悩みを一挙解決!

【第26回】
「つみたてNISA」を活用できるかどうかで、将来の「資産格差」が広がる! 物価上昇に対する自衛策として「つみたてNISA」で資産拡大を目指せ!

 

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]の記事一覧

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン わずか10円以下から株が買えるうえ、Tポイントも使える「新世代ネット証券」が登場! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報