ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
だれが「スポーツ」を殺すのか ~暴走するスポーツバブルの裏側~

「世界一決定戦」の名を借りた“大リーグの市場拡大” MLBを利するだけのWBCは止めたほうがいい

――「“真の勝者”はMLB」という現実

谷口源太郎 [スポーツジャーナリスト]
【第18回】 2009年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、3月24日(日本時間)の優勝決定戦で日本が韓国を破って優勝し、幕を降ろした。

 大会期間中、NHKから民放にいたるまで、明けても暮れてもWBCの「侍ジャパン」を盛り上げる報道に狂奔した。その異常さに、いい加減うんざりしていたので終幕してほっとしている。その一方で、異常な扇動報道によって、視聴率もまた異常な高さを記録し、テレビの影響力の恐ろしさを改めて思い知らされた。

「世界一決定戦」という欺瞞

 「侍ジャパン」の情報を垂れ流し続けることで、WBCの本質的な問題などについて視聴者の思考を停止させる、脳科学でいう「心脳コントロール」にテレビは成功した、ともいえる。たとえば、WBCが「世界一決定戦」だと思い込まされたのではないだろうか。すこしでも疑問を抱かせる情報があれば、それが欺瞞であることに気づいたはずなのだが。

 主催がWBC株式会社(MLB・大リーグ機構と大リーグ選手会の共同出資)であること、世界から16チームしか出場していないこと、MLB単独で決めたルールや組み合わせが変則的であること、アメリカチームは有力選手を欠いていること、これらの点からみても「世界一決定戦」とはほど遠い。

 それにもかかわらずテレビは、視聴者が「なぜ?」「どうして?」という問いを発しないように、そうした情報を一切流さなかった。それこそ、テレビの心脳コントロールによる大衆操作の典型的な手法である。

 それゆえに、日本代表チームの健闘ぶりには敬意を表するにしても、テレビに操られて大会の本質について無知なまま欺瞞を受け入れ、「2大会連続世界一!」と大騒ぎするのは愚かだというしかない。

多額の日本マネーが
MLBの懐に・・・

 大会を通して白けてしまったことがいくつかあった。1つは、変則的な組み合わせの結果、優勝を決めるまでに日本対韓国戦が5試合にもなったことだ。また、先にも記したように、地元アメリカ代表チームが有力選手をそろえられず、不甲斐なかったのもその1つだ。

 アメリカ代表チームの編成がなぜそうなってしまったのだろうか。

 大会を創設したとはいえMLBに代表選手を決める権限はなく、各球団や選手の意向が最優先されたのだ。新聞報道によると、アメリカではWBCをオープン戦の1つと捉えている人がかなり多く、関心も低かった、という。それゆえ、アメリカ代表チームが不甲斐ない試合をしても大騒ぎすることもなかったのだろう。

 もともと、WBCを創設したMLBの狙いは、“大リーグの市場を世界的に拡大すること”にあり、アメリカ代表チームの勝敗を度外視していた。

 また、3月7日付朝日新聞の報道によると、大会による収入のすべてがWBC株式会社に入り、そこから各国に配分される仕組みになっており、第1回の例だとアメリカへの配分は、断然多く66%(MLB、選手会各33%)、NPB(日本プロ野球機構)には約13%だった。そして記者は、こう記す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

谷口源太郎 [スポーツジャーナリスト]

1938年鳥取市生まれ。講談社、文芸春秋の週刊誌記者を経て、フリーランスのスポーツジャーナリスト。スポーツを社会的視点からとらえた批評をてがける。市民の立場からメディアを研究する「メディア総合研究所」会員。フェリス女学院大学非常勤講師。著書「スポーツを殺すもの」(花伝社)、「巨人帝国崩壊」(花伝社)、「日の丸とオリンピック」(文芸春秋)など。


だれが「スポーツ」を殺すのか ~暴走するスポーツバブルの裏側~

底の浅いスポーツ報道に高騰する放映権料、エージェントの暗躍やスポンサーと協会の利害関係、そしてスポーツを利用する政治家まで。スポーツは純粋な「競技」から、完全に「ビジネス」と化した。スポーツを殺したのは一体誰なのか。暴走するスポーツバブルの裏側を検証する。

「だれが「スポーツ」を殺すのか ~暴走するスポーツバブルの裏側~」

⇒バックナンバー一覧