ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

ミセス・ワタナベの今後と為替レート

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第69回】 2009年2月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 毎週月曜日の「日本経済新聞」の「景気指標」欄は、切り取って常に手元に置いておくと、内外の主なマクロ指標を確認できてビジネスマンには便利だ。この一覧表と一緒に載っているコラムが時々おもしろいのだが、1月26日の「消えたミセス・ワタナベ」が特におもしろかった。

 「ミセス・ワタナベ」とは主婦層をイメージした日本のFX(外国為替証拠金取引)に参加する個人を指す言葉だが、コラムは、昨年11月に急減しているようだと指摘し、さらに12月に全国のパチンコ台の数が増えていることを紹介して、「ワタナベさんは、パチンコ店に移動した」のではないかと推測している(「特定できない」と断っているが)。

 そして、ミセス・ワタナベがFX市場に帰って来ないと、円高は止まらない、という大手邦銀の為替担当者の言葉を紹介し、彼ら(彼女ら?)の動きが輸出企業の浮沈の鍵を握るかもしれないと結ばれている。

 個人のFXトレーダーとパチンコ店の客は確かによく似ている。

 パチンコは、客同士がパチンコ店を通じて、手数料のかかるゼロサム・ゲームを戦う構図だが、外国為替市場も基本的な構造はゼロサム・ゲームだ。

 また、コラムの論旨は、ミセス・ワタナベが外貨のロング(買い持ち)ポジションを持つことを当然視している。事実、個人の取引では圧倒的に外貨のロングが多い。これまで外貨のほうが高金利だったのでロングポジションを持つとスワップポイントがもらえたし、「空売り」に抵抗を感じる人が多いこと、などが理由だろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧