ふるさと納税おすすめ特産品情報
2016年10月12日公開(2016年10月26日更新)
バックナンバー

「ふるさと納税おすすめ特産品情報」

著者・コラム紹介

ふるさと納税おすすめ特産品情報

ザイ・オンライン編集部

2016年度版【ふるさと納税ランキング~ビール編~】
「ふるさと納税」でビールがもらえる自治体を比較!
コストパフォーマンスが最強の自治体はココだ!

1

「ふるさと納税」を活用すれば、ビールが大量にもらえる!
実質負担額2000円で、ビールをお得にゲットしよう!

 ビールを飲むことで、仕事などのストレスを癒やしているサラリーマンは多いだろう。しかし、ビールを飲みたいのに、お財布事情を考えて、ビールよりも安価な「発泡酒」や「第3のビール」で我慢している人もいるはず……。そんな、好きなだけビールを飲みたい人に朗報! 「ふるさと納税」を活用すれば、大量のビールをお得にもらうことが可能なのだ!

 ビールは「ふるさと納税」の返礼品としても大人気で、今年は昨年に比べて、ビールを特典として用意する自治体が激増し、その数は100を超えた! どうせ寄付するなら、できるだけ大量にビールがもらえる自治体を選びたいところ。そこで今年もザイ・オンライン編集部が、「ふるさと納税」の寄付額に対してもらえるビールの量を調査し、コストパフォーマンスが高い自治体をまとめた「ふるさと納税ランキング~ビール編~」を作成したぞ!

 さて、本題のランキング発表に移る前に、改めて「ふるさと納税」の仕組みについて解説しよう。

 「ふるさと納税」とは、「納税」と銘打っているが、要するに各自治体への寄付金制度のことだ。寄付した翌年に、寄附金控除の適用下限額である2000円を超える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象となる。例えば、控除の対象となる寄付金上限額が5万円の人の場合、適用下限額である2000円を引いた額、すなわち4万8000円が控除対象額となるのだ。

 また、制度改正により、2015年からは控除額が約2倍にUP! つまり、2014年以前の控除額が3万円だった人は、今は6万円ほどになっている。さらに、制度改正前は、サラリーマンであっても、寄附金控除を受けるために確定申告をする必要があったが、現在は、寄付先が年間5自治体までであれば確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」も創設されている。

 要するに、控除対象額以内におさえれば実質負担額は2000円のままで、よりお得に、よりお手軽になったのだ。ただし、2016年から、「ワンストップ特例制度」を利用するためには、マイナンバーの記入と本人確認の書類が必要になったので注意しよう。
※2000円以外が戻ってくる上限額の詳細は下記の記事を参照!
⇒4月1日からふるさと納税のお礼品を申し込もう! 寄附できる限度額やワンストップ特例の解説、都城市など5つの人気自治体とお礼の品も紹介!

 さて、いよいよここからは、「ふるさと納税ランキング~ビール編~」を発表! なんと今回、トップ5にランクインした自治体は、いずれも寄附金額1万円あたり6000ml以上のビールがもらえるという大盤振る舞い! 昨年の1位に輝いた自治体は、1万円の寄付で5550mlだったので、今年は、さらにコストパフォーマンスが高くなっていることがわかるだろう。今年も、「ふるさと納税ランキング~ビール編~」を参考に、ビールをお得に手に入れよう!

【第1位】3万6000円の寄付でビール2万5200ml!
第1位に輝いたのは、日本のビールのパイオニアでもある
「アサヒスーパードライ」がもらえる「茨城県守谷市」!

「アサヒスーパードライ」がもらえる「茨城県守谷市」

 激戦の「ふるさと納税ランキング~ビール編~」を制したのは、「茨城県守谷市」だ!

 「守谷市」に3万6000円の寄付をすると、「アサヒスーパードライ350ml缶」を72本(=合計2万5200ml)もらえる。つまり、寄附金額1万円あたり7000mlのビールがもらえる計算だ。

 「守谷市」は、「つくばエクスプレス」で東京から茨城方面へ向かう際に、茨城県の玄関として最初に停まる「守谷駅」がある場所。「守谷市」は、もともと農村だったが、昭和に入ってから開発が進み、1991年には「アサヒビール茨城工場」が操業を開始した。そのため、「守谷市」の特典に、「アサヒスーパードライ」が用意されているのだ。

 この「アサヒスーパードライ」は、1987年に発売され、日本のビール市場に大きな変革をもたらした商品だ。かつて、日本では「苦くて重いビール」が主流だったのだが、「アサヒスーパードライ」の登場により、「辛くて軽いビール」、いわゆる「ドライビール」が大流行。その流れに追随し、他社も「ドライビール」の製造を始め、今日のビール市場ができあがった。つまり、「アサヒスーパードライ」は、日本のビールのパイオニアとも言える存在なのだ。

 「守谷市」に寄付をすれば、そんな歴史のある「アサヒスーパードライ」を大量にもらえる。ビールは「アサヒスーパードライ」に限る、という人は、ぜひ「守谷市」に寄付しよう!

 また、当記事の最後には、「守谷市」のふるさと納税担当者インタビューを掲載している。「守谷市」が用意しているビール以外のお得な特典も紹介しているので、気になる人は、最後までチェックしてほしい!

【第2位】1万円の寄付でビール6300ml!
北海道限定ビール「サッポロクラシック」に加えて、
焼酎「豆ほろり720ml」がもらえる「北海道上士幌町」!

「サッポロクラシック」に加えて、 焼酎「豆ほろり720ml」がもらえる「北海道上士幌町」

 続いて紹介するのは、「北海道上士幌町(かみしほろちょう)」だ。「上士幌町」に1万円の寄付をすると「バルーンフェスティバル応援セット」として、北海道限定ビール「サッポロクラシック350ml缶」を18本(=合計6300ml)と同町で栽培された秋田大豆を使用した豆焼酎「豆ほろり720ml」がもらえる。

 惜しくも、350ml缶2本分の差で第2位となってしまったが、豆焼酎「豆ほろり720ml」がセットで付いてくることを考慮すると、コストパフォーマンスの高さでは、第1位の「守谷市」にも負けていないはずだ。

 ちなみに、「バルーンフェスティバル」とは、「上士幌町」で毎年8月上旬に開催されるイベントのこと。たくさんのカラフルな熱気球が空に浮かんだ様はまさに絶景で、このイベントのために、全国から多くの人が集まるのだそうだ。

 「上士幌町」は、北海道十勝地方の北部に位置し、町内の約76%が森林という豊かな自然が広がる町だが、「ふるさと納税」に関心のある人ならば、一度はその名を耳にしたことがあるだろう。

 と言うのも、「上士幌町」は、「ふるさと納税」の取り組みに力を入れており、人口約5000人の小さな町にも関わらず、昨年は、15億円の寄付金を集めるという快挙を成し遂げた。当サイトの「ふるさと納税ランキング~牛肉編~」でも、第10位に食い込むなど、コストパフォーマンスの高い特典を数多く取り揃えている。
(関連記事⇒【2016年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~牛肉編~特産品でもらえる「牛肉」で得する自治体は?

 北海道限定ビールの「サッポロクラシック」を飲みたい人はもちろん、その他の特典にも興味がある人も、「上士幌町」のWebサイトをチェックしてみよう!

【第3位】4万円の寄付でビール2万5200ml!
四国唯一の大規模ビール工場で作られた
「アサヒスーパードライ」がもらえる「愛媛県西条市」!

「アサヒスーパードライ」がもらえる「愛媛県西条市」

 昨年の「ふるさと納税ランキング~ビール編~」では、第10位にランクインした「愛媛県西条市」だが、今年は順位を7つ上げる大躍進で、第3位に輝いた!

 「西条市」は、標高1982mで西日本最高峰の山である「石鎚山(いしづちさん)」の麓にある町。また、名水百選に選ばれている地下水「うちぬき」が有名で、工業都市としても栄えており、工業出荷額は四国内でトップクラス! そんな「西条市」に4万円の寄付をすると、「アサヒスーパードライ350ml缶」を72本(=合計2万5200ml)もらえる。つまり、寄附金額1万円あたり6300mlのビールがもらえる計算だ。

 「西条市」には、アサヒビールの四国工場があり、工場見学をすると、できたてのビールを無料で試飲することができる。ビール好きならば、一度は訪れたい場所だろう。

 また、「西条市」は、この他にも、1万円の寄付で「アサヒスーパードライ鮮度缶350ml」を8本(=合計2800ml)もらえる特典も用意している。同特典は、鮮度にこだわった商品で、ビールを製造した日に発送するそうなので、とにかく新鮮な「スーパードライ」が味わいたい人は、「鮮度缶セット」を選んでもいいかもしれないぞ!

【同率4位】2万円の寄附でビール12000ml!
水揚高日本2位の港町の魅力は魚介だけにあらず!
「プレミアムヱビスビール」がもらえる「静岡県焼津市」!

「プレミアムヱビスビール」がもらえる「静岡県焼津市」

 同率4位は全部で3自治体。その中から、編集部おすすめの自治体を2つご紹介しよう。

 まず紹介するのは、「静岡県焼津市」だ。

 「焼津市」と言えば、カニやマグロなどで有名な、水揚高日本2位の港町。また、あまり知られていないが、「焼津市」には、酒類技術研究所やサッポロ技術アカデミーなどの研究開発機関が併設されている「サッポロビール静岡工場」もある。つまり、「焼津市」は、「サッポロビールの頭脳」とも言える場所なのだ。

 そんな「焼津市」に2万円の寄付をすると、「サッポロビール静岡(焼津)工場生産・プレミアムヱビスビール500ml」を24本(=合計1万2000ml)もらえる。つまり、寄附金額1万円あたり6000mlのビールがもらえる計算だ。

 サッポロビールの「プレミアムヱビスビール」は、メーカーが製法や原料にこだわって作った高級感のあるビール、いわゆる「プレミアムビール」の先駆け的存在。日本では、ドライビールが主流ではあるが、特別な日の贅沢として、まろやかで深いコクが味わえる「プレミアムビール」も人気。「焼津市」に寄付をすれば、その贅沢なビールをたっぷり味わうことが可能だ!

 この他にも、「焼津市」には、1万円の寄付で「麦とホップ」や「極ZERO」などの発泡酒を8400mlもらえる特典がある。とにかく量を優先したい人は、こちらを選んでもいいだろう。

【同率4位】1万4000円の寄付でビール8400ml!
「福岡の湘南」とも呼ばれる町で育てた大麦を使用した
「キリン一番搾り 福岡づくり」がもらえる「福岡県糸島市」!

「キリン一番搾り 福岡づくり」がもらえる「福岡県糸島市」

 最後に紹介するのは、「福岡県糸島市」だ。

 「糸島市」に1万4000円の寄付をすると、「一番搾り 福岡づくり 福岡工場限定醸造350ml」を24本(=合計8400ml)もらえる。つまり、寄附金額1万円あたり6000mlのビールがもらえる計算だ。

 あまり聞きなれない地名かもしれないが、「糸島市」は、タウン情報誌「福岡ウォーカー2013年3月号」の「みんなの住みたい街ランキングin福岡」特集で、天神や薬院など、県内の有名地を抑えて、堂々の第1位に輝いた町。

 「糸島市」は、「福岡の湘南」とも呼ばれている町で、サンセットロードと呼ばれる海岸線には、おしゃれなカフェやレストランが立ち並び、山のほうには、「白糸の滝」という名瀑がある。自然に囲まれながらもおしゃれ……そんな魅力が「糸島市」にはあるのだ。

 「一番搾り 福岡づくり 福岡工場限定醸造」は、「地元の誇りをおいしさに変えて」をスローガンに、「糸島市」で栽培されたビール大麦を使用して、キリンビール福岡工場で醸造している。まさに「地元の味」のビールだ。

 また、「糸島市」は、ビール以外にも肉・果物・魚介など、さまざまな特典を用意している。ビールのおつまみも一緒に選んで、「糸島づくし」を味わってみるのもおすすめだ。

 さて、今回紹介した自治体のランキングをまとめると、以下の通りだ。

「ふるさと納税」受付終了の自治体ですマークのものは、自治体がその特産品に関する「ふるさと納税」の受け付けを終了、もしくは一時的に中断しています。

 ◆2016年度
  「ふるさと納税」で「ビール」がもらえる自治体のお得度ランキング!

(※2016年10月11日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 備考
寄付金の使い道
1位  茨城県守谷市
・3万6000円⇒アサヒスーパードライ 合計2万5200ml
    (「アサヒスーパードライ」350ml×72本)
・3万6000円⇒人気ビール期間限定!3ケースセット 合計2万5200ml
    (「アサヒスーパードライ 鮮度缶」「アサヒスーパードライ」
     「アサヒドライプレミアム豊醸」350ml×各24本)
・3万6000円⇒スーパードライ鮮度パックセット 合計2万5200ml
    (「アサヒスーパードライ 鮮度缶」350ml×24本、
     「アサヒスーパードライ」350ml×48本)
・2万6000円⇒アサヒ人気ビール飲み比べセット 合計1万6800ml
    (「アサヒスーパードライ」「アサヒドライプレミアム豊醸」
     350ml×各24本)
・1万4000円⇒アサヒスーパードライ鮮度パック 合計8400ml
    (「アサヒスーパードライ 鮮度缶」350ml×24本)
 ほか、1万円で「ステーキとウインナー3点セット(ジャーマングリルステーキ120g、ゲルダーレンダー40g×3本、ドイツウインナー25g×4本)」などがある
【寄付金の使い道】福祉施策の充実(地域福祉基金)/教育、文化活動及びスポーツ振興(教育文化振興基金)/自然環境の保全及び緑化の推進(緑化基金)/市民公益活動の促進(守谷市協働のまちづくり基金)
2
 北海道上士幌町
・1万円⇒バルーンフェスティバル応援セット
     ビール6300ml、合計7020ml
    (「サッポロクラシック」350ml×18本、
     焼酎「豆ほろり」720ml)
・1万円⇒バルーンフェスティバル応援セット 合計4200ml+α
    (「サッポロクラシック」350ml×12本、
     十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ95g×2缶)
ほか、1万円で「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ(十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ95g×6缶)」などがある
【寄付金の使い道】上士幌町ふるさと納税・子育て少子化対策夢基金/子育て(夢基金事業)/教育(夢基金事業)/観光/農林業/医療・介護・福祉/第三音更川橋梁補修事業
3
 愛媛県西条市
・4万円⇒アサヒスーパードライ 合計2万5200ml
   (「アサヒスーパードライ」350ml×72本)
・3万円⇒アサヒスーパードライ 合計1万6800ml
   (「アサヒスーパードライ」350ml×48本)
・5万円⇒スーパードライ鮮度缶 合計2万5200ml
   (「アサヒスーパードライ 鮮度缶」350ml×72本)
・2万円⇒スーパードライ鮮度缶 合計8400ml
   (「アサヒスーパードライ 鮮度缶」350ml×24本)

 ほか、1万円で「クリアアサヒ1ケース(クリアアサヒ350ml×24本)」などがある
【寄付金の使い道】ふるさとの父、母サポート事業/ふるさとのこどもサポート事業/桜あふれる津山城整備事業/誇りある津山洋学発信事業など
4
 静岡県焼津市
・2万円⇒プレミアムヱビスビール 合計1万2000ml
    (「プレミアム
ヱビスビール」500ml×24本)
・2万円⇒サッポロ生ビール黒ラベル 合計1万2000ml
    (「サッポロ黒ビール」500ml×24本)
・2万円⇒新・琥珀エビス 合計1万2000ml
    (「新・琥珀ヱビス」500ml×24本)
・1万円⇒プレミアムヱビスビールセット 合計5100ml
    (「ヱビスプレミアムビール」500ml×6本、350ml×6本)

 ほか、1万円で「静岡県漁連 一本釣りかつお炭火焼(焼津産)セット(かつお炭火焼8個2.4kg、かつおたたきたれ10ml×10袋)」などがある静岡県焼津市の「ふるさと納税」の詳細はコチラ!
【寄付金の使い道】焼津市の事業全般に活用/子育て支援事業、子どもの学習環境整備等に活用/観光、交流事業に活用/健康増進支援、先端医療機器整備等に活用
4
 福岡県糸島市
・1万4000円⇒一番搾り 福岡づくり 福岡工場限定醸造 合計8400ml
     (「キリン一番搾り 福岡づくり」350ml×24本)
・2万8000円⇒一番搾り 福岡づくり 福岡工場限定醸造 合計1万6800ml
     (「キリン一番搾り 福岡づくり」350ml×48本)
・2万円⇒いとしまBEER★10本セット 合計3300ml
     (「いとしまBEER」330ml×10本)
・1万4000円⇒いとしまBEER★6本セット 合計1960ml
     (「いとしまBEER」330ml×6本)

 ほか、1万2千円で「一貴山豚アイスバインセット(一貴山豚アイスバイン、スモークソーセージ3本入×2個、ブラックペッパーソーセージ5本入、マスタード)」などがある
【寄付金の使い道】自然環境の保全/市民活動の推進/都市基盤整備又は産業の振興/子育て環境又は子どもの教育の充実/市民の健康づくり又は福祉の向上/文化財保護又は伝統文化の継承/九州大学との連携によるまちづくり事業/その他市長が特に必要と認めた事業(筑肥線新駅設置事業)
※以降のランキングはコチラ⇒お得な「ふるさと納税」ランキング~ビール編~特産品でもらえる「ビール」で得する自治体は?

ふるなび「ふるさと納税」はこちら! 

 なお、この他にも、コストパフォーマンスが優れた自治体はもちろん、その土地でしか醸造していない「地ビール」を特典として用意している自治体も多数ある。気になる人は、第30位までのランキングをまとめた「お得な『ふるさと納税』ランキング~ビール編~」も、ぜひチェックしていただきたい!

 ちなみに、「ふるさと納税」を実施している自治体は1500以上にのぼるため、今回の調査でもすべての自治体を調べきるのは難しく、あくまで「ザイ・オンライン編集部調べ」となっている。

 もし、この記事を見て「ウチの特典の方がすごいぞ!」という自治体関係者の方や、「こっちのほうがお得だよ」という情報を持ちの方は、ぜひ下記メールアドレスまで情報をお寄せください。確認の上、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!(zol-furusato@diamond.co.jp)

2016年度ビールランキングで1位を獲得した
「茨城県守谷市」の「ふるさと納税」担当者にインタビュー!

 2016年の「ふるさと納税ランキング~ビール編~」で、見事激戦を制した「茨城県守谷市」。ザイ・オンライン編集部では、同市の「ふるさと納税」担当の財政課・石塚成美さんにインタビューを行なったぞ!

 「守谷市」が「ふるさと納税」に取り組まれたのは、いつ頃からでしょうか?

 「当市が『ふるさと納税』の特典を用意し始めたのは、今年の6月1日からです。市外に向けて当市の魅力をアピールし、特典を通じて『守谷市』という名前を知っていただけたらと思い、始めました。また、『守谷市』で作られた商品を市外の人たちに発信することで、地域の活性化につなげたいという思いもありました」

 今年の6月に取り組みを始めたばかりにも関わらず、「ふるさと納税ランキング~ビール編~」で1位に輝くとは!「ふるさと納税」を開始して、何か反響はありましたか?

 「非常にありがたいことに、常陸牛やビールを中心に、たくさんの注文をいただいています。事業者のみなさんからは『かなり忙しくなった』との嬉しい悲鳴があがっています。当初の予定では『1年で5000万円ほど集まればいいかな』と思っていたんですが、6月末時点で5000万円を超える目処が立ったので、その4倍の2億円に予算を修正しました。9月26日時点では、約9380万円の寄付、約2800件の申込みをいただいております」

 4カ月弱で、約1億円もの寄付金が集まるとは、魅力的な特典のおかげですね!

 「ここまで反響をいただけたのは、私たちの努力というよりは、事業者の方が頑張ってくれたおかげだと思っています。私たちは『ふるさと納税』の告知をして、事業者の方に向けた説明会を行なっただけ。こんなに豊富な特典を用意できたのは、事業者の方が、どんな品を出せるか、どんな組み合わせができるか、試行錯誤してくださったおかげです。例えば、『アサヒスーパードライ』の特典は、地元の酒屋さんやアサヒビールの方などが話し合いをして、これだけ大盤振る舞いできるようになったんです」

 自治体、事業者、メーカーの連係プレーというわけですね! では最後に、今後の目標があれば教えて下さい!

 「『ふるさと納税』は、地元の特産品を市外の人に知ってもらう良いきっかけになるので、まずは参加事業者を増やして、特典をさらに拡充していきたいと考えています。また、ネットを通じて、多くの人に特産品を届けられることがとわかったので、たとえ今後、『ふるさと納税』が下火になってしまったとしても、この経験は、ネット販売のノウハウとして役立てることができると思います。そうすれば、『ふるさと納税』に頼らずとも、『守谷市』を盛り上げることは可能なはず。欲を言うなら、『ふるさと納税』によって、当市に興味を持っていただき、実際に足を運んでいただいたり、住むことを検討したりしてもらえればいいな、と考えております。」

 自治体からすれば、町に興味を持ってもらえるきっかけになり、納税者からすれば、お得に全国の特産品を味わえるのが「ふるさと納税」の良いところだ。

 幸いにも、お米や牛肉などの他の特典に比べて、ビールは品切れになる可能性が低いため、まだまだ悩む時間はある。今回のランキングを参考にしつつ、どのくらいの量のビールをもらえるか、寄付金はどのように使われるかなどを考慮して、どこの自治体に寄付するか、じっくり吟味してほしい。

(取材・文/日下部貴士[A4studio])

▼「ふるさと納税」するなら、還元率1%以上の高還元クレジットカードがお得!▼
クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2016年11月時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは還元率3.0%から最大7.0%に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上に! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!の公式サイトはこちら
 ビックカメラSuicaカード
1.0~1.5% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
JCB
Suica
ICOCA
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら!
【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ! 初年度年会費無料、年に1回でもカード決済をすれば次年度以降も無料で、「モバイルSuica」の年会費(1000円)も無料になる。通常還元率1.0%で、「Suica」「モバイルSuica」チャージは還元率1.5%に。
(※ 2年目以降477円。ただし、年一回でも利用すれば次年度以降も無料)
【関連記事】
◆Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!
還ビックカメラSuicaカードの公式サイトの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの詳細はこちら
【dカードのおすすめポイント】
2015年11月20日募集開始の「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得なクレジットカード! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンやマクドナルド利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
(なお、ETCカードの年会費は初年度無料、2年目以降500円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)

関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
dカードの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA
Suica
楽天Edy
エポスカードの詳細はこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!