クレジットカード比較
2016年4月7日公開(2016年5月11日更新)
<Sponsored Content>

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」なら
ANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!
じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!

 今回は、クレジットカードでマイルを貯める初心者が陥りやすい「マイルの有効期限」問題を解決する強い味方「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」について解説していこう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

マイル初心者が陥りやすい「短い有効期限」と
「大きい最低交換単位」のワナとは?

 クレジットカードでマイルを貯める初心者が陥りやすい問題が、貯めたマイルの「有効期限」だ。

 一般的なクレジットカードのポイントは、最低交換単位が低く設定されていたり、最初から有効期限が「無期限」になっていたりと、ポイントを利用するハードルがかなり低い。

 例えば、年会費無料で還元率が1%以上でお得な「楽天カード(=楽天スーパーポイント)」の場合、有効期限は無期限で、1ポイント=1円としてネットショッピングなどで気軽に利用できる(一部のキャンペーンで獲得するポイントは期間限定の場合もある)。

 しかし、貯めたポイントを特典航空券に交換できることで人気の「ANAカード」や「JALカード」の場合、貯めたポイントにも交換したマイルにも有効期限が設定されており、その期間は長くて5年程度だ。

 例えば、電子マネー「Suica」を搭載した「ANA VISA Suicaカード」で貯まるのは、「ワールドプレゼント」という三井住友カードのポイント。「ワールドプレゼント」の有効期限は「ポイント獲得月から2年間」なので、貯めたポイントは2年以内に随時「ANAマイル」に交換しておかないと、せっかく貯めたポイントは消えていってしまう(ゴールドカードの場合は3年間、プラチナカードの場合は4年間に延長)。

 また、「ANAマイル」にも「3年間(36カ月後の月末まで)」という有効期限が設定されているので、「ANA VISA Suicaカード」で貯めることができるマイルの有効期限は「2年(ワールドプレゼント)+3年(ANAマイル)=最大5年」ということになる。この5年間に「特典航空券」や「アップグレード特典」、もしくは他のポイントプログラムなどに交換しないと、せっかく交換した「ANAマイル」は消えていってしまうのだ。

 しかも、「ANAマイル」を「特典航空券」や「アップグレード特典」などで利用できず、他のポイントプログラムなどに交換した場合、年会費や「ANAマイル」に交換するための移行手数料(「ANA VISA Suicaカード」の場合は年6000円・税抜)を考慮すると、その還元率は1.0%を下回ってしまう。

 クレジットカードでマイルを貯める大きなメリットの一つが、マイルを特典航空券に交換する際に還元率が3%や5%、場合によっては10%近くまで高くなるという高還元率なので、「有効期限内にマイルを特典航空券に交換せずに、1%にも満たない還元率で他のポイントプログラムに交換する」のであれば、交換の手続きをしたり、移行手数料を支払ったりするのはまったくの無駄になる。

 さらに、最低交換単位が「1ポイント=1円」から利用できる「楽天スーパーポイント」など一般的なポイントとは異なり、マイルの場合は国内線なら最低7500マイル、国際線なら最低1万2000マイルを貯めないと交換できないというハードルの高さも問題だ。

マイルのメリットを最大限生かすなら、5万マイル以上を貯めて
「長距離+ハイクラスな座席」の航空券との交換を目指せ!

 しかも、ここ数年はLCC(ローコストキャリア)の登場なども影響し、近距離の航空券の価格が下がっていることもあり、短距離の航空券に交換する場合はマイルの還元率はあまり高くはならないのは下の表を見ればわかるとおりだ。

■1マイルの価値は距離や座席のクラスによって最大5倍に!
区間 往復料金(最安値) 必要マイル数 1マイルの価値
 東京-大阪(伊丹) 1万7080円  1万2000マイル  1.42円 
 東京-沖縄 3万3780円  1万8000マイル  1.87円 
 東京-ソウル
(エコノミー)
4万2730円  1万5000マイル  2.84円 
 東京-ソウル
(ビジネス)
12万1730円  3万マイル  4.05円 
 東京-上海
(エコノミー)
3万6520円  2万マイル  1.82円 
 東京-上海
(ビジネス)
17万1520円  4万マイル  4.28円 
 東京-シンガポール
(エコノミー)
4万4800円  3万5000マイル  1.28円 
 東京-シンガポール
(ビジネス)
24万3800円  6万マイル  4.06円 
 東京-ハワイ(ホノルル)
(エコノミー)
9万4990円  4万マイル  2.37円 
 東京-ハワイ(ホノルル)
(ビジネス)
20万9990円  6万5000マイル  3.23円 
 東京-ニューヨーク
(エコノミー)
10万5990円  5万マイル  2.11円 
 東京-ニューヨーク
(ビジネス)
46万2950円  8万5000マイル  5.44円 
 東京-パリ
(エコノミー)
14万5730円  5万5000マイル  2.64円 
 東京-パリ
(ビジネス)
56万8550円  9万マイル  6.31円 
※2016年7月1日に往路、7月8日に復路の飛行機に搭乗した場合(2016年4月6日時点)

 では、どういう条件下だとマイルの還元率が高くなるかというと、その条件は「長距離+ハイクラスな座席」の航空券と交換することだ。

 ポイント交換の手間やコストをかけてでも、一般的なポイントより高還元になるマイルのメリットを享受したいなら、最低でも5万マイル以上を貯めて、優雅にビジネスクラスで長距離フライトをする、というのを目標にすべきだろう。

 つまり、クレジットカードでマイルを貯めて得をするには、「有効期限」内に、「長距離+ハイクラスな座席」の航空券に交換できるだけのマイルを貯めなくてはいけないのだ。

 ところが、普段あまり飛行機に乗らない人が5万マイルを貯めるには、クレジットカードで500万円程度を利用しなければならない。通常の「ANAカード」でマイルを貯めていると、その有効期限は最大5年なので、年100万円は「ANAカード」を利用しなければいけない計算になる。あるクレジットカード発行会社の調査によると、クレジットカードの平均利用金額は月5万3000円(年換算63万6000円)なので、一般的な人がクレジットカードでマイルを貯めて得をしようとした場合、到底間に合わないのだ。

 しかし、この「ANAマイルの有効期限」の問題を解決する方法がある。それは「ANAマイルが貯まりやすく、かつポイントの有効期限が無期限」のクレジットカードを利用すること。

 その条件を満たすのが「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」だ。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」なら
「ANAマイル」に交換できるポイントが無期限で貯められる!

 「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費7000円(税抜)で、通常100円で1ポイントの「メンバーシップ・リワード」のポイントが貯まる。

 この「メンバーシップ・リワード」は、1ポイント=1マイルと交換が可能で、「ポイント移行コース」に参加することで有効期限が「無期限」になり、いつでも好きなタイミングで「ANAマイル」に交換することができるようになるのだ。

 ただし、「ポイント移行コース」への参加費は年6000円(税抜)。カードの年会費と合わせると維持コストは年1万3000円(税抜)が必要となる。

 一般的な「ANAカード」、例えば前出の「ANA VISA Suicaカード」の維持コストは年会費2000円(税抜)と「10マイルコース(移行手数料)」の年会費6000円(税抜)の合計8000円(税抜)なので、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のほうが年間5000円ほどコストは高くなる。

 しかし、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を使えば、じっくりと長期間に渡って「メンバーシップ・リワード」を貯め、「長距離+ハイクラスな座席」の特典航空券に交換することができる。前出の表でも「長距離+ハイクラスな座席」の還元率は「短距離+エコノミー」と比較して最大4倍以上になっているように、「長距離+ハイクラスな座席」の航空券に交換することで一般的なクレジットカードよりも還元率ははるかに高くなり、豪華なフライトを満喫することができるというのは大きなメリットだ。

 例えば、クレジットカードの年間利用額が85万円の場合、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」なら10年間で8万5000マイルが貯まる。その8万5000マイルで「東京-パリ」間のビジネスクラスの往復航空券と交換した場合、その価値は56万8550円。一方、他の「ANAカード」を利用した場合はポイントとマイルの有効期限が短く、8万5000マイルも貯めることは不可能だ。その代わりに8万5000マイルを1万2000マイルずつ使い、「東京-大阪」間のエコノミークラスの往復航空券に7回交換したとすると、その場合の価値は12万円ほどにしかならないので、差は44万円にもなる。つまり、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の10年間で5万円(税抜)かかる「ポイント移行コース」の参加費を払っても、そのモトは十分に取れるのだ。

 また、「ポイント移行コース」に参加して、「メンバーシップ・リワード」の有効期限が無期限になれば、「有効期限を忘れていて、せっかく貯めたポイントが消えてしまった!」ということもなくなるので、結果的に獲得したポイントをすべて有効に使える=還元率が高くなるとも考えられる。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

 ちなみに、「アメリカン・エキスプレス」が発行する、以下のマイル系クレジットカードでも獲得したポイントの有効期限は無期限なので、マイルをじっくりと貯めることができる。

◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
(※関連記事はこちら!⇒航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?

◆デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
◆デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
※関連記事はこちら!⇒航空会社別におすすめの1枚を決定!飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる、高還元なおすすめクレジットカードはコレだ!

 ただし、日本からの便が多い「ANAマイル」を貯めるなら、獲得できるボーナスポイントの有無や年間の維持コストなどを考慮すると「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」がもっともお得だ。

 また、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」には、ほかにも「ANAマイル」が貯まりやすい仕組みが用意されている。

ANAの航空券を購入するとポイントが1.5倍になる、
「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」だけの特典も!

 一般的な「ANAカード」には、以下のような共通する特典がある。

 ■ANAグループ便の利用で通常のフライトマイルに加えて
  「区間基本マイル×クラス・運賃倍率×10%」のボーナスマイル

 ■「ANAカードマイルプラス提携店」でのカード利用で、
  通常のポイントに加えて、100円=1マイルが自動的に加算

  (一部、100円=1マイルではなく、200円=1マイルなどの提携店もあり)
 ■継続時1000マイルのボーナスマイル

「ANAカードマイルプラス提携店」には、セブン-イレブンやファミリーマート、イトーヨーカドー、スターバックスコーヒーなど、日常生活でもよく利用するショップがあるので、それらの提携店で「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を利用するようにすれば、ANAマイルを効率よく貯めることができる。しかし、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」には、上記の特典に加えて、以下の特典が用意されている。

 ■ANAグループでカードを利用すると、ポイントが通常の1.5倍!


 例えば、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」でANAの航空券や旅行商品を購入した場合には、「ANAカードマイルプラス提携店」として100円=1マイルが貯まり、そのうえ100円=1.5マイルが貯まるので、合計の還元率は2.5%に達する。毎年、正月やお盆に家族で帰省する際にANAを利用しているような人なら、他の「ANAカード」よりも多くマイルを貯めることができるのだ。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

 さらに、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」には、他の「ANAカード」よりも高い年会費も納得できる、豪華な付帯サービスもついている点も大きな魅力だ。

最高3000万円の海外旅行傷害保険は家族特約つき!
さらに、国内28空港のラウンジは同伴1名まで無料!

 もともと「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカードは、付帯サービスが充実していることで有名だが、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」も他の「ANAカード」とは一線を画す付帯サービスの質の高さだ。

 例えば、「海外旅行傷害保険」は、他の「ANAカード(一般)」の最高補償額が1000万円なのに対し、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の最高補償額は3000万円と3倍。かつ、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は同行する家族にも最高1000万円の「家族特約」がついている。これは「ゴールドカード」や「プラチナカード」クラスの厚い補償内容と言える。

 さらに、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」なら国内の主要28空港+ハワイ・ホノルル空港+韓国・仁川空港の30カ所の航空ラウンジが利用でき、「同伴者1名」が無料になる。家族でも友人でも上司でも部下でも、同伴者であれば1名分が無料なので、出張や友人との旅行でも利用することができるのはうれしいサービスだ。

 そして、空港から自宅まで会員一人につきスーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」まで(成田国際航空、中部国際空港、関西国際空港の3空港限定)。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」なら、出発時は空港ラウンジ、旅行中は海外旅行傷害保険、帰国時は手荷物無料宅配サービスと、海外旅行の最初から最後までお得に過ごすことができるというわけだ。

 年に1回でも夫婦や家族で海外旅行に行く機会がある人なら、これらの付帯サービスを利用するだけで年会費のモトは取れるだろう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は
ANA航空券の購入でポイント2倍などお得度がグレードアップ!

 ここまでは、一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を紹介してきたが、ゴールドカードの「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」も紹介しておこう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  3万1000円
 家族カード(税抜)  あり(年1万5500円)
 おすすめポイント 無期限で大量に「ANAマイル」を貯められる! 海外旅行保険は最大1億円(うち5000万円は自動付帯)で家族特約つき!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、年会費が3万1000円(税抜)で、「ポイント移行コース」に登録しなくてもポイントを無期限で貯めることができるので、一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」との年間維持コストの差は1万8000円ほど。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」には、一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」より優遇された特典が用意されている。

 ■ANAグループでカードを利用すると、ポイントが通常の2倍!
  (一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は1.5倍)
 ■ANAグループ便の利用で通常のフライトマイルに加えて
  「区間基本マイル×クラス・運賃倍率×25%」のボーナスマイル

  (一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は10%)
 ■継続時に2000マイルのボーナスマイル
  (一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は1000マイル)

 また、海外旅行傷害保険の最高補償額が1億円(うち、5000万円は自動付帯)に増額され、「家族特約」分も1000万円が自動付帯となるなど、付帯サービスはさらに充実する。

 よくANAグループ便を利用する人や海外旅行に行く人なら、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を選択するとお得になるかもしれない。

 ただし、年間維持コストの差額が約1万8000円となるので、まずは一般カードの「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を使ってみるのがおすすめだ。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

目指すは将来の快適な海外フライト!
「ANAアメックス」なら毎日の買い物が楽しくなる!

 ここまで見てきたように「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、一般カードとしては唯一「有効期限が無期限で貯められるANAカード」で、付帯サービスも他の「ANAカード」とは異なる充実した内容となっている。

 その分、「年会費7000円(税抜)」+「ポイント移行コース参加費6000円(税抜)」と、維持コストは他の「ANAカード」よりも5000円(税抜)高くなるが、長期間貯めて「長距離+ハイクラスな座席」の特典航空券に交換することで、そのコストは十分に回収できるのは解説したとおり。

 有効期限を気にせずにマイルを貯められる「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、今は旅行に行く機会は少ないものの、将来は優雅な旅行を楽しみたいと考える人にぴったりのクレジットカードと言えるだろう。

<Sponsored Content>―――――――――――――――――――――――

【最大3万1000マイルがもらえる!
「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」入会キャンペーン実施中!】

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」への新規入会+3カ月間の支払い金額に応じて、最大3万1000マイルがもらえるキャンペーンを実施中。ボーナスの内訳は、新規入会特典だけで4000マイル、入会後3カ月以内に10万円利用で+2000マイル、50万円利用で+1万マイル、さらに電気、ガス、水道、携帯電話、固定電話、プロバイダなどの公共料金の支払いで1回につき1000マイル、最大1万5000マイルとなっている。キャンペーン期間は2016年10月31日申込分まで。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  7000円
(ポイント移行コースは年6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年2500円)
 おすすめポイント ANAマイルの有効期限を気にせず、無期限でじっくりと貯めることが可能! 海外旅行傷害保険が最大3000万円など付帯サービスも充実

【最大4万3000マイルがもらえる!
「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」入会キャンペーン!】

「ANAアメリカン・エキスプレス・・ゴールド・カード」への新規入会+3カ月間の支払い金額に応じて、最大4万3000マイルがもらえるキャンペーンを実施中。ボーナスの内訳は、新規入会特典だけで7000マイル、入会後3カ月以内に30万円利用で+6000マイル、100万円利用で+1万5000マイル、さらに電気、ガス、水道、携帯電話、固定電話、プロバイダなどの公共料金の支払いで1回につき1000マイル、最大1万5000マイルとなっている。キャンペーン期間は2016年10月31日申込分まで。
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!ANAマイルが無期限に!ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  3万1000円
 家族カード(税抜)  あり(年1万5500円)
 おすすめポイント 無期限で大量に「ANAマイル」を貯められる! 海外旅行保険は最大1億円(うち5000万円は自動付帯)で家族特約つき!


◆無期限でマイルが貯まる「アメリカン・エキスプレス」のカードに注目!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
 還元率  1.0%+α
 (対象航空会社の航空券は還元率3%
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  1万円
 家族カード(税抜)  あり(年5000円)
 おすすめポイント 対象航空会社・旅行代理店28社で航空券を購入するとポイント3倍! また、提携航空会社15社のマイルに無期限で交換できる万能型!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  3万5000円
 家族カード(税抜)  あり(年1万7500円)
 おすすめポイント 対象航空会社20社で航空券を購入するとポイント5倍! また、提携航空会社14社のマイルに無期限で交換できる万能型!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  1万2000円
 家族カード(税抜)  あり(年6000円)
 おすすめポイント 有効期限が無期限の「デルタ スカイマイル」を貯められる! カードを保有するだけで「スカイマイル」のシルバー会員資格がもらえるのもメリット!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 還元率  1.0%+α
 ※ 1マイル=1円換算時
おすすめクレジットカード!デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイトはこちら
 発行元  アメリカン・エキスプレス
 国際ブランド  アメリカン・エキスプレス
 年会費(税抜)  2万6000円
 家族カード(税抜)  あり(年1万2000円)
 おすすめポイント 有効期限が無期限の「デルタ スカイマイル」が貯まり、「スカイマイル」のゴールド会員資格がもらえるので、アップグレードや優先搭乗など、優雅なフライトが楽しめる!

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!