ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アマデウスたち
様々なジャンル、フィールドで活躍する異才にスポットをあてて紹介する。自身の原点となったコト・モノをはじめ、自身が描く夢まで素顔の異才達が登場する。 RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「アマデウスたち」の全記事一覧
  • 第99回 小林武史
    ありのままではない「実感」 

    [2009年11月24日]
    裏方の節度を保ちながら、そのサウンドにはどれも、らしい旋律が主張している。それは決してアートに走り過ぎず、ポップの感覚を失わないから、人びとの気持ちを揺さぶり、時代の記憶として刻まれるのだろう。

  • 第98回 市川亀治郎
    深い古典理解で伝統の再創造に挑む 

    [2009年11月17日]
    歌舞伎の華である女形として頭角を現した。その「端正な芸格」は海外でも評価が高く、2006年のロンドン公演は、英国最高峰のローレンス・オリヴィエ賞最優秀ダンス作品賞にノミネートされたほどである。

  • 第97回 小川洋子
    物言えぬまま倒れた死者たちの遺品 

    [2009年11月04日]
    小説とは何か――。デビューから20年、探るために書いてきた。若い頃はひたすら自分の内側に眠る何かを探し、表出させようとした。次第に気づいたことがある。

  • 第96回 加藤久仁生
    鉛筆一本で描く豊かな映像世界 

    [2009年10月23日]
    写実とはかけ離れた映像表現が、むしろより現実味を持って、観る者の胸に刺さることを、オスカー受賞作「つみきのいえ」はあらためて教えてくれた。

  • 第95回 古田貴之
    人の役に立つ技術に命を注ぎ込む 

    [2009年10月09日]
    世界で初めて人工知能を搭載したヒューマノイドは、サッカーのゴールを決め、人びとを驚愕させた。1999年、まだ人型ロボットなど、タブー視されていた時代だ。

  • 第94回 服部真夕
    世界の岡本綾子が見初めた大器 

    [2009年09月19日]
    若手の台頭が目覚ましい女子プロゴルフ界のなかで“大器”と期待される。控えめな言動とは対照的な、豪快に攻めるゴルフ。歴史に残るトッププレーヤーの岡本綾子の唯一の弟子でもある。

  • 第93回 樫本大進
    「神童」が手に入れた強かな情感 

    [2009年09月11日]
    「神はおとなの衣装をまとった子どもにすべてを与えた」――。パリのロン・ティボー国際音楽コンクールを50年の歴史を塗り替える最年少で制した17歳を、地元メディアは手放しにこう賞賛した。

  • 第92回 石井リーサ明理
    光を操り、夜を見せる 

    [2009年09月04日]
    1999年、留学先のパリを拠点に選び、ノートル・ダム大聖堂のライトアップのリニューアルにかかわった。名前は明理(あかり)。照明デザイナーのパイオニアである母、石井幹子が名づけた。

  • 第91回 三浦皇成
    “未踏”の世界制覇に照準を定める 

    [2009年08月28日]
    「武豊の再来」―。競馬学校時代からそういわれ続けた。2008年、武騎手の持つ新人最多勝記録69勝を21年ぶりに大幅に更新。武さんの本当のすごさは馬乗りにしかわからない。僕は一生追いつけないかもしれない。

  • 第90回 村田道宣
    革新の技で光らせる伝統の美 

    [2009年08月21日]
    京友禅の図案家だった父の使いで、子どもの頃からしばしば職人の家を訪ねた。そこで、何時間も飽きることなく仕事ぶりを眺めていた。その頃の記憶を頼りにすべて独学で技を身につけていった。

  • 第89回 柳家三三
    徹底した自己否定で磨く芸の端正 

    [2009年08月07日]
    2007年、08年と年間600以上の高座に上り、1日に地方と東京をはしごすることもざらだ。月1回の独演会のチケットは数ヵ月先まで完売状態。江戸古典落語を語らせれば若手随一との評価は、揺るぎないものとなった。

  • 第88回 福原美穂
    スターダムを駆け上がる「奇跡の子」 

    [2009年07月31日]
    制服姿でマイクを握った女子中学生の圧倒的な歌唱力に、スタジオは一瞬静まり返った。放送を視たテレビ局の音楽関係者からの電話が鳴った。チャンスは思わぬところに転がっていた。

  • 第87回 上原彩子
    人生が乗っかるから音楽は変わる 

    [2009年07月24日]
    1998年、チャイコフスキー国際コンクールで史上最年少のファイナリストとなった。4年後の次の大会は「勝ちに行った」。言葉どおり、日本人初、女性初の第1位という快挙を成し遂げ、プロデビューする。

  • 第86回 乾 久美子
    服を選ぶように音楽に惹かれるように 

    [2009年07月17日]
    絵画と工作好きの少女には、毎週密かな楽しみがあった。父が買ってくる「週刊新潮」の巻末の連載「マイプライバシー」を開くこと。個人邸の内観写真の横には設計図が付いている。

  • 第85回 岡村桂三郎
    宗教的行為の一部として描く 

    [2009年07月10日]
    二曲一双の屏風に見立てた縦235センチメートル、幅720センチメートルの巨大な杉板のパネル。描き出された二頭の猛獣が呪術的な生命力を放つ「獅子08―1」は、2008度の日経日本画大賞受賞作となった。

  • 第84回 井山裕太
    “第一感”で攻めて勝ちたい 

    [2009年07月02日]
    2005年の全日本早碁オープン戦、16歳4ヵ月の若さで、張栩、王立誠、趙治勲、小林覚という一流棋士を破り優勝した。日本囲碁史上最年少の栄冠であり、四段から七段への飛び級昇段も史上初で史上最年少!!

  • 第83回 川久保賜紀
    一つの音にもいろいろな色がある 

    [2009年06月18日]
    5歳でヴァイオリンを始めると、みるみる頭角を現した。2001年のパブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクール日本人初の第1位、02年チャイコフスキー国際コンクール最高位という花を咲かせた。

  • 第82回 吉岡秀人
    一生この山を登り続ける 

    [2009年06月11日]
    10代の頃、報道で目にするやせ細ったアフリカの子どもたちと、何不自由ない今の暮らしとのギャップは「時間と空間の偶然のズレによって生じている」と、痛みを覚えた。

  • 第81回 田中 純
    文化の情動を冷徹に見通す実験者 

    [2009年06月04日]
    表象文化論は、「表象」を起点に文学、芸術から政治、ポップカルチャーなど現代社会のあらゆる文化を学際横断的に批評し、文化の生産過程に創造的フィードバックを与えようと試みる新たな学問領域である。

  • 第80回 鈴木大介
    武満徹が見出した歌う心の深さ 

    [2009年05月29日]
    日本音楽界の巨星、武満徹が最後に見出した逸材である。武満はアルバムの完成を待つことなく、この世を去ったが、鈴木の“歌う”ギターはその遺志によく応え、歌う心の深さが新しい息吹を与えている。

1
nextpage

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事