外部の企業や組織と
連携しつつ教育を展開

データサイエンス学部新設予定の熊谷キャンパス

 同学部ではまず、データサイエンスの基礎となる「数学、AI、プログラミング、情報科学」を専門基礎として学び、その後データサイエンティストとして必要な「統計学、データベース、より高度なプログラミング、機械学習、テキストマイニング、社会調査」などをデータサイエンス基礎科目・発展科目として身に付ける。

 その上で「ビジネス」「観光」「社会」「スポーツ」などの応用分野での実践を学び、「データサイエンス×価値創造」に貢献する人材を育成する。

「具体的には、研究実績のある教員による指導と、実際にデータを用いたビジネスモデルを展開している企業や組織と連携し、インターンシップやフィールドワークを通して、課題の発見と、それに対する解決策を学生が主体的に提案していくという形を取ります」(北村教授)

 想定される進路先は広範に及ぶ。例えばビジネスの場面では、ネットワーク・システムの情報処理や管理に限らず、さまざまな応用分野への人材が必要とされている。自治体などでは政策立案から統計調査まで、データの利用が拡大しており、こちらの需要も高い。観光業界でもホテルから飲食までデータを用いた産業が次々と誕生し、スポーツでは、プロスポーツからアマチュアスポーツまで関われる分野は数多くある。

 政府は今、各大学に対して、学部を問わず大学全体でのデータサイエンス教育を求めている。立正大学では、データサイエンス学部の開設と同時に、全学機関として「データサイエンスセンター(仮称)」を設置する。同学部の研究者と、既存8学部でデータサイエンスを活用する研究者が、共同で研究・教育を行う拠点になる予定だ。

 また日々進歩するデータサイエンスの知識を補完するため、卒業生ネットワークを築き、教育内容をダイナミックに変更していく仕組みも計画している。「社会が求めるデータサイエンスの基礎知識と実践力を身に付ければ、大きなアドバンテージになる。卒業生がさまざまな分野で活躍することを期待しています」と、北村教授は新学部の未来を見据える。
 

問い合わせ先

立正大学 学長室広報課
 
03-3492-5250
contact@ris.ac.jp
http://www.ris.ac.jp/ds/

データサイエンスを駆使して鬼退治をする「データサイエンティスト桃太郎」の話はこちらーーー
http://www.ris.ac.jp/ds/ad/lp1/

■ 立正大学 品川キャンパス
心理学部 臨床心理学科、対人・社会心理学科、法学部 法学科、経営学部 経営学科、経済学部 経済学科、文学部 哲学科、史学科、社会学科、文学科(日本語日本文学専攻コース、英語英米文学専攻コース)、仏教学部 仏教学科、宗学科
■ 立正大学 熊谷キャンパス
地球環境科学部 環境システム学科、地理学科、社会福祉学部 社会福祉学科、子ども教育福祉学科
データサイエンス学部(仮称)2021年4月設置予定。認可申請中 設置計画は予定であり内容に変更の可能性があります
TOP