ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル&マーケティング

企業は本質的な解決策を見出せるか。
マーケティングはドラスティックに
再定義されている

「アドテック東京 2012」からのメッセージを検証

河尻亨一 [元「広告批評」編集長/銀河ライター主宰/東北芸工大客員教授]
2012年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 しかし、「ユーザーに行動を起こしてもらい(来店してもらい)、かつブランドに共感してもらう」のはそう簡単なことではない。

 セッション「SoLoMoマーケティングとは何か?」では、そこへの問題提起がなされたと思う。「SoLoMo」とは「Social+Location+Mobile」の複合語のようだが、「ソーシャルウェブ×モバイルのパワーで、人をリアルなロケーションへ誘う」という意味で捉えれば、広義のO2O的手法といえそうだ。

 このセッションではスピーカーの池田紀行氏(トライバルメディアハウス/代表取締役社長)から、

(1)現状のSoLoMoはチェックインクーポンによる来場・来店促進が主流だが、いわゆるO2O型のリタゲ、リマーケティングで、ユーザーの意識と態度の変容を起こせるのか?

(2)チェックイン情報の多くは共有・拡散されにくい。ここをクリアするためには、コンテンツそのものに自走するパワーが必要となる

(3)チェックインの動機の裏側に隠れているユーザーの思いを掘り起こす企画とは何なのか?

――といった趣旨の指摘がなされていたが、それはリアル体験へのリンケージがトレンドとなっている、昨今のデジタルマーケティング施策全般の課題だと感じた。

 つまり「O2O」は、期待と同時にハードルも高まるマーケティング領域というわけだ。別セッションでは、ゲーミフィケーション(ここではゲームアプリ)を活用した「学び」や「楽しみ」の提供をへて来店・来場を促す事例も紹介されていたが、そういったアプローチも含め、顧客とのコラボレーション(C2Bコラボ)を通じたコミュニティ作りを目指すことにヒントがあるのでは、と筆者は考える。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

河尻亨一
[元「広告批評」編集長/銀河ライター主宰/東北芸工大客員教授]

1974年、大阪市生まれ。99年、早稲田大学政治経済学部卒業。お茶の水美術学院講師を経て、2000年より雑誌「広告批評」(マドラ出版)に在籍。08年、編集長就任。10年、同社退職後、雑誌・書籍・ウェブサイトの編集、企業の戦略立案およびPRコンテンツやイベントの企画・制作を手掛けるほか、講演活動なども行っている。

デジタル&マーケティング

消費者が売り手を選ぶ時代、企業はどのように顧客とコミュニケーションを行うべきでしょうか。デジタルを有効に活用して世界の顧客とつながる方法を追求していきます。

「デジタル&マーケティング」

⇒バックナンバー一覧