新卒の7割は
営業職に就くという現実

 なぜ、営業を取り上げるか。

 それは営業という職種が、学生の皆さんに、あまり理解されていない、と感じるからです。

 もちろん、研究熱心な人なら理解しています。

 営業はかなりクリエイティブな仕事である。

 売上という数字で評価されるので、わかりやすく達成感がある。

 営業という仕事は人脈が広がり、それによって自分が成長できる。

 営業とは、自分を売り込む仕事でもある

 その一方で、営業という仕事を誤解している方もたくさんいます。

 営業=ノルマがきつい。だからつらく厳しそう。

 人にペコペコ頭を下げてモノを買ってもらう。卑屈な感じがして嫌だ。

 なにかモノを無理やり押し付けて、だますような感じがする。

 ざっと考えついたところを挙げましたが、あなたの持っている営業のイメージは、どのようなものでしょうか。

 営業に対するイメージや解釈がどうあれ、ハッキリしていることがあります。

 特に文系学部のみなさん。みなさんのうち、おおむね7割強は就職すると営業部門に配属されます。理系の皆さんのなかでも営業部門に配属される人が多数います。

 業種を問わず、それが現実です。

「商品企画をやりたいです」、「広報部門を希望します」、「経営企画で自分の能力を生かしたい」。

 みなさんは面接に臨んで、いろいろな希望を述べるはずです。そして、時に面接官と意気投合して、話が盛り上がることもあるでしょう。そのようにして内定をゲットする、という流れになります(話が盛り上がっても内定がもらえない、ということも、もちろんあります)。

 そして入社して研修を受けて、配属が発表されますが、7割強は営業なのです。