投資信託おすすめ比較[2017]
2016年12月27日公開(2017年10月27日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

月3000円からの積立投資でも30年後に大きく育つ!
ファイナンシャルプランナー・横山光昭さんが
少額の積み立て投資の始め方&儲け方を徹底指南!

「月3000円からの投資」と聞いて、大した資産なんて築けないだろうと、バカにしてはいけない。なぜなら、月々たった3000円から投資を始めても30年後には200万円近くに増え、もし少しずつ投資額を増やしていければ、将来的には投資による複利効果で約1600万円の資産を築くことも可能だからだ。

ダイヤモンド・ザイは、「2017年『株』全予測&儲け方」を総力特集。そのなかで、家計再生コンサルタントの横山光昭さんが教える「月3000円からの投資生活術」を掲載している。そこで今回は、横山さんが投資初心者に月3000円からの投資をおすすめする理由と横山さんおすすめの「バランス型投信」を抜粋して紹介しよう。 

少し節約して月3000円でも投資に回せば、
年3%の資産増も決して難しくない!

横山光昭さん/家計再生コンサルタントマイエフピー代表取締役 これまで1万人以上の赤字家計を再生。近著に『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム刊)。

 「多くの人は、投資というと元本割れの可能性があるため“怖い”と感じる人も多いでしょう。でも、月3000円なら、家計を少し節約すれば絞り出せる額。こんな少額でも投資を始める意味は大きいのです」

 こう力説するのは、これまでに1万人以上の赤字家計を再生してきた横山光昭さん。

 貯蓄はもちろん大事だが、今のような低金利では、貯蓄だけでは一向にお金が増えないのも事実だ。一方で、投資は、やり方さえ間違わなければ雪だるま式に複利で増えていく可能性が高い。複数の国や資産に分散投資すれば過去のデータから年間3%資産を増やすことも難しくないのだ。

月3000円を”きっかけ”にして投資額を増やせば、
30年で資産1000万円も夢じゃない

 「たった月3000円で資産が築けるの?」と思う人もいるかもしれないが、投資による複利効果をバカにしてはいけない。

 年率3%増が期待できる投資信託の積み立てで、月3000円の投資を30年間続けると、総投資額108万円に対して、利益は約66万円となり資産額は174万円になる。また、実際に投資に慣れてくれば、積み立て金額を増やすことも容易になる。例えば、月3000円から始めても、1年ごとに1000円ずつ投資額をアップすると、30年後には総投資額630万円に対して利益は258万円、総資産額は888万円にまで増加する。

 さらに、半年ごとに投資額を1000円アップすると、30年後の総投資額は1170万円、総資産額は1632万円になる。

 このように、貯金に少額から投資を組み合わせることで着実に資産を形成することができるのだ。

 「なによりも、月3000円の投資生活はいい“きっかけ”になると思います。確かに投資額が多ければ、その分お金の増え方も大きくなりますが、最初から高額での投資をすることはおすすめできません。まずは、やってみることが大事で、少額で価格の上げ下げを体験してみる。そうすると、株式市場や世界の経済状況にも関心が出ますし、投資を始めると新しい世界が広がって、お金に対する考え方が変わり、『貯金だけをしていたときよりも、貯金体質になった』という人も意外と多いのです」(横山さん)

初心者は何に投資するのがベスト? 
貯金をベースに余剰資金でバランス型投信の積み立てを開始!

横山さんは日本株式より高成長が期待できる外国株式の配分を多めにして投資している。
拡大画像表示

 投資といっても、横山さんがおすすめするのは、売り時や買い時を判断して短期で利益を上げようというものではない。

 「面倒臭がり屋だったり、判断力がなかったり、冒険をして損するのが怖い、という人にこそ向いているのが、投資信託の積み立てです。証券会社や銀行で、積み立てる投信を決めて申し込むだけ。あとはほったらかしで、投資信託を毎月同じ日に同じ額で積み立ててくれます」(横山さん)

 ただし、「さあ投資で増やすぞ!」と意気込んで、家計の余剰資金のうち全額を投資に回すのはNGだ。最初は、元本割れリスクのない貯金を軸に、一部の金額を投資に回してみること。また、投資は、将来を豊かに過ごすためのお金を作る目的で長期のスタンスでやるもの。日々の生活に必要なお金や、「いざというとき」のためのお金は投資に回すべきではない。金銭的にも精神的にも余裕を持って運用するためには余剰資金で投資を始めるべきなのだ。

 また、「早く増やしたいから」、とハイリスク・ハイリターンの投資に手を出すのもNGだ。

 「資産を一気に増やすことは大変難しいことと心得て、初心者は、投資額を1年ごとや半年ごとに1000円増やしたり、投資に慣れてきたら相場の下落時に追加で投資をしてみるなど、“額”を増やすことで運用効率をアップさせるのが正解です」(横山さん)

 では、長期の積み立てには、どんな投信が適しているのか。

 「初心者が、最初に投資するのは、1本で世界の資産に分散することができるバランス型投信がおすすめです」(横山さん)

※バランス型投信と低コスト投信のデータは2016年11月末現在(資産構成比は10月末時点)。以下、同じ。
拡大画像表示

【各投資信託の詳細情報はこちら!】
◆低コスト投資信託
「世界経済インデックスファンド」>>
◆ETF
「eMAXISバランス8資産均等型」>>

 「世界経済インデックスファンド」は、国内外の株式と債券に分散されており、成長力が期待できる新興国にも一部分散している投信だ。また、株や債券だけでなく、リート(不動産)にも分散したい場合は、「eMAXISバランス8資産均等型」などがおすすめ。いずれも、販売手数料が安いネット証券で積み立てを行なうのがベストだ。

 投資にも慣れて月々の投資額を増やせたら、複数の投信を組み合わせて自分の好みの資産配分で投資を。最初に選ぶのは、運用コスト(信託報酬)の低いインデックス型がベストだ。

【各投資信託の詳細情報はこちら!】
◆低コスト投資信託
「ニッセイTOPIXインデックスファンド」>>
「ニッセイ外国株式インデックスファンド」>>
◆ETF
「上場インデックスファンドTOPIX」>>
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」>>

 国内外の株や債券を組み合わせるのが基本で、横山さんは、少子化で低成長の日本よりも成長力が高い外国株の比率を多めの資産配分にしている。横山さんがおすすめする低コストの投資信託の例が、「ニッセイTOPIXインデックスファンド」や「ニッセイ外国株式インデックスファンド」だ

 「考え方は人それぞれ。インデックス型で慣れたら長期で好成績のアクティブ型を組み入れてもいいでしょう」(横山さん)

 積み立てた資産額が増えたら、ETF(上場投資信託)に移すのもあり。指数連動型で、株と同様に市場に上場するETFは、通常の投資信託より信託報酬が安い点が魅力的だ。横山さんは「上場インデックスファンドTOPIX」と「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」をおすすめする。

【インデックスファンドの最新情報はこちら!】
【2017年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?

投資で資産を増やす時に必要な「5つの重要ポイント」

  最後に、投資初心者が後悔しないために覚えておきたい、資産を増やす時に必要な「5つの重要ポイント」を整理しておこう。

【ポイント1】貯金と投資を組み合わせて無理をしない!
 あくまでも、元本割れのない貯金をベースに、一部の資金を投資に回すことが大事。家計を大事にして、リスクを取りすぎてはダメ。

【ポイント2】家計を優先して余ったお金で投資すること!
 投資の目的は、将来の資金を作ること。「いざという時のお金」を投資に回すと、精神的にも余裕を持って投資できないのでダメ。

【ポイント3】高リスク・高リターン型には手を出すな!
 高リスクの投資は、値動きが激しく長期で続けるには向かない。資産は一気に増やせるものではないと心得て、コツコツの精神が大事。

【ポイント4】価格の上がり下がりに一喜一憂しない!
 相場は動くと心得て、短期の値動きに一喜一憂しないこと。心に余裕を持てる額で、長い目で資産形成を考えることが大切だ。

【ポイント5】低コストにこだわりネット証券で買う!
 少額投資には低コストであることが大事。販売手数料ゼロの投資信託を多く扱うネット証券などを利用するのがおすすめだ。

【関連記事】
つみたてNISAが投資初心者に向いている理由とは? 従来の「NISA」や「iDeCo」と比較してわかった「つみたてNISA」を上手に活用する方法を紹介!

【ピックアップ!】
【2017年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

【2017年11月2日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2534本 1189本 2418本 100円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数は、ネット証券ではトップ。インターネットコースでは投信積立の買付手数料が全額キャッシュバック! また、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」のもメリットだ。。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。また、銘柄検索ツール「パワーサーチ」やファンド選びをサポートするツール「SBI‐ファンドロボ」などの機能も充実。最近では、低コストな個人型確定拠出年金にも力を入れている。ただ今、新規口座開設キャンペーン中。2017年9月29日(金)までの期間で、30万円以上の投資信託(買付手数料があるファンド限定)買付けにより最大1万5000円現金プレゼントキャンペーン中
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2461 1188 2329 100円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まる。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえる。ポイントは投信の買付代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。また、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」もある。個人型確定拠出年金は運営管理手数料が0円
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1071本 623本 989本 100円
【特徴・メリット】
積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより、買付手数料が全額キャッシュバックされる。ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。2016年9月から1万円から始められる個人投資家向けロボ・アドバイザーサービス「MSV LIFE」開始。投資信託購入時の申込手数料の1.5%分がマネックスポイント(1ポイント=5円相当)でプレゼントされる。また、月中平均残高の0.08%分の1/12が月ごとにポイントでプレゼントされる。航空会社のマイルやSuica、ショッピングなどのポイントと交換可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1019本 593本 964本 500円
【特徴・メリット】
手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。「プレミアム積立」は500円から可能で、スマホ・タブレットからも手続きができる。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つのが「セレクション」。ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。また、2017年12月29日まで、積立買付けの購入手数料を全額キャッシュバックする「投信フリー積立」キャンペーンを実施中。 
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
5位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
943本 427本 563本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。2017年10月からネット取引で366本の投信手数料引き下げ。ノーロード投信も300本→約400本に拡大した。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。「投信つみたてプラン」の利用で抽選でdポイントが1万ポイントが当たるキャンペーン中。12月29日(金)まで。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング