ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

リクルートにNTTも参入で
モバイルPOSレジ市場の盛況

週刊ダイヤモンド編集部
2014年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
NTT東日本が提供する「ラクレジ」では、タブレットの商品画像を大きくして見せられる機能がある
Photo by Takeshi Kojima
拡大画像表示

 「示し合わせたわけでもないのに、まさか同じものを同じ日に発表するなんて思わなかった……」

 3月5日、リクルートライフスタイル、NTT東日本などが別々に開いた新サービスの発表会。その中身が、期せずしてほぼ同じものだったという“珍事”が起きた。

 そのサービスとは、米アップルのiPad上で使えるPOS(販売時点情報管理)レジのこと。注文から会計、そして売り上げ管理に至るまで、アプリ一つでできてしまう。タブレットに500円玉サイズの小型端末を差し込めば、クレジットカード決済も可能だ。

 このようなモバイルPOSレジサービスには、これまでに主要9社が出そろっており、まさに群雄割拠の時代を迎えている。富士キメラ総研によれば、タブレットPOS市場は、2012年度の4億円から18年度に65億円へと、16倍も拡大する見込みだ。

 市場が盛り上がるのには理由がある。一般的なPOSレジの専用端末導入の初期費用は50万~100万円、毎月の利用料も数千円から2万円かかるといわれ、負担が重い。カード決済となれば、通常5~7%の手数料が店舗側にかかってしまう。

 それがモバイルPOSレジであれば、初期費用が割安で持ち運びも使い方も簡単。カード決済手数料も3.25%まで抑えられるため、とりわけ中小飲食店や理美容院、個人事業者に広がっているのだ。

 大手がこうしたサービスを格安で提供するのには別の狙いもある。特に注目は、リクルートの「Air(エア)レジ」だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧