ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ヤマダ電機に排除命令
問われるローコスト経営の基盤

週刊ダイヤモンド編集部
2008年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「改装作業の応援を強要され、まさに日本全国“改装の旅”だ。毎週全国のヤマダの店舗を飛び回らなければならない――」(ある電機メーカーのヘルパー)。こうした悲鳴は減るだろうか。

 6月30日、公正取引委員会は家電量販店最大手のヤマダ電機に対して、独占禁止法に違反していたとして排除措置命令を出した。

 家電量販店では、販売応援員としてメーカーが社員を派遣する商慣習があり、その社員は「ヘルパー」と呼ばれる。このヘルパー派遣要請を、ヤマダがメーカー側に強要したことが、独占禁止法で定める「不公正な取引方法」に抵触していたのだ。

 背景には、ヤマダの圧倒的なバイイングパワーがある。連結売上高は1兆7678億円(2008年3月期)を誇り、2位に2倍以上の差をつけている。今期は2兆円を見据えており、購買規模の大きさを利用し、メーカー側との商談の際、「優越的地位の濫用」が行なわれていたと判断された。

 「ヤマダの要求はのまざるをえない」と、日本を代表する大手メーカーでさえもヤマダに対してはものが言えない状況だった。行き過ぎた要求を突きつけられた大手メーカー幹部は「ヤマダはわれわれをビジネスのパートナーとして見ていない。彼らからすれば、われわれは単なる一仕入れ先でしかない」と憤る。

 公正取引委員会の出す処分には罰則規定がなく、処分が即業績のマイナス要因となるケースはまれだ。流通業界では過去、ドン・キホーテやユニーなどに今回と似たケースで処分が出されたが、株価や業績の影響は小さかった。「ヤマダにも特に大きなマイナスの影響は出ないだろう」(外資系証券アナリスト)と見られている。

 だが、店舗改装作業や新規オープン店舗の開店準備など、あらゆる場面で力を借りてきたヘルパーを、今までと同じように使うことはできなくなるだろう。「今後、コストは確実に上がってくる」(ヤマダ関係者)との声もある。「できるだけヘルパーの力に頼らず、いかに現在の1人当たりの売上高を維持し、接客レベルを落とさずに店舗運営できるかが最大の鍵」(同)なのだ。

 それができなければ、同社が急成長してきた最大の要因である「ローコスト経営」(販売管理費率で業界上場大手9社の平均が19.3%なのに対してヤマダは18.4%)が成り立たなくなるのだ。

 今回、ヘルパー自体が問題視されたわけではない。要はその「要請方法」や「運用方法」に問題があったのだ。ヘルパーはメーカー社員であり、量販店の店員よりも高い専門知識を持つ。メーカーと量販店が同意の下、正しい方法でヘルパーが活用され、結果的に顧客に質の高いサービスを提供できることが本来あるべき姿だ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 片田江康男)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧