ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

ユニクロ中国の副総経理が語る(上)
これぞ「リピート率80%」の集客策!

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第4回】 2009年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

不況で消費が伸び悩むなか、高いクオリティの商品を安く提供し続け、驚異の「一人勝ち」を続けるファーストリテイリング。そんな同社も、中国に大型店を次々と展開している。ビジネスの高い壁に阻まれて夢を挫かれる日系企業が多いなか、「王者ユニクロ」は中国でも快進撃を続けているのか? ユニクロ中国(迅銷(中国)商貿有限公司)の高坂武史・副総経理に、同社の中国戦略と現地でアパレル企業が勝ち残るための心得を聞いた。

高坂武史
ユニクロ中国(迅銷(中国)商貿有限公司)の高坂武史・副総経理。「グローバルで売れる商品は中国でも必ず売れるはず」と語る氏は、これまで日系アパレルが行なってきた現地化戦略のあり方に一石を投じる。

――高坂さんは、中国ご出身だとお聞きしましたが、どのようなきっかけで日本と関わるようになったのですか?

 私は西安の出身です。中国の高校を卒業後、1990年に日本の大学に留学したのがきっかけです。当時の中国は、簡単に海外に行けるような状況ではなかったのですが、たまたま日本に留学できるチャンスをもらったので、日本に行くことになりました。

――ファーストリテイリングを就職先に選んだのは、なぜですか?

 私が入社した1996年は、まだユニクロが東京に進出しておらず、フリースブームが起きる前でした。大学の就職課の前を、たまたま通りかかったときに、「留学生求む 実力主義」という案内を見て、応募したのがきっかけです。

 当時は、「日系企業は年功序列で、外国人は上にいけない(責任のある仕事につけない)」というのが、日本に留学している中国人の間では常識でした。そんななか、「実力主義」という他社ではあまり聞かない言葉に惹かれたのだと思います。

 入社後は、店舗の店員からスタートし、店長、生産管理などを経て、2001年のユニクロの中国進出以降、中国事業を担当しています。

――ユニクロ中国では、中国市場独自の商品も販売していますか?

 中国市場向けの商品は作っていません。弊社では、中国に限らず、どこか特定の市場に特化した商品企画は行なっていません。あくまでもグローバルで売れる服を企画しているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧