ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

JALの路線撤退報道にだまされるな

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第87回】 2010年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月28日に会社更生手続き中のJALが、国内外の計45路線から今年度内に撤退すると発表しました。これだけだと、JALもいよいよ厳しいリストラを始め、再建が進みつつあるように見えるかもしれませんが、だまされてはいけません。JAL問題の本質は別のところにあるのです。

45路線撤退を評価すべきではない

 まず最初に強調しておきたいのは、45路線撤退というと、当初発表していた31路線よりも表面的には大きく増えているため、一見すごい大英断のように見えますが、実際は全然大したことないどころか、かえって問題があると言わざるを得ません。

 まず、撤退する国内30路線は、もともと収益にほとんど貢献してこなかった路線ばかりです。その証拠に、羽田発着路線は一切含まれていません。それが多少上積みされたからと言って、大した意味があるとは言えません。単に、それらの路線については地元の首長からの継続要望が強くて切りにくいため、国交省やメインバンクからの減便上積み要求を逆手にとって、この機にばっさりと切っただけでしょう。

 次に、国際線については、むしろ焼け太り状態です。報道では強調されていませんが、15路線から撤退する一方で羽田発の欧米アジア向け5路線を新設しているからです。羽田発でパリ、サンフランシスコなどに行くこれらの路線は収益性の高い路線であることを考えると、JALとその再生を担う企業再生支援機構(以下「機構」)は、当初の再建プランどおり3年で業績を急回復させるために、こうした減便と増便を決めたのでしょう。

 このように冷静に観察すると、一つの事実が明確になります。今回の決定は、JALという一企業の再生という観点からもまだ不十分である(収益にどう反映されるかまったく不明!)のみならず、航空産業全体にとっては決してプラスにならない可能性が高い、ということです。

 それは、競合相手であるANAの立場に立って考えてみれば明らかです。JALが撤退する国内線は、収益的には意味がないので競合云々は関係ありません。関係してくるのは、新設される羽田発着の国際線です。これは収益性が高いことを考えると、当然ANAも手がけることになるでしょう。もろに競合するのです。そこでJALが公的資金を原資に安売り競争を仕掛けたら、公的資金をもらわずに自力で頑張っているANAはたまったものではないし、安売りの悪循環でJALもANAも疲弊して、いよいよ日本の航空産業は共倒れになるだけです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧