世界投資へのパスポート
【第389回】 2015年10月26日公開(2017年11月17日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

大型株の相次ぐ好材料で上値を追うNY市場 
火曜日のアップルの決算に注目する理由とは?

<今回のまとめ>
1.アマゾン・ドットコムはAWS部門が好調
2.マイクロソフトは新しい開示方法でクラウド戦略を明確化
3.アルファベットも好調、自社株買戻しを発表
4.マクドナルドは店舗に活気が戻った
5.FOMCは利上げなしの線が濃厚
6.火曜日のアップルの決算に注目

先週の米国株式市場は大幅高

 先週の米国株式市場は数々の好材料が重なり大幅高となりました。週間ベースでダウ工業株価平均指数は+2.52%、S&P500指数は+2.07%、ナスダック総合指数は+2.98%でした。

 マーケットが強かった理由は(1)決算発表が好感されたこと、(2)欧州中央銀行のドラギ総裁が必要であれば緩和措置を取る用意があると発言したこと、(3)中国人民銀行が利下げを発表したこと、によります。

大型株が相次いで好決算を発表!
チャートの形がよい銘柄が続々出てきた

 先週はナスダック総合指数が他の主要株価指数のパフォーマンスを上回りました。その理由はアマゾン・ドットコム(ティッカーシンボル:AMZN)マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)アルファベット(グーグルから社名変更、ティッカーシンボル:GOOGL)といった大型株が相次いで好決算を発表したことによります。

【アマゾン・ドットコムの決算】
アマゾン・ウェブ・サービスが好調

アマゾン・ドットコム(ティッカーシンボル:AMZN)の決算はEPSが予想-15¢に対し17¢、売上高が予想249.1億ドルに対し253.6億ドルでした。とりわけ営業マージンが今回もプラスだったことを投資家は好感しています。

 ユニット成長率も底打ち後、さらに勢いを増している観があります。

 また比較的マージンが高いことで知られるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)部門の売上高は予想を上回る+78%の20.9億ドルでした。AWSの営業利益は+432%の5.21億ドルでした。

 アマゾン・ドットコムの株価は新高値をつけました。

【マイクロソフトの決算】
予想を超える数値に株価は上昇

マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)の決算はEPSが予想57¢に対し67¢、売上高が予想204億ドルに対し216.6億ドルでした。

 同社は今期からセグメント情報の開示の仕方を変えました。これは同社が最近、クラウド戦略を積極的に押し進めており、その進捗の様子をよりわかりやすく投資家に伝える意図があります。それらは(1)プロダクティビティ&ビジネスプロセス部門(「Office」など)、(2)インテリジェント・クラウド部門(サーバ製品とサービス、エンタープライズ向けサービス)、(3)モア・パーソナル・コンピューティング部門(「Windows」、「Surface」、スマホ、ゲーミング、サーチ)の三つです。

 注目されたインテリジェント・クラウド部門の売上高は59億ドル(+8%)でした。為替要因を除いた成長率は+14%でした。

 マイクロソフトの株価もきれいにブレイクアウトしています。

【アルファベット(Googleの新社名)の決算】
500億ドルの自社株買いを発表

アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)はグーグルの新社名です。同社の決算はEPSが予想$7.20に対し$7.35、売上高が予想185.5億ドルに対し186.8億ドルでした。

 売上高成長率は+13%でした。またドル高要因を除く売上高成長率は+21%でした。

 アグリゲート・ペイド・クリックは+23%でした。(2Qは+18%)

 広告単価の指標であるグーグル・ウェブサイトでのアグリゲート・コスト・パー・クリックは-16%でした。メンバー・ウェブサイトでのアグリゲート・コスト・パー・クリックは-4%でした。

 トラフィック・アクイジション・コストは21%でした。これは2Qの23%から少し改善しました。

 またアルファベットは500億ドルの自社株買戻しを発表しています。

 アルファベットの株価は700ドル付近にあったこれまでの上値抵抗線を上に破っています。

【マクドナルドの決算】
過去2年間で米国の既存店売上比較は初めてプラスに

 決算が良かったのはネット株だけではありません。先週、本コラムでとりあげたマクドナルド(ティッカーシンボル:MCD)の決算も立派でした。EPSは予想$1.28に対し$1.40、売上高は予想64.1億ドルに対し66.2億ドルでした。

 グローバルでの既存店売上比較は予想+2%に対し、結果+4.0%でした。すべてのセグメントにおける既存店売上比較はプラスでした。

 米国の既存店売上比較は+0.9%でした。これは過去2年で初めてです。

 注目された「オールデイ・ブレックファスト」に関する経営陣のコメントですが、まず来店客からの反応は良かったです。キッチンの負担は増えたものの賃金のベースアップで店員の士気は高まっており、店舗に活気が戻ったそうです。

【今週の株式市場のみどころ】
28日のFOMCでは利上げなしと市場は予想

 今週は10月28日(水)に連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されていますが、市場参加者の中に利上げを予想している人はほとんどいません。これは今回のFOMCでは記者会見が予定されていないからです。

 もうひとつの注目イベントは10月27日(火)引け後に予定されているアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の決算発表です。コンセンサス予想はEPSが$1.87、売上高が509億ドルです。

 前回の決算発表ではiPhoneの販売台数が予想を下回り、株価が売られました。今回は9月上旬に発表された新製品、iPhone6Sの売れ行きが注目されます。ちなみに発売最初の週末は1300万台売れました。これは予想の1000万台を上回りました。

 その後、iPhone6Sにはデバイスによって電池の寿命にばらつきがある問題が発覚しました。とりわけ日本での売れ行きに前回ほどの勢いがないと報じられています。

【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP