ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

日本とのEPA合意を促した
インドの戦略思考と国際事情

週刊ダイヤモンド編集部
2010年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

 日本とインドのEPA(経済連携協定)が大筋合意に達した。貿易や投資の自由化を包括的に進める協定で、10年間で両国間貿易額の約94%で関税を撤廃する。

 交渉開始から3年半。難航した交渉が合意に至ったのはインドの譲歩が大きい。インドが要望した「ジェネリック薬の市場参入」は日本が国内産と平等の扱いを約束することで、「看護師などの受け入れ」は継続交渉で、納得した。

 一方、日本の要望である自動車部品などへの関税率は漸次減少し10年後までに大半が撤廃される。

 インドが譲歩した要因は複数ある。第1に新興大国として競う中国への対抗だ。アジア広域の自由貿易協定はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)を中心に動くが、インドはメンバー外。主要メンバーの中国への対抗上、関係国とのつながりを強化したいのだ。この1年でASEAN、韓国、そして日本との協定をまとめている。

 第2にインドの自動車産業の成長促進だ。トップ企業のマルチ・スズキは日本のスズキとインド政府の合弁。「雇用創出に加え、輸出での外貨獲得も期待される。部品関税の低減や投資規制の緩和は同社を含めた自動車産業の強化につながる」(久保研介ジェトロ・アジア経済研究所研究員)。

 第3に今春交渉を開始した日本との原子力協定の締結推進だ。核武装するインドに抵抗感の強い日本の世論を和らげるためEPA締結で関係を深めたい考えもあるだろう。インドの戦略思考によって実現したEPA合意を日本もしたたかに活用したい。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪 亮)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧