ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

歴史的外交失態と経済司令塔の混乱に見る
“政治主導”のなれの果て

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第108回】 2010年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 尖閣諸島問題を巡る政権の混迷の陰に隠れていますが、政府内では経済政策の司令塔を巡る混乱もひどくなっています。その両者に共通するのは、政策決定プロセスの混乱と崩壊です。“政治主導”の美名の下で“その場しのぎの政策決定”が繰り返されているのです。

外交史に残る失態

 尖閣諸島問題への政府の対応のひどさには呆れるしかありません。勾留期限前の段階で突然中国船長を釈放するという対応もおかしいですし、その責任を司法に押し付けるやり方も問題と言わざるを得ません。

 政府内の幹部に聞いたところ、中国船長が釈放されるまでに、関係省庁の幹部が集まって官邸側と頻繁に議論をしていたようです。そこでの議論とまったく無関係に那覇地検が突然釈放という判断をするとは思えません。外交に無関係な那覇地検が釈放の理由として“日中関係への配慮”を挙げているのも、その証左ではないでしょうか。

 一方、もし本当に司法に判断を任せていたとしたら、それは今回のような重大な外交問題で政治主導を放棄したと言わざるを得ません。それはそれで大問題ではないでしょうか。

 私は、今回の対応の間違いの責任は前原大臣と仙谷官房長官にあると思っています。そもそも逮捕という方向を主導したのは、当時の前原国交大臣です。前原大臣は、船長が釈放されるまでは「国内法にのっとって粛々とやる」、「ビデオを見れば一目瞭然に分かる」と強気の発言をしていたのに、いざ釈放されると暫く何も発言せず、総理や官房長官に丸投げでした。

 しかし、本来は外務大臣が対中国の最前線に出て来るべきではないのでしょうか。この数日また威勢の良い発言を始めていますが、釈放を司法のせいにしつつ国会では“逮捕は当然”と発言する姿には違和感を感じざるを得ません。

 仙谷官房長官の「司法過程についての理解が(日中間で)ここまで異なるということについて、もう少し我々が習熟すべきだった」という発言に至っては言語道断です。この発言は、鳩山前総理が普天間基地について「学べば学ぶほど米海兵隊の抑止力が分かった」と発言したのと同じレベルです。いったい民主党政権はいつまで学び続けなくてはいけないのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧