ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【ビール大手2社】
借金倍増させて攻めるキリン
財務好転で内向きとなったアサヒ

週刊ダイヤモンド編集部
【第5回】 2010年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「好財務で保守的なキリン」「借金をして攻めるアサヒ」という構図はこの10年で正反対になった。財務状況の変化は、経営マインドや企業体質を変えてしまうのか。

  1990年代、財務の教科書では「キリンビールとアサヒビールの比較」は定番だった。「ピカピカの財務で保守的な業界トップのキリン」対「借金をふくらませキリンを追い上げるアサヒ」といったビール企業両雄の好対照が財務諸表に如実に表れていたからだ。

 アサヒは売り上げ不振で80年代初頭にシェアは約10%まで落ち込み、業界最下位を争っていた。80年代後半には“財テク”に走ったが、バブル崩壊で財務体質はボロボロ。アサヒの90年代10年間の自己資本比率は平均18.8%と“警戒水域”だった。

 それでも、87年に発売した「スーパードライ」が空前の大ヒット商品となり、攻勢に転じ、財務体質を犠牲にして(借金をして)もシェアを奪いにいくというスタンスは明快だった。

 一方のキリンは53年度から不動のシェアトップ。その間に利益は蓄積された。三菱財閥系で「保守的」という風土に加え、グループ企業との持ち合いで1000億円超の株式含み益もあった。自己資本比率は90年代平均で47.5%。多額の借金を背負いがちな巨大装置産業という業態を考慮すると、「ピカピカ」の財務体質だった。

 90年代後半、アサヒは借金の多さから毎年約120億円の利払いが生じていた。営業利益では肩を並べるまでになっていたものの、金融収支を加えた経常利益ではキリンの後塵を拝していた。

 この定番の比較事例は今日の財務の教科書にはない。この10年間でシェアや企業体質など、両社の関係が逆転したからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧