ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

地方政府に手の平を返される日系企業が続出!
理不尽な「工場立ち退き要求」に対抗する方法

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第36回】 2010年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

苦労して軌道に乗せた工場に立ち退き要求?
地方政府の台所事情に振り回される日系企業

 最近、華東地域の沿岸部で「工場の立ち退き」を要求されるケースが増えている。

 数年前に進出したばかりで、苦労を重ねてようやく工場が軌道に乗り始めたところで、「2ヵ月以内に出て行ってください」と立退きを要求される企業もある。こんな形で立ち退きを要求されるなど、日系企業にとっては空いた口が塞がらないだろう。

 これまで工場を積極的に誘致して、土地使用権の販売収入、税収などで収益を上げてきた地方政府も、余っている土地がなくなり、土地利用権の販売収入が期待できなくなっているのが現状だ。

 「これはまずい」ということで地方政府が考えたのが、「工場用地」をできるだけ安い価格で買い戻し、より高い価格で「住宅地、商業地」として売ることで収入を得るという作戦だ。

 日本であれば、「地方政府は地域企業のビジネス環境を長期的な視点で整備する役割を担うべきなのに、そんなに数年でコロコロ方針を変えられたら、ビジネスなどできない」と怒るだろう。

 しかし、中国では地方政府も立派な「事業」であるし、ドッグイヤーで成長を続ける中国では、「2年もすれば環境がガラリと変わるので、方針も変わるのは当たり前」というところだろうか。

 では、自分の会社が地元政府から「立ち退き通知」を受けた場合には、どうすればいいのだろうか。こんな理不尽な立ち退きには応じず、居座る方法はないのだろうか。

 当然、中国でも「立ち退かない」という選択肢もある。知らない方も多いかもしれないが、中国でも私有財産は法律法規上守られている(2007年に私有財産を守ることを取り決めた「物権法」が施行されている)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧