“社会に新たな価値を創出し続ける”を理念に
イノベーションを加速

サインポスト株式会社

世界標準を目指すAI無人決済システム

「ワンダーレジ」はJCBの社員食堂にも設置され、実際に利用されている

 同社の企業理念は「社会に新たな価値を創出し続ける」というもの。イノベーション事業は、まさにその理念を具現化するものだ。

「なぜレジ待ちに長蛇の列ができるのか」という素朴な疑問から、独自の人工知能(AI)による深層学習技術を利用した、無人のAI搭載レジスター「ワンダーレジ」を開発。大学生協で実証実験を重ね、「X–Tech Innovation 2017」で最優秀賞を受賞した。

 18年には、その発展系であるAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を開発。これは、選んだ商品をAIが把握して自動的に購入金額を算出、レジで会計待ちをすることなく、交通系電子マネーで短時間に決済を行えるというシステムで、10月からJR赤羽駅ホームで実証実験を行い、注目を集めている。店舗無人化への大きな一歩だ。

JR赤羽駅で行われたAI無人決済システム 「スーパーワンダーレジ」の実証実験の様子

 「ワンダーレジは20年末までに3万台という販売目標があり、現在事業化に向けて体制を整えつつあります。イノベーション事業は、目先の利益を追わず、長期的な視点で、前人未到の新技術を開発、今までにないビジネスモデルを構築するもの。海外展開も視野に入れており、世界のスタンダードになることを目指しています」

未来を変える先端テクノロジー企業

サインポスト株式会社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-12-20
PMO日本橋本町6F
03-5652-6031(代表)
saiyo@signpost1.com
https://signpost1.com/
主な事業内容
●コンサルティング事業
・金融コンサルティング・公共コンサルティング
●ソリューション事業
●イノベーション事業
創業/設立年
2007年3月1日
資本金
3億5706万7200円
売上高
30億2400万円
従業員数
106人
2019年採用人数(予定)
10人程度

※2018年11月末の情報をまとめたものです

TOP