紙ベースの業務プロセスを変革する
デジタル文書プラットフォーム

生産性向上と顧客体験の変革

アドビがビジネスモデルをクラウド化・サブスクリプション化する大変革を実行したことに伴い、PDFを作成・編集するためのソフトウエア「Acrobat(アクロバット)」もクラウド型に進化した。組織の生産性やユーザーエクスペリエンス向上のためのソリューションとして、グローバルで導入が進んでいる。

 アドビが開発したPDF(Portable Document Format)は、ソフトウエア、ハードウエア、オペレーティングシステムを問わず、デジタル文書を確実に表示・交換することができる世界的な標準フォーマットだ。

 1992年に誕生したPDFは現在、国際標準化機構(ISO)により管理されているオープンスタンダードの一つとなっており、無料で使えるPDFの閲覧ソフト「Acrobat Reader」はオンビジネス、オフビジネスにかかわらず世界中で広く利用されている。

 「PDFをはじめとしたAcrobat関連製品が開発されたのは、パソコンを使う人同士が簡単にデジタル文書をやりとりできるようにするためです。その原則は30年たった現在も変わりません。ただ、人々が共有するコンテンツや使用するデバイスが多様化する中で、われわれはイノベーションを加速させる必要がありました」。こう話すのは、Adobe Document Cloud プロダクトマーケティング担当のマーク・グリリ氏だ。

マーク・グリリ
アドビ
Adobe Document Cloud
プロダクトマーケティング担当
バイスプレジデント

 アドビがさまざまな製品のクラウド化、サブスクリプション化を進める中で、PDFの作成・編集ソフトであるAcrobatもクラウド製品群の一つ「Document Cloud」(以下、DC)として大きく進化した。DCでは、PDFの作成・編集、電子サイン、スキャンなど、業務プロセスや顧客との取引プロセスなどのデジタル化に必要な機能を、サブスクリプションサービスとして提供している。

問い合わせ先

アドビ システムズ 株式会社
〒141-0032
東京都品川区大崎 1-11-2
ゲートシティ大崎 イーストタワー
https://www.adobe.com/jp/

関連記事

ビジネスモデルの大胆な変革で
全ての人にクリエイティブの力を

カスタマージャーニーの全ての段階で
顧客にとって価値ある体験を提供する

TOP