IPO株の銘柄分析&予想
2016年9月9日公開(2016年10月26日更新)
バックナンバー

「IPO株の銘柄分析&予想」

著者・コラム紹介

IPO株の銘柄分析&予想

ザイ・オンライン編集部

「マーキュリアインベストメント」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のファンド運用、投資企業との比較や予想まで解説![2016年10月26日 情報更新]

会社名 マーキュリアインベストメント
市場・コード/業種 東証二部・7190/証券、商品先物取引業
上場日 10月17日
申込期間(BB期間) 9月29日~10月5日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券マネックス証券丸三証券岩井コスモ証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★最高★5つ

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

マーキュリアインベストメントのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 9月28日
ブックビルディング(抽選申込)期間 9月29日~10月5日
公開価格決定 10月6日
購入申込期間 10月7日~10月13日
払込日 10月14日
上場日 10月17日

マーキュリアインベストメントのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2016年9月30日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短4日で取引可能!]
86.1
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短2日で取引可能!]
3.5
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短3日で取引可能!]
3.5
公式サイトはこちら!
丸三証券
0.9
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短4日で取引可能!]
0.9
公式サイトはこちら!
岡三証券 2.6  
SMBCフレンド証券 1.7  
エース証券 0.9  

マーキュリアインベストメントのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 1640
仮条件
[予想PER(※2)
1400~1450円
8.7倍~9.0倍]
公募価格 1450円
初値 1390円
初値騰落率 -4.14%
予想トレーディングレンジ(※3) 1000円~2500円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。

■類似会社3社の予想PER(2016年9月26日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 10.1倍
FVC<8462> 倍(連)
日本アジア投資<8518> 11.3倍(連)
ジャフコ<8595> 8.8倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

マーキュリアインベストメントの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 443万7000株(予定)
公開株式数 公募53万1000株  売出38万1100株
(オーバーアロットメントによる売出13万5100株)
想定公開規模(※1) 17.2億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

DBJなど出資の投資会社が2部上場

 ファンド運用事業、自己投資事業を展開する。日本政策投資銀行(DBJ)と独立系ヘッジファンドであるあすかアセットマネジメントの合弁会社として2005年に設立。2015年には伊藤忠商事<8001>に対して第三者割当増資を実施し、これら企業と協業している。運用資産残高(AUM)は2015年12月期で1,826億円。投資実績としてはライフネット生命<7157>などが挙げられる。

 人気の高まりづらい東証2部上場案件で、投資ファンド運営という事業内容もIPO市場で特段人気があるとは言えない。また、公開規模も東証2部上場案件としてはやや荷もたれ感がある。

 公開規模については10億円台後半となる見込み。ベンチャーキャピタルの保有株は確認されず、上場日も前後のIPOと数日程度間があるものの、公開規模が初値の重しとなるだろう。

◆「マーキュリアインベストメント」IPOに申し込める
 おすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短4日で取引可能!]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短2日で取引可能!
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短3日で取引可能!
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短4日で取引可能!
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

マーキュリアインベストメントの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2012/12 1,413
(―)
1,156
(―)
241
(―)
2013/12 1,174
(-16.9%)
706
(-38.9%)
419
(73.3%)
2014/12 622
(-47.0%)
297
(-57.8%)
178
(-57.5%)
2015/12 760
(22.1%)
382
(28.4%)
331
(86.4%)

■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/12 1,616
(―)
966
(―)
739
(―)
2015/12 2,047
(26.7%)
900
(-6.9%)
620
(-16.1%)
2016/12 2,270
(10.9%)
1,048
(16.4%)
717
(15.5%)
2016/6 2Q 1,405
(―%)
690
(―%)
476
(―%)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円、連結:161.60円/45.00円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

マーキュリアインベストメントの業績コメント

 2016年12月期の業績は、売上高が前期比10.9%増の22.7億円、経常利益が同16.4%増の10.4億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元では、ファンドにおける運用資産残高が同社の重要な収益の源泉の一つであり、新規の運用資産の獲得が重要な課題となっている。

 同社グループではクロスボーダーをコンセプトとし、「成長投資戦略」「バリュー投資戦略」「バイアウト投資戦略」「不動産投資戦略」「キャッシュ・フロー投資戦略」に基づく投資運用により投資リターン向上を目指しており、今後は各戦略をもとに新規ファンドの立ち上げで、更なる運用資産の積み上げを目指している。

 具体的には、バイアウト戦略の一つとして事業会社の支援をテーマとしたファンドや、キャッシュ・フロー投資戦略として事業用不動産、リース目的の航空機を投資対象としたファンドの新規設立を予定。2015年12月31日現在の運用資産残高は、1,826億円であり、今後も引き続き、新規AUM(運用資産残高)を拡大させていく方針としている。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高14.0億円で61.9%、経常利益6.9億円で65.8%となっている。

マーキュリアインベストメントの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都千代田区内幸町一丁目3番3号 内幸町ダイビル
代表者名(生年月日) 豊島 俊弘(昭和37年9月20日生)
設立 平成17年10月5日
資本金 4億2905万円(平成28年9月9日現在)
従業員数 新規上場会社25人 連結会社38人(平成28年8月31日現在)
事業内容 ファンド運用事業、自己投資事業

■売上高構成比率(2015/12期 実績)
品目 金額 比率
ファンド運用事業 1,584 百万円 77.4%
自己投資事業 463 百万円 22.6%
その他 - 百万円
合計 2,047 百万円 100.0%

■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 (株)日本政策投資銀行 140万株 35.84%
2 伊藤忠商事(株) 105万2000 26.93%
3 あすかホールディングス(株) 37万8000 9.68%
4 谷家 衛 37万株 9.47%
5 三井住友信託銀行(株) 19万4000 4.97
6 豊島 俊弘 16万2000株 4.15%
7 (同)ユニオン・ベイ 13万2000株 3.38%
8 石野 英也 9万6000株 2.46%
9 許 暁林 5万株 1.28%
10 中井 竜馬 4万2000株 1.08%
合計   387万6000 99.23%

■その他情報
手取金の使途 今後組成を予定しているファンドへの自己投資資金(間接投資となる場合を含む)として充当予定。
関係会社 Spring Asset Management Limited(連結子会社)投資運用事業
MIBJ Consulting(Beijing) Co., Ltd. (連結子会社)投資運用事業
ADC International Ltd. (連結子会社)投資運用事業
合同会社イズミ(連結子会社)投資運用事業
一般社団法人イズミ(連結子会社)投資運用事業
ADP-CE投資事業有限責任組合(連結子会社)投資運用事業
IJW事業組合(持分法適用関連会社)投資運用事業
その他、関係会社3社
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2015年12月28日
割当先 三井住友信託銀行(株)
発行価格 950円 ※株式分割を考慮済

◆「マーキュリアインベストメント」IPOに申し込める
 おすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短4日で取引可能!]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短2日で取引可能!
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短3日で取引可能!
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短4日で取引可能!
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

マーキュリアインベストメントの銘柄紹介

 同社グループは、同社、連結子会社6社、非連結子会社4社、持分法適用関連会社1社及び持分法非適用関連会社1社により構成され、国内外投資家の資金を投資事業組合等のファンドを通じて運用を行うファンド運用事業、自己資金の運用を行う自己投資事業を主たる業務としている。

 投資運用は「クロスボーダー」をコンセプトに行っており、投資対象の性質により事業投資と資産投資に大別される。

(1)成長投資戦略:[事業投資]

 伝統的な金融業と新たな技術の融合といった、既存のビジネスの枠組みにとらわれずに挑戦する事業への投資を行い、投資リターンをもたらしている。
主に次のような要素に着目している。

 ・マクロ経済の成長に伴い需要の伸びが予想される新しいサービスの展開
 ・社会構造の変化に合わせた変化が求められる既存産業においての新たなビジネスモデル
 ・モノ造りに関する管理の技術やノウハウ等の日本の優れた特性を活かすことができる分野の海外市場への展開

 このような観点で主要プレーヤーとなりうる企業に対し、中長期的な視野による投資を行い、一時的な状況の変化に左右されない資金面、事業面等の分野での継続的なサポートを提供する。

(2)バリュー投資戦略:[事業投資][資産投資]

 バリュー投資とは理論的な価格より安く取引される事業・資産への投資。様々な投資家の投資サイクル等の関係で、安定的な資産及び事業であっても理論的な価格よりも安い価格で取引されることがある。同社グループは、グループ会社や役職員のネットワークを活用することでそのような機会を見つけ、ローン債権(流動化された貸付金)や不動産などキャッシュ・フローを伴う投資資産を中心にバリュー投資を行っている。

(3)バイアウト投資戦略:[事業投資]

 バイアウト投資とは、企業への株式投資により経営に参画し、事業の拡大や再編、構造改革など、より企業価値の向上を目指す投資。

 経営の改善で企業価値向上の余地のある企業を友好的に買収し、投資先経営陣と共に経営改革の推進、投資先企業の成長および企業価値向上を目指す。特にグループ会社のネットワークやリソースも活用した新たな成長シナリオを描くことで企業価値の向上を図る。

(4)不動産投資戦略:[資産投資]

 地域毎に異なる経済発展レベルや経済環境に照らし合わせた不動産投資によりリスクに見合ったリターンが得られる不動産投資を目指している。

(5)キャッシュ・フロー投資戦略(CF投資戦略):[資産投資]

 社会インフラ関連、賃貸不動産など、安定的なキャッシュ・フロー収入が期待できる資産に対するファンド投資を通じ、一定のキャッシュ・フローをもたらす金融商品として投資家へ提供している。

マーキュリアインベストメントの投資のポイント

 人気の高まりづらい東証2部上場案件で、投資ファンド運営という事業内容もIPO市場で特段人気があるとは言えない。また、公開規模も東証2部上場案件としてはやや荷もたれ感がある。

 今年のIPOで東証2部上場は4社目となるが、過去3社の公開価格に対する初値騰落率は平均+2.1%と低調だった。ただ、3月上場の中本パックス<7811>(公開規模18.9億円)は+0.7%、イワキポンプ<6237>(13.8億円)は+2.5%、4月上場のジャパンミート<3539>(48.8億円)は+3.0%といずれも公開価格を下回っておらず、初値から公開価格割れまで下値を売りに行く投資家は少ないようだ。

 同社グループは、日本政策投資銀行(DBJ)と独立系ヘッジファンドであるあすかアセットマネジメントの合弁会社「あすかDBJパートナーズ」として2005年に設立。2015年には伊藤忠商事<8001>に対して第三者割当増資を実施し、これら企業と協業している。クロスボーダーをコンセプトとした投資運用を行い、投資戦略は成長投資、バリュー投資、バイアウト投資、不動産投資、キャッシュ・フロー投資に大別される。

 運用資産残高(AUM)は2015年12月期で1,826億円。これまでの投資実績としてはライフネット生命<7157>などが挙げられる。なお、子会社のSpring Asset Management Limitedで香港証券取引所へ上場しているSpring REITの管理運営を行っており、Spring REITからの営業収益が連結営業収益全体の47.4%に上る(2015年12月期)。

 業績面について、2016年12月期は売上高が前期比10.9%増の22.7億円、経常利益が同16.4%増の10.4億円と増収増益の見通しとなっている。なお、第2四半期までの進捗率が経常利益で65.8%と比較的高いが、自己投資事業において1ファンドにおける債権回収に起因する一時的な持分利益が含まれることなどが要因に挙げられている。

 想定仮条件水準の今期予想PERは10倍前後で、類似企業と比べ妥当な水準だろう。期末配当は1株当たり45.0円を予定しており、想定公開価格ベースの予想配当利回りは2.7%となる。

 公開規模については10億円台後半となる見込み。日本政策投資銀行が1,400,000株(上場時発行済株数の31.6%)、伊藤忠商事が1,052,000株(同23.7%)、あすかHDが378,000株(同8.5%)を保有しており、その他ベンチャーキャピタルの保有株は確認されない。

 上場日は10/12のKHネオケム<4189>、10/21のユーザベース<3966>とそれぞれ数日程度間を置いており、需給環境はさほど悪くない。しかし、東証2部上場案件としてはやや大きい公開規模が初値の重しとなるだろう。

◆「マーキュリアインベストメント」IPOに申し込める
 おすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短4日で取引可能!]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短2日で取引可能!
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短3日で取引可能!
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短4日で取引可能!
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!


[データ提供・銘柄分析]フィスコ 

【12月の「IPO祭り」の解説記事はこちら!】
「IPO祭り」に上場する全15銘柄の情報を大公開。話題の自動運転技術ベンチャーの「ZMP」に要注目!

IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2016年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!

【2016年12月1日更新!】
本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
【2016年版】IPO取り扱い数で選ぶ おすすめ証券会社

※関連記事⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

2015年実績 ネット配分・
抽選方法
口座数
(稼働口座数)
NISA対応
主幹事数 取扱銘柄数
 ◆SBI証券
8社 78社 70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
365万
(−)
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、
多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなり資金力がある人ほど有利になる。当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」は、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのがメリットだ。
SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆SMBC日興証券
24社 72社 10%:1人1票の平等抽選
273万
(−)
【ポイント】
大手証券の中でもIPOには力を入れており、2015年の主幹事数は野村證券に続く実績。2015年における初値騰落率1位のロゼッタ(初値騰落率433.1%)、3位のネオジャパン(初値騰落率401.7%)の主幹事も務めている。
1人1単元しか申し込めないので、資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ◆マネックス証券
0社 50社 100%:1人1票の平等抽選
164万
(100万)
【ポイント】
毎年多くのIPO銘柄を取り扱っており、2015年には、主幹事こそないが50社ものIPO銘柄を取り扱った。割り当てられたIPO株の100%すべてを1人1票の平等抽選で配分。取引実績や資金量に当選確率が左右されないのは、個人投資家にとっては大きな魅力だ。
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆岩井コスモ証券
0社 41社 10%以上:1人1票の平等抽選

(−)
×(※1)
【ポイント】
中堅証券会社でありながら、2015年の取扱銘柄数は41社と、大手証券会社に引けをとらない実績を持つ。しかも、2015年に初値が5倍以上に高騰したIPO株は3銘柄あるが、岩井コスモ証券はそのすべてを取り扱っている。1人1票の平等抽選で、申し込み単元数は10単元まで。
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
 ◆東海東京証券
5社 27社 10%:1単元1票の平等抽選
41万
(−)
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの、多くのIPO銘柄を扱っており、2015年は5銘柄で主幹事も務めた
東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
東海東京証券の公式サイトはこちら
※ 口座数、稼働口座数は2016年3月末時点。

 

IPOの取り扱い数が多いだけでなく
主幹事の銘柄数も多くて当たる確率大!
IPO投資には必須!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SMBC証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!