投資信託おすすめ比較[2017]
2016年9月30日公開(2017年3月21日更新)
バックナンバー

「投資信託おすすめ比較[2017]」

著者・コラム紹介

投資信託おすすめ比較[2017]

投資信託のおすすめ比較ランキングや、人気の投資信託の最新情報を大公開! 投資信託の基準価額、分配金、利回りなどの最新ランキング・情報をいち早く紹介!

ザイ・オンライン編集部

日経平均株価が年初から約10%も下落した相場でも、
15%超も上昇した日本株が投資対象の投資信託も!
2016年1~7月の勝ち組「日本株投資信託ベスト10」

 日経平均株価が年初から10%以上も下落する相場環境だったにもかかわらず、実は15%以上も上昇した日本株を投資対象とする投資信託がいくつもあった! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ(11月号)に掲載された「日経平均株価に勝った日本株投資信託&人気投信の実力審査」から、2016年1~7月の勝ち組投資信託ベスト10を公開!

円高などの影響を受けにくい中小型株に
特化した投資信託が好成績を達成する結果に!

 年初から日本株の不調が続いている。今年1月4日に1万8450円だった日経平均株価は、2月15日に1万4952円と19%も下落。5月にはいったん1万7500円台まで持ち直したものの、6月には再度1万5000円割れを記録。そして7月29日の終値は1万6569円と、1月4日からみると10.2%も下落した。結局、9月29日の終値も1万6693円と、年初には遠く及ばない。

 しかし、日本の株式市場全体が停滞ムードになっているのかと思いきや、実は日本株を投資対象としながら好成績を挙げている投資信託もある。しかも、なかには1~7月で基準価額が15%以上も上昇した投資信託もあるのだ。重ねて言うが、同じ時期に日経平均株価が10%以上下落していたにもかかわらず、だ。これは大変な好成績と言える。

 日本株を投資対象にした投資信託の中で、好成績を達成した上位10本を示したのが下の表だ。投資信託の名前を注意深く見ればわかるように、好成績を達成した上位10本のほとんどは中小型株を対象にした投資信託だ。投資対象を中小型株に限定しない投資信託では、2位の「JPMジャパン・テクノロジー・ファンド」、8位の「攻守自在[BNYメロン・日本株式ファンド市場リスク管理型]」、9位の「JPMザ・ジャパン」がランクインしているが、7月の組み入れ上位に大型株を入れているのは、8位の「攻守自在[BNYメロン・日本株式ファンド市場リスク管理型]」のみとなっている。

※1~7月の成績は、税引前分配金再投資基準価額の上昇率。※純資産が10億円以上で、インデックス型、毎月分配型、通貨選択型や確定拠出年金向けやラップ口座向け、ベア・ブル型を除く。
拡大画像表示

 なお、1位の「いちよし・インベスコ中小型成長株オープン」の運用会社であるインベスコ・アセット・マネジメントが運用する「インベスコ・ニッポン新興成長株ファンド」と「インベスコ店頭・成長株オープン」もほぼ同じ成績だった。

 好成績だった投資信託のほとんどが中小型株を投資対象としていたことについて、楽天証券経済研究所・ファンドアナリストの篠田尚子さんは「為替」の影響を挙げる。2016年1月には1米ドル=120円台だった米ドル/円のレートが、7月には1米ドル=100円を割れるまで円高が進んだのだ。

 「円高が進行したことで、自動車をはじめとする大型株は不振となり、大型株を対象にした投資信託の成績もマイナスになりました。でも、中小型株に特化した投資信託や、大型株にも小型株にも投資するブレンド型の投資信託の場合、中小型株にもともと内需系が多い関係で、為替の影響を受けなかったり、下落を回避することができました。つまり、1~7月は中小型株を多く組み入れている投資信託が力を発揮しやすかったのです」(篠田さん)

 逆に言えば、この局面でプラスのリターンを取れなかった中小型株を投資対象にした投資信託には銘柄選択などにおいて「何らかの理由がある」(篠田さん)ことになる。銘柄の「目利き」が問われる局面だったといえそうだ。

 ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦さんは「今の流れは、大型株に投資する投資信託より中小型株に投資する投資信託」と言う。

 「あまり知られていない、アナリストがカバーしていない中小型株を買うほうがリターンを上げやすい環境です。そうした株を発掘してくれるのが中小型株を投資対象にした投資信託。その意味で、投資信託のレポートに記載されている組み入れ上位銘柄は、個別株投資をしている個人投資家にも重要な情報と言えるでしょう」(深野さん)

 ただ、現在の環境がずっと続くとは限らず、大型株が優位になる局面が来ることも予想される。

 「大型株が上昇して市場全体が上がるような場合、中小型株は注目度が下がってしまい、置いてけぼりになる可能性はあります」(篠田さん)

 また、中小型株は値動きが大きい。個別株でも一度下がると取り戻すのには時間がかかるが、投資信託の場合はより大変で、「1回大きく下げてしまうと資金流出が加速して、下落分を取り戻すのはかなりハードルが高くなる」(篠田さん)リスクもある。

 大型株中心に投資する投資信託と、今回好成績を上げた中小型株に投資する投資信託を併せて持つことが、中長期的な好成績を上げるためには効果的といえそうだ。
(関連記事はこちら!⇒みんなが注目、買っている投資信託を比較&チェック! 投資信託おすすめ比較

【関連記事】
■インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!>>

■資産運用のキモは積立+株価暴落時のスポット買い! リーマン・ショック後の大量買いで資産を増やしたインデックス投資家・虫とり小僧さんの手法を公開!>>

【2017年5月2日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2448本 1095本 2335本 500円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数は、ネット証券ではトップ。SBI証券の投資信託でもっとも大きなメリットは、対象投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」があること。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。また、銘柄検索ツール「パワーサーチ」やファンド選びをサポートするツール「SBI‐ファンドロボ」などの機能も充実。最近では、低コストな個人型確定拠出年金にも力を入れている。ただ今、新規口座開設キャンペーン中。2017年3月31日までに口座開設を申し込み、4月28日までに投資信託(ノーロード以外)を30万円以上買い付けると、金額に応じて最大で現金1万5000円をプレゼント!
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2416 1109 2301 1000円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まるポイントサービスは大きなメリット。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえるようになる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。手数料は業界最安水準で10万円からはじめられるので、投信初心者でも利用しやすい。2017年6月30日までの期間限定で、最大1万円の投信買付代金をプレゼントするキャンペーンを実施中!
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1018本 586本 966本 500円
【特徴・メリット】
投資信託の本数増加により、3位にランクアップ。手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。「プレミアム積立」は500円から可能で、スマホ・タブレットからも手続きができる。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つのが「セレクション」。ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
990本 546本 852本 1000円
【特徴・メリット】
ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。2016年9月から1万円から始められる個人投資家向けロボ・アドバイザーサービス「MSV LIFE」開始。投資信託購入時の申込手数料の1.5%分がマネックスポイント(1ポイント=5円相当)でプレゼントされる。また、月中平均残高の0.08%分の1/12が月ごとにポイントでプレゼントされる。航空会社のマイルやSuica、ショッピングなどのポイントと交換可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
5位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
894本 300本 567本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!