投資信託おすすめ比較[2019]

(2019年12月3日更新!)
投資信託のおすすめ比較ランキングや、人気の投資信託の最新情報を大公開! 日本一売れているマネー情報誌「ダイヤモンドZAi」が投資信託の基準価額、分配金、利回りなどの最新ランキング・情報をいち早く、わかりやすく紹介! また、人気FP(ファイナンシャルプランナー)の深野康彦さんが投資信託の最新事情や正しい買い方、毎月分配型投資信託の見分け方などを伝授する連載記事も掲載。この「投資信託おすすめ比較」で毎月の積み立てやNISAで買うべき投資信託を見つけ出そう!

【2019年12月3日時点】
【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細ページへ
2655本 1345本 2537本 100円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能。さらに、オススメのファンドや金額配分まで提案してくれる。さらに、インターネットコースで積立をすると、すべての投資信託の買付手数料が0円に! また、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もメリット。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。2019年7月から「Tポイント」で投信の買付が可能になった。また、SBI証券の取引でもTポイントが貯められる
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】投資信託取扱本数ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細ページへ
2637 1362 2493 100円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高ごとに楽天証券ポイント、または楽天スーパーポイントが貯まる。また、積立の場合は買付手数料全額分がポイントバックされるので、実質的にすべての投資信託がノーロードになる。ポイントは投資信託の買付や投信積立の代金にも利用可能だ。また、投信積立の際に「楽天カード」のクレジット払いにすると毎月の購入で1%の楽天スーパーポイントが付与される。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」最大5銘柄の基準価額を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。また、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」もある。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
3位 ◆松井証券 ⇒詳細ページへ
1183本 1183本 956本 100円
【特徴・メリット】
2016年11月に投資信託の販売をスタートしてから、取り扱い本数が急速に増えており、現在はランキング3位まで上昇。さらに、2019年12月9日から、すべての投資信託の販売手数料が無料になったのも大きなメリットだ。2019年6月には投信ページをリニューアル。人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が向上した。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。投資信託の残高や購入時手数料に応じ、「松井証券ポイント」が貯まるのもメリット。また、クレジットカード「MATSUI SECURITIES CARD」の利用でもポイントがゲットできる。ポイントは投信積立に利用したり、Amazonギフト券などの商品と交換が可能だ。新規口座開設+期間中に合計5000円以上投資信託を積み立てると、最大10万名に現金1000円が当たるキャンペーンを実施中! 2020年の3月31日(火)まで。
※2019年12月9日から、すべての投資信託の販売手数料を無料に変更。
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード 積立対応
3位 ◆マネックス証券⇒詳細ページへ
1183 798本 1105 100円
【特徴・メリット】
積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより、買付手数料が全額キャッシュバックされ、実質ノーロードに! ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。また、自分の状況に合った投信選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」もある。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「MSV LIFE」と、5万円から始めて国内ETFのみで運用を行う低コストなアドバイス型「Monex Advisor」がある。なお、投資信託を買うと、申込手数料の1.5%分に加え、毎月「平均残高×0.08%×1/12」分のマネックスポイントをプレゼント! 現在、投信を合計20万円以上購入すると、抽選で3万円分のマネックスポイントが当たるキャンペーンを実施中。2020年1月31日まで。"
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
4位 ◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細ページへ
1140 702 1092 100円
【特徴・メリット】
手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。「プレミアム積立」は100円から可能。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【関連記事】
◆【auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
6位 ◆SMBC日興証券⇒詳細ページへ
1029 538本 682本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。2018年10月には、61本の投資信託の購入手数料を引き下げ、うち40本を無料にしたことで、ノーロード投信が500本以上に増加した。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。投資信託選びやポートフォリオの管理ができる「fund eye Plus」は、約5000銘柄の国内投信に対応。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。2020年1月31日まで最大3万円分のdポイントが当たるキャンペーン中。「投信つみたてプラン」に申し込み、ダイレクトコースで月額1万円以上引き落としをすることが条件。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード 積立対応
7位 ◆野村證券⇒詳細ページへ
1028本 45本 591本 1000円
【特徴・メリット】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! お気に入りファンドを10銘柄×5グループに分類して登録し、まとめて値動きなどをチェックできる。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富で、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。投資信託業界の潮流や変化、最近の投資戦略、トレンドといった最新情報が満載の投資信託情報誌「Nomura Fund21」も隔月で発行している。インターネット取引用の口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。現在、世界経済の成長に投資する特定7ファンドの投信積立について、毎月の買付金額が合計50万円までの購入時手数料相当額をキャッシュバックするキャンペーン中。2023年12月29日(金)まで。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・野村證券の公式サイトはこちら
8位 ◆フィデリティ証券⇒詳細ページへ
656本 656本 649本 1000円
【特徴・メリット】
2019年11月から、取引のペーパーレス化手続き「オンライン0%宣言」をすると、投資信託の販売手数料が無料に(インターネット取引のみ)。無料条件は、電子交付サービスなどの申込み手続きを行い「オンライン0%宣言」を行うこと。また、各種ランキングや新規取り扱いファンド、分配金実績、リスク・リターンマップなど、様々な検索条件でファンドが選べる。2016年6月にファンド詳細ページがリニューアルされ、リターンとリスク、ファンド比較、純資産額やパフォーマンス履歴がグラフで見やすくなった。NISA口座はいつでもファンド申込手数料無料。ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」は月々1000円から、購入時手数料は0%(無料)で積立が可能だ。。ボーナス積み増しも可能だ。手数料優遇プログラムがあり、投資信託の手数料は、預かり資産残高1000万円以上(50%割引)、2000万円以上(75%割引)、3000万円以上(無料)となる。最新マーケットレポートも充実口座開設から最大3カ月間、投資信託の購入時手数料が無料になる「スタート0%プログラム」を実施中。
※取引のペーパーレス化手続き「オンライン0%宣言」をした後のインターネット取引の場合
【関連記事】
◆【証券会社比較】フィデリティ証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・フィデリティ証券の公式サイトはこちら
9位 ◆岡三オンライン証券⇒詳細ページへ
526本 355本
(517本
516本 100円
【特徴・メリット】 「ZEROファンドプログラム」により、一部ファンドを除き、購入時手数料のかかる投資信託でも、手数料相当額が消費税分を除きキャッシュバック!。「ファンド詳細検索」が便利。また、ロボ・アドバイザー「投信ロボ」が自分に合ったファンドを提案してくれる。最大10ファンドをグラフ比較できる「ファンドバック」機能も役に立つ。各月のおすすめ「ピックアップ投資信託」は過去の「ピックアップ投資信託」の6カ月パフォーマンスもチェックできる。信用取引の手数料は、投資信託の残高に応じて(1000万円、3000万円以上)、割引き、または無料になる。個人型確定拠出年金(iDeCo)「岡三のDCプラン(個人型)」も取り扱っている。また、投信サービスがスマホで見やすくリニューアル。投資積立で条件を満たすと、抽選で現金3000円が当たるキャンペーンを実施中。2020年3月31日(火)まで。
※「ZEROファンドプログラム」を使って実質ノーロードで購入できる本数
【関連記事】
◆「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得!
◆「岡三オンライン証券」の「IPO(新規公開株)」取扱数が急増中で、IPO投資に必須のネット証券へ! 岡三証券との連携強化で、全IPOの7割が申込可能に!?

◆【岡三オンライン証券のおすすめポイントは?】トレーダーに人気の高機能トレードツールと岡三証券グループの投資情報が魅力!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード 積立対応
10位 ◆岩井コスモ証券⇒岩井詳細ページへ
322本 57本
【特徴・メリット】
投信本数はネットの取扱い分。2019年4月末に投信情報ページ拡充。個別ファンドのモーニングスターレーティング表示や、マイファンドページ・お気に入り機能、ファンド比較、検索、ランキング表示、さらにスマートフォンの見やすい表示が可能になった。2019年12月30日まで、投資信託の購入手数料(税込)を全額キャッシュバック(キャッシュバック上限金額30万円)するキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【証券会社比較】岩井コスモ証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・岩井コスモ証券の公式サイトはこちら
11位 ◆立花証券⇒詳細ページへ
256本 126本
【特徴・メリット】
2019年5月から、投資信託選びに役立つ新ツール「ファンド検索」が登場。カテゴリ別・地域別などの分野から検索できる。週間・月間の買付ランキングも見られる。また、投資信託コラムが情報入手や運用をする上で役に立つので、ぜひ活用したい。
【関連記事】
◆【証券会社比較】立花証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・立花証券の公式サイトはこちら
12位 ◆丸三証券⇒詳細ページへ
123本 10本 67本 1万円
(1000円
【特徴・メリット】
「投資信託積立プラン」で1万円から積立可能。指定の投資信託への乗換注文では、手数料が割引になる「スイッチング注文」がある。外国株式型、外国債券型の投資信託が充実。外貨MMFスプレッドは米ドル50銭、豪ドル1円。投信について学べる「「はじめての投資信託」がリニューアル。投資信託の仕組みから選び方までを3つの章で紹介している。
※つみたてNISAは最低1000円/月から
【関連記事】
◆【証券会社比較】丸三証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・丸三証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード 積立対応
13位 ◆GMOクリック証券⇒詳細ページへ
116本 98本 116本 100円
【特徴・メリット】
すべてのファンドが100円から積立可能。取扱いファンドを「バランスファンド」「インデックスファンド」「アクティブ・テーマ型」の3種類に分けて紹介しており、投資目的に合ったファンド探しに役立つ。投信メール配信サービスがあり、約定通知やファンド償還・分配金発生などをメールで通知してくれる。
【関連記事】
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
14位 ◆内藤証券 ⇒詳細ページへ
86本 7本
【特徴・メリット】
国内外の株式型、債券型、バランス、ブル・ベア、ESG投資、投信をランキングから選んだり、5つまで比較したりできる。各ファンドのモーニングスターレーティングがチェック可能。
【関連記事】
◆【証券会社比較】内藤証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・内藤証券の公式サイトはこちら
15位 ◆むさし証券 ⇒詳細ページへ
59本 26本
【特徴・メリット】
ランキングやカテゴリーから投資信託を選択。NISAにおすすめの投資信託も紹介されている。
2018年10月から投信ページがリニューアルされ、より検索がしやすくなった。ファンド一覧では5つまでファンド比較が可能だ。2017年10月より低コストなファンドiFreeシリーズ取り扱い開始。
【関連記事】
◆一約定ごとで安いネット証券会社はどこだ? 株の売買手数料を比較したら、あのネット証券会社が安かった!

◆【むさし証券のおすすめポイントを解説】現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト!注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・むさし証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低
積立金額
全体 ノーロード 積立対応
16位 ◆ライブスター証券⇒詳細ページへ
1本 1本 1本 1万円
【特徴・メリット】
買付可能な投資信託は現在「ひふみプラス」のみ。「ひふみプラス」は設定来好成績継続中のノーロードファンドだ。定時定額購入が可能で、つみたてNISAにも対応している。
【関連記事】
◆一約定ごとで安いネット証券会社はどこだ? 株の売買手数料を比較したら、あのネット証券会社が安かった!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・ライブスター証券の公式サイトはこちら
※情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報については各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

投資信託おすすめ比較[2019]の記事一覧

ダイヤモンドZAi(ザイ) 2020年1月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報