IPO株の攻略&裏ワザ情報!
2018年1月5日公開(2018年1月5日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

2018年は「メルカリ」「ビットフライヤー」が上場?
今年のIPO市場の予測とともに、初値騰落率などの
「2017年 IPO投資ランキング」も発表!

 2017年は、日経平均株価が大きく値上がりする中、数多くのIPO(新規上場)株が登場したが、市況の追い風もあり、初値で高騰する銘柄も少なくなかった。今回は、投資情報サービ会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純(こばやし・ひろずみ)さんを直撃取材! そんな2017年のIPO市場を総括してもらうとともに、2018年のIPO市場の動向やIPOが期待できる銘柄をズバリ教えてもらった。

2017年に上場した全90銘柄のうち
90%以上が初値で公開価格を上回った!

 2017年の1年間に新規上場したIPO銘柄は、昨年の83社より増えて、全部で90社だった。そのうち、初値が公開価格を上回ったのは82社、勝率にして91.1%という非常に良い成績となった。

■初値が上がった銘柄と下がった銘柄の比率 ※初値の公開価格に対する騰落率
  銘柄数
(カッコ内は前年実績)
比率
(カッコ内は前年実績)
初値が公開価格より高い
(初値騰落率がプラス)
82社
(67社)
91.1%
(80.7%)
初値が公開価格と同じ
(初値騰落率が±0)
0社
(1社)
0.0%
(1.2%)
初値が公開価格より安い
(初値騰落率がマイナス)
8社
(15社)
8.9%
(18.1%)

 つまり、IPO株に当選して公開価格で購入できた人は、何も考えずに初値で売るだけで、9割以上の確率で儲かったということ。しかも、そのうち半数近くは初値が2倍以上に高騰している。この数字からもIPO投資が、高い確率で儲かる「ローリスクハイリターンの投資」だということがわかる。

 「2017年は、株高の影響によって個人投資家の懐は温かくなっています。その資金をIPOが引き受けた格好ですね」(小林さん)

 特に「最後の11月12月にラッシュが来て、IPO市場全体が盛り上がった」と小林さんは言う。

 「もともと11月のIPOは初値が跳ねやすいと言われているのですが、特に今年は11月21日に上場したサインポスト(3996)の初値が3.8倍以上に高騰したことで、それ以降、IPO市場全体に勢いがつきました。日経平均株価も、ちょうど2万3000円前後で足踏みしていて既存銘柄も重かったことから、需給にシコリがないIPO株に物色が集まったのです」(小林さん)

 一方、上場後に値上がりした銘柄数と値下がりした銘柄数を集計したのが下の表だ。

■上場後に上がった銘柄と下がった銘柄の比率 ※2017年12月26日時点の終値と初値を比較
  銘柄数
(カッコ内は前年実績)
比率
(カッコ内は前年実績)
上場後に初値より上昇 48社(33社) 53.3%(39.8%)
上場後に初値より下落 42社(50社) 46.7%(60.2%)

 表を見ると、約半数以上のIPO銘柄は、新規上場後に値上がりしている。2016年の勝率が4割弱だったことを考えると、2017年は上場後のIPO株を買う「セカンダリー投資」も好調だったことがわかる。これは、株式市場全体が上昇傾向にあったことが、大きな要因だろう。

初値騰落率のトップは「トレードワークス」
1単元買うだけで100万円以上の利益に!

 次に、公開価格に対する初値騰落率が髙かった銘柄トップ10を見てみよう。

■2017年・IPO初値騰落率トップ10 ※初値の公開価格に対する騰落率を比較
順位 騰落率 銘柄
(コード)
業種 上場日 最新株価チャート
1位 +518.18% トレードワークス
(JQ・3997)
情報・通信業 11/29
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2位 +401.00% ウォンテッドリー
(東M・3991)
情報・通信業  9/14
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3位 +361.08% ビーブレイクシステムズ
(東M・3986)
情報・通信業  6/15
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4位 +337.33% ポエック
(JQ・9264)
卸売業 11/28
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
5位 +325.17% ユーザーローカル
(東M・3984)
情報・通信業  3/30
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
6位 +320.67% シャノン
(東M・3976)
情報・通信業  1/27
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
7位 +313.24% エル・ティー・エス
(東M・6560)
サービス業 12/14
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
8位 +287.73% サインポスト
(東M・3996)
情報・通信業 11/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
9位 +281.82% インターネットインフィニティー
(東M・6545)
サービス業  3/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
10位 +271.67% 力の源ホールディングス
(東M・3561)
小売業  3/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

 ランキングを見ると、初値騰落率は+518.18%のトレードワークス(3997)が、2位以下を引き離してトップとなった。トレードワークスのIPO株を1単元(22万円)買えていたら、上場後の初値で売るだけで、なんと114万円も儲かった計算だ。10位の力の源ホールディングス(3561)でさえ+271.67%も上昇している。

 2016年の初値騰落率トップであるグローバルウェイ(3936)が+372.97%、10位のハイアス・アンド・カンパニー(6192)が+189.47%だったことを考えると、2017年は、全体的に初値が大きく跳ねた銘柄が多かったことがわかる。

 「1位のトレードワークスが手がけている証券会社やFX会社のシステムは、足元の需要が強い。公開規模が5億円強と小さいことに加え、先ほど言ったサインポストの高騰の後という追い風もあって、初値が高騰しました。2位のウォンテッドリー(3991)の初値高騰は、業績や成長性というよりも、需給が極端に偏っていたのが原因です。一定の知名度があるのに対し、公開規模が1.5億円程度と非常に小さかった。資金がジャブっと入ってあふれた感じですね」(小林さん)

 初値騰落率トップ10に入っている銘柄を見ると、業種が「情報・通信業」、市場が「東証マザーズ」が多いことに気がつくだろう。

 「これは例年のことですが、情報・通信業、いわゆるIT企業は成長イメージが強く、その時々の投資テーマにヒモ付きやすいので、個人投資家には好まれやすいんです。東証マザーズも、東証1部や東証2部、地方市場にくらべると、『これから大きく成長するベンチャー企業が集まる市場』というイメージがあるので、初値が上がりやすくなります」(小林さん)

 また、ランキング表には掲載していないが、公開規模の小さい小型案件が多いのも傾向のひとつだ。

 「ユーザーローカル(3984)をのぞくと、他のトップ10銘柄は公開規模が10億円未満のものばかりです。株価というものは基本的に需給が重要ですが、IPO株の初値は特にその傾向が強い。流入してくる資金に対して公開規模が小さければ、その分、初値は高騰しやすくなります」(小林さん)

 その他、IPO株の初値を左右する要因は下の関連記事でくわしく解説しているので、もっとよく知りたい人は参照して欲しい。

【関連記事】
IPO株の初値を予想するのは意外と簡単だった!? 公開規模や予想PER、仮条件などの公開情報を元に、プロが実際にやっている初値予想の出し方を公開!

初値騰落率ワースト1は
「西本Wismettacホールディングス」!
ただし下落率は-6.00%に収まる

 次は、初値騰落率ワースト10の銘柄を見てみよう。

■2017年・IPO初値騰落率ワースト10 ※初値の公開価格に対する騰落率を比較
順位 騰落率 銘柄
(コード)
業種 上場日 最新株価チャート
1位 -6.00% 西本Wismettacホールディングス
(東1・9260)
卸売業  3/23
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2位 -5.02% LIXILビバ
(東1・3564)
小売業  2/10
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3位 -4.72% スシローグローバルホールディングス
(東1・3563)
小売業 10/31
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4位 -4.31% プレミアグループ
(東2・7199)
その他金融業 12/12
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
5位 -4.26% マクロミル
(東1・3978)
情報・通信業  3/17
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
6位 -3.87% ウェーブロックホールディングス
(東2・7940)
化学 12/14
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
7位 -2.34% MS&Consulting
(東M・6555)
サービス業 10/5
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
8位 -2.31% アルヒ
(東1・7198)
その他金融業  4/10
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
9位 +0.05% ビーグリー
(東M・3981)
情報・通信業  3/22
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
10位 +1.52% カチタス
(東1・8919)
不動産業 12/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

 2017年のワーストランキングは、初値で極端に下落した銘柄が見当たらない。ワースト1位の西本Wismettacホールディングス(9260)でも、初値騰落率は-6.00%に収まった。前年2016年のワースト1位であるユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)が-17.33%だったのと比較すると、下落幅は1/3程度だ。

 「上場時、初値が公開価格に対して大体6%以上割り込んでくると、オーバーアロットメント分の買い戻しのために、主幹事証券はその銘柄に買い注文を入れます。それが買い支えとなるため、-6%程度がひとつのラインになります。そこからさらに割り込むとズルズルと下がっていくのですが、今年はそこを超えて下げる銘柄がなかった、ということです」(小林さん)

 オーバーアロットメントの買い戻しについては、以下の関連記事でくわしく説明している。

【関連記事】
「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!

 初値公募割れの銘柄を見ていくと、前述の「初値が上昇する条件」を満たしていない銘柄が多いことがわかる。つまり、「情報・通信業ではなく」「東証1部、もしくは東証2部」「公開規模が大きい」といった銘柄だ。表には掲載していないが、初値騰落率がマイナスだった8銘柄のうち、6銘柄は公開規模が100億円を超えていた。

 逆に言えば、2017年に新規上場した会社の中で、公開規模が100億円を超えていたのは10銘柄あったが、そのうちの6銘柄で初値が公募割れしてしまった。IPO銘柄の初値予想では公開規模が重要だ、と言われる意味がよくわかるだろう。

 ただ、「初値が上がらない=株として評価が低い」というわけではない。初値が上がることと、上場後に株価が上がることはまったく別の話だ。そこで、次は、上場後の騰落率のランキングを見ていこう。

上場後騰落率のトップは、初値の4倍以上まで株価が上がった
「ジャパンエレベーターサービスホールディングス」

 上場後、初値に対してどれだけ株価が上がったのかを示す「上場後騰落率ランキング」のトップ10とワースト10をまとめたのが次の表だ。(初値と2017年12月26日終値を比較)。

■2017年・IPO上場後騰落率トップ10
※2017年12月26日終値の初値に対する騰落率を比較。上場後の株式分割は計算済
順位 騰落率 銘柄
(コード)
業種 上場日 最新株価チャート
1位 +342.70% ジャパンエレベーターサービスホールディングス(東M・6544) サービス業  3/17
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2位 +131.19% インターネットインフィニティー
(東M・6545)
サービス業  3/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3位 +131.00% ヴィスコ・テクノロジーズ
(JQ・6698)
電気機器 12/13
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4位 +116.61% PKSHA Technology
(東M・3993)
情報・通信業  9/22
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
5位 +110.65% 幸和製作所
(JQ・7807)
その他製品 11/28
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
6位 +99.06% サインポスト
(東M・3996)
情報・通信業 11/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
7位 +88.43% テックポイント・インク
(東M・6697)
電気機器  9/29
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
8位 +84.27% エコモット
(札ア・3987)
情報・通信業  6/21
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
9位 +83.42% ティーケーピー
(東M・3479)
不動産業  3/27
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
10位 +82.80% ウェーブロックホールディングス
(東2・7940)
化学  4/10
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
■2017年・IPO上場後騰落率ワースト10
※2017年12月26日終値の初値に対する騰落率を比較。上場後の株式分割は計算済
順位 騰落率 銘柄
(コード)
業種 上場日 最新株価チャート
1位 −67.19% シャノン
(東M・3976)
情報・通信業 1/27
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2位 −58.18% ビーブレイクシステムズ
(東M・3986)
情報・通信業 6/15
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3位 −57.84% ユーザーローカル
(東M・3984)
情報・通信業 3/30
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4位 −57.60% 旅工房
(東M・6548)
サービス業 4/18
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
5位 −44.64% フュージョン
(札ア・3977)
情報・通信業 2/23
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
6位 −41.59% SYSホールディングス
(JQ・3988)
情報・通信業 6/30
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
7位 −41.25% ピーバンドットコム
(東M・3559)
卸売業 3/9
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
8位 −39.89% ディーエムソリューションズ
(JQ・6549)
サービス業 6/20
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
9位 39.01% ユニフォームネクスト
(東M・3566)
小売業 7/19
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
10位 38.86% トランザス
(東M・6696)
電気機器 8/9
最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

 ダントツで伸びたのはジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)で、初値の4倍以上まで株価が上昇した。

 「ここは名前の通り、エレベーターの保守点検を行う企業。IT系などにくらべると地味な事業ですが、最近の建設ラッシュもあり、ビジネスとしては強いです。特にジャパンエレベーターサービスホールディングスは、サービスの質の高さが評価されて急速に業績を伸ばしています。地味な企業なだけに初値騰落率は+61.82%しか伸びませんでしたが、上場後のセカンダリーで実体面が評価された形です」(小林さん)

 2位のインターネットインフィニティー(6545)は、初値騰落率でも上位9位に入ったが、上場後、そこからさらに値上がりした。

 「インターネットインフィニティーは、名前にそぐわずリハビリ型デイサービスを提供している会社です。公開規模が3億円弱と小さいこともあって初値が飛びましたが、その後、業績が拡大していることから値上がりが続いています。『健康寿命の延伸』という国の政策に乗っていることや、名古屋鉄道(9048)との提携も材料になりました。今、私が注目している銘柄のひとつです」(小林さん)

 一方、上場後騰落率のワースト10を見ると、初値で大きく跳ねた銘柄が多い。

 「ワースト3のシャノン(3976)ビーブレイクシステムズ(3986)ユーザーローカル(3984)は、どれも初値騰落率が+300%を超え、初値騰落率トップ10にランキングされています。IPOでは、初値が公募価格の数倍に跳ねてPERが100倍近くになることも珍しくありませんが、上場後にそれを維持できるのは一握りです」(小林さん)

 初値騰落率ランキングのところで解説したような「初値の飛びやすい銘柄」が実際に初値高騰した場合、そこからセカンダリーで参加するのは慎重になるべきだろう。

主幹事数のトップは、安定の野村証券
大和証券は大型株の主幹事で存在感を示す

 次に、2017年に主幹事を多く務めた証券会社をランキングにまとめた。

■2017年・IPO主幹事証券会社の実績ランキング
順位 証券会社名 主幹事実績数
(2016年実績)
取り扱い実績数
(2016年実績)
口座開設
1位 野村証券 27社
(18社)
38社
(30社)
 
2位 大和証券 18社
(15社)
41社
(34社)
公式サイトはこちら!
3位 みずほ証券 15社
(18社)
60社
(52社)
 
4位 SMBC日興証券 13社
(13社)
71社
(64社)
公式サイトはこちら!
5位 SBI証券 8社
(13社)
83社
(75社)
公式サイトはこちら!
6位 いちよし証券 4社
(1社)
37社
(30社)
 
6位 岡三証券 4社
(0社)
35社
(2社)
 
6位 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 4社
(2社)
29社
(20社)
 
9位 東海東京証券 3社
(5社)
11社
(15社)
公式サイトはこちら!
 ※ザイ・オンライン調べ。取り扱い実績数は委託幹事を含む

 上位陣の顔ぶれは、例年とほとんど同じだ。その中で、大和証券が前年の3位から2位に順位を上げている。

 「大和証券は、特に大型案件で目立っていましたね。SGホールディングス(9143)マクロミル(3978)といった、有名どころの大型案件が多かったです」(小林さん)

 また、準大手証券や中堅証券も独自の存在感を発揮したと言う。

 「初値の伸びで個人投資家の評価が高まっているのが、いちよし証券です。主幹事数は4社だけですが、初値が4倍近くまで高騰したサインポスト(3996)を筆頭に、すべて2倍以上の初値をつけています。一方、地方案件を得意としているのが岡三証券。主幹事を務めた4社のうち、3社が名証や札証への上場でした」(小林さん)

 一方、取り扱い実績数では、2016年に引き続いてトップはSBI証券、2位はSMBC日興証券という結果に。

 「SBI証券は主幹事数も8社あり、ネット証券の中ではもっともIPOに力を入れています。また、SBI証券が幹事団に参加していると個人投資家の資金フローがものすごく大きくなるため、上場する企業側としても『SBI証券を入れよう』という話になりやすいようです」(小林さん)

 また、主幹事数は少ないが取り扱い銘柄数が多い証券会社としては、以下のようなところが挙げられる。

■2017年・主幹事はないがIPO取り扱い実績数の多い主な証券会社
証券会社名 主幹事実績数 取り扱い実績数 口座開設
マネックス証券 1社 49社
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券 0社 39社
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券 0社 27社
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券 0社 23社
公式サイトはこちら!
 ※ザイ・オンライン調べ。取り扱い実績数は委託幹事を含む

 中でもカブドットコム証券は、5大証券会社のひとつである三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社で、同社が取り扱うIPO銘柄のほとんどはカブドットコム証券からも申し込める。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、毎年、何社かのIPO銘柄で主幹事証券を務めているが、その際、主幹事証券のグループ会社も多くのIPO株が割り当てられる可能性がある。その意味で、カブドットコム証券は隠れた狙い目証券会社と言えるだろう。

【関連記事】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

2018年に新規上場しそうなのは
「メルカリ」「ビットフライヤー」「USJ」「ZMP」

 最後に、2018年のIPO市場の見通しと、IPOが期待できる銘柄を教えてもらった。

 「市況に関しては、まだ先高感が強いのでしばらくは堅調な状況は続くと思います。IPO件数は今年より少し増えて、90数社程度じゃないでしょうか。日本郵政やJR九州のような超大型案件は出なさそうですが、小型のベンチャー企業で注目されている企業が出てくるので、その辺で盛り上がってくれると思います」(小林さん)

 具体的なIPO期待銘柄として挙がってきたのは、まず、フリマアプリで有名なメルカリだ。

 「メルカリは2017年に上場の予定でしたが、資金決済法を巡る問題などから、いったん延期したと言われています。一部では『そんな、東証や警視庁ににらまれている企業が上場できるのか?』といった声も聞かれますが、聞くところによると、問題に対して企業としてきちんと対応はしており、関係省庁におけるメルカリの評判自体は悪くないそうです」(小林さん)

 次に名前が挙がったのは、自動運転のZMPと仮想通貨取引所のビットフライヤー

 「ZMPは、2016年に1回上場承認が下りたものの直前で延期になった経緯がありますが、最近、無人自動運転車の公道実験など、新しい動きが出てきました。一方ビットフライヤーは、最近さかんに流しているCMの効果もあり、認知度を高めています。ビットコインの高騰もあって、仮想通貨関連のIPOがそろそろ出てきてもおかしくないと思います」(小林さん)

 その他には、テーマパーク運営のUSJ、アパレルブランド「アース ミュージック&エコロジー」で知られるストライプインターナショナル、名刺管理アプリで有名なSansan、エネルギー関連のエリーパワー、といった社名が挙がってきた。

 「名前を挙げた企業は、どこも新規上場するには超えなければならないハードルがあるので、絶対に上場するとまでは断言できませんが、十分に期待はできます。特に年の前半、3月頃に話題になるIPO銘柄がいくつか出てきてくれると思います」(小林さん)

 IPO投資は、記事の前半にまとめた勝率や騰落率を見ても分かるように、当選さえすれば儲かる確率は高い。ブックビルディングへの申し込み自体は無料なので、ダメ元でも申し込む価値はあるだろう。中には「IPO株なんて、個人投資家が申し込んでもどうせ当たらないだろう」と最初から諦めている人もいるかもしれないが、それは誤りだ。

 「IPO投資をやっている投資ブロガーさんの話を聞く限りは、感覚的にですが、複数の証券会社から全部のIPO銘柄に申し込んで年に数件当選する、といった感じのようです。もちろん、初値公募割れするケースもあるので銘柄の選定には慎重になる必要はありますが、申し込んでいる価値は十分にあると思います」(小林さん)

 実際に新規上場が決まった最新のIPO情報とスケジュールは、下の関連記事に掲載している。この記事を参考にしながら、自分の資金や時間の許す範囲でぜひIPO投資にチャレンジして欲しい。

【関連記事】
IPOスケジュール【2018年】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2018年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2018年1月12日時点】

【2018年版】本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2017 2016 2015
13社
71社
13社
64社
24社
72社
10%:1人1票の平等抽選 280万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2017年は全90社中、実に71社のIPO銘柄を取り扱った。主幹事数は、2016年と2017年は13社に甘んじたものの、2015年は24社もの主幹事実績を持つ。日本3大証券会社のひとつだけあり、「日本郵政グループ3社」や「JR九州」などの超大型IPOでも、主幹事証券の1社として名を連ねた。1人1単元しか申し込めないので、資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2017 2016 2015
8社
83社
13社
75社
8社
78社
70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
384万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2017年は全90社中83社、実に92%以上のIPO銘柄を扱った。SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めるのだ。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。
SBI証券の公式サイトはこちら
◆東海東京証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2017 2016 2015
3社
11社
5社
15社
5社
27社
10%:1単元1票の平等抽選 39万
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの多くのIPO銘柄を扱っており、主幹事も毎年数社で務めている。東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
東海東京証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券【三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社】
グループ会社の主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2017 2016 2015
4社※1
27社
2社※1
19社
7社※1
18社
一定割合:1人1票の平等抽選 105万
【ポイント】
日本3大証券会社のひとつである「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」は毎年数件のIPO銘柄で主幹事を受け持っているが、売買手数料が高めなのがネック。しかし、同じグループ会社のネット証券「カブドットコム証券」なら、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」が引き受けるIPO銘柄に申し込み可能(一部銘柄を除く)なうえ、売買手数料が安めなので使い勝手が良い。ちなみに複数単元を申し込んでも当選確率は変わらないので、資金量が少ない人でも不利にならない。IPO投資に特化したスマホ用アプリ「IPOLab」も便利。

※1「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」のIPO主幹事数。
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券【岡三証券のグループ会社】
グループ会社の主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2017 2016 2015
4社※2
23社
0社※2
6社
6社※2
10社
10%以上:1人1票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
13万
【ポイント】
2017年には4社、2015年には6社の主幹事実績を持つ「岡三証券」と同じグループに属するネット証券。ちなみに2017年の初値騰落率トップとなった「トレードワークス(初値騰落率:518%)」の主幹事を岡三証券が務めた際は、岡三オンライン証券も委託証券会社として募集を行った。2017年7月から名証、福証、札証の3市場にも接続し、国内全市場でIPOの取扱拡大に乗り出している。割当の100%をネット投資家に配分するのも魅力。取引実績が多いほど優遇されるステージ制が導入されているが、全体の10%以上は取引実績によらず全員を対象とした抽選で割り振られる。買付資金は当選後に入金すればOKなので、資金余力を気にせず申し込めるのも大きなメリットだ。

※1「岡三証券」のIPO主幹事数。
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2017年3月末時点。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2018年最強日本株
株主優待カレンダー
ラクラク確定申告

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【2018年に儲かる最強日本株】
●高配当株から成長株、少額株まで注目103銘柄
超少額で買えて大化けも狙える! 5万円株
人気優良株から出遅れ株まで網羅! 10万円株
高い利回りに加え値上がり益も期待大! 高配当株
大化け期待の高成長株がズラリ! 中小型株
●日本経済を牽引する業績絶好調株! 大型株
「日経平均」強気派 VS 弱気派大バトル!
税金を取り戻せ!ネットでラクラク確定申告
 ・確定申告の変更点とトクする人
 ・ふるさと納税をした人
 ・ビットコインで儲けた人
 ・FXや先物取引で儲けた人&損した人
 ・株・投信で配当金・分配金をもらった人ほか
別冊付録・281銘柄「株主優待」カレンダー
つみたてNSIAはこの金融機関で始めなさい!
●日本株型&日本中小型株型の最強「投信」番付

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング