世界投資へのパスポート
2018年1月29日公開(2018年1月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

トランプ大統領の「一般教書演説」で重大発表が!?
「大型インフラ投資計画」がぶち上げられた場合、
値上がりが期待できる関連銘柄を3社紹介!

トランプ大統領が行う
一般教書演説に注目が集まる

 1月30日(火)、ドナルド・トランプ大統領が一般教書演説を行います。一般教書演説とは大統領が上院・下院の議員に対して米国の現状と今後の課題について説明するスピーチを指します。

 いまアメリカは景気が良いですし、去年の暮れに税制改革法案が成立したばかりなので、トランプ大統領は大いに気分を良くしていると思います。

 その余勢を駆って、今回の一般教書演説では1.7兆ドルの大型インフラ投資計画を今回のスピーチの中でぶち上げると言われています

トランプ大統領が推し進める
大型インフラ投資計画とは?

 今回の大型インフラ投資計画では、老朽化が目に余るアメリカの高速道路、空港、高速鉄道、港湾施設、ダムなどを刷新することが提案されます。このような公共工事は、アメリカがずっと後回しにしてきたことですし、長期で見ればアメリカの競争力を高めることに寄与すると思われます

 ただ、細かい点では懸念点があります。

 まず、1.7兆ドルの予算は「ポン!」と連邦政府が出すわけではありません。実際には、州政府が地方債(ミュニボンド)を発行して賄われることになると思います。

 しかし、いまアメリカの州政府は、年金の積み立て不足の問題を抱えているところが多いです。だから、これ以上負担を増やしたくないと考えています。

 そこで、州政府が「名前を貸す」カタチで表面的な発行体になるけれど、実際のリスクは民間企業や市町村が負うような債券を出すと予想されます。そのような債券を、私的活動債(PAB)と呼びます。

 私的活動債は、高速道路通行料など、特定のプロジェクトから上がる収入を財源とします。そこには、民間企業も公民連携(PPP)というカタチで参画します。

 地方債は、去年だけで4300億ドルも発行されており、これに今回の1.7兆ドルの大型インフラ投資のための発行が重なると需給関係を損ない資金調達コストが上昇する懸念があります。

 また、公民連携(PPP)は、過去に不正の温床になる、不採算プロジェクトで落札業者が潰れるなど、とかく運営が難しい事で知られています。

 このように、今週発表される大型インフラ投資計画はツッコミどころが色々あるのです。

 しかし、大型インフラ投資計画がぶち上げられると、関連銘柄が一度は買われると考えるのが自然です。そこで今日は、それに関連する企業を挙げることにします。

【ヴァルカン・マテリアルズ】
米国南部で事業展開する全米最大の建設骨材の会社

 ヴァルカン・マテリアルズ(ティッカーシンボル:VMC)は1909年に創業された全米最大の建設骨材の会社です。アメリカ合衆国の地図を横に真二つに分割したとき、下半分の地域、すなわち南部で事業展開しています。一般に、南部は北部より経済成長率が高いです。

 建設骨材は重くてかさばるため、ローカルに調達するのがベストです。ヴァルカン・マテリアルズが南部に建設骨材調達ベースを築いているということは、南部においてはコスト面で他社より有利なことを意味します。また同社は、無尽蔵と言ってよいほど圧倒的なリザーブを抱えており、どのような需要の急増にも対応できます。

 建設骨材の価格は強含んでおり、同社の2017年第3四半期の平均価格はトン当たり13.03ドルでした。これは前年同期比+26%です。

 このヴァルカン・マテリアルズは、トランプ大型インフラ計画関連で私の一押し銘柄です。

■ヴァルカン・マテリアルズ(VMC)チャート/日足・6カ月
ヴァルカン・マテリアルズ(VMC)チャート/日足・6カ月(ヴァルカン・マテリアルズ(VMC)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【USコンクリート】
アップル新本社の基礎工事にも関わったコンクリート会社

 USコンクリート(ティッカーシンボル:USCR)はコンクリートの会社です。売上高の79%を生コンが、21%を建設骨材が占めています。

 USコンクリートは、ニューヨーク(売上高の39%)、カリフォルニア(同24%)、テキサス(同9%)の3州を中心に操業しています。これらの州は、いずれも活発な建設市場です。

 生コンは工場でミックスした後、ミキサー車で固まらないうちに建設現場まで運ばなければいけません。その関係で消費地に近いところに立地することが極めて重要になります。

 商業・工業向け建設工事が売上高の57%を占め、住宅が26%、道路・公共工事が17%となっています。

 USコンクリートは、アップルの新本社の基礎工事に対してコンクリートを提供しました。その他、現在進行中のプロジェクトとしては、テキサス州ダラスに建設中のフェイスブックのデータセンター、ニューヨークのラガーディア空港改良工事、シリコンバレーのグーグル・ベイビュー・キャンパス建設工事などを担当しています。

 同社は、買収によりどんどん業容を拡大している関係で、2011年以降、売上高は年率平均+20.5%で急成長してきました。

■USコンクリート(USCR)チャート/日足・6カ月
USコンクリート(USCR)チャート/日足・6カ月USコンクリート(USCR)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【グラナイト・コンストラクション】
政府からの公共事業を得意とする老舗の建設会社

 グラナイト・コンストラクション(ティッカーシンボル:GVA)は、道路など公共工事の請負業者です。同社は1922年に創業された老舗で、高速道路、橋梁、鉄道の敷設などを得意としています。

 主な施工実績としては、ノースカロライナ州のインターステート・ハイウェー建設、オハイオ州コロンバスのトンネル工事、テキサス州ヒューストンの高速道路建設、ニューヨーク州タリータウンのタッパンジー橋架け替え工事などです。

 グラナイト・コンストラクションの受注の大半は、政府が施主です。

 2016年の売上高は25.1億ドル、前年比+6.1%でした。また2017年第3四半期の時点での受注残は、42.3億ドルでした。

■グラナイト・コンストラクション(GVA)チャート/日足・6カ月
グラナイト・コンストラクション(GVA)チャート/日足・6カ月グラナイト・コンストラクション(GVA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【今週のまとめ】
トランプ大統領の一般教書演説を見越して
インフラ投資計画関連の3銘柄で勝負しよう!

 今週火曜日のトランプ大統領の一般教書演説では、1.7兆ドルの大型インフラ投資計画が注目を浴びるでしょう。その財源や公民連携というプロジェクト形態を巡って、色々懐疑論も出ています。

 しかし、これがぶち上げられれば関連銘柄が一度は相場になると考えるのが自然でしょうヴァルカン・マテリアルズUSコンクリートグラナイト・コンストラクションの3銘柄で勝負したいと思います。

【今週のピックアップ記事!】
業績&株価の“大化け”が狙える新興株2銘柄を紹介! 黒字転換する「アドバンスト・メディア」と、“第2のエムスリー”と呼ばれる「マークラインズ」に注目!
2018年の「米国の相場予想」と「投資戦略」を解説! 米国株では「不動産」「消費安定」「ヘルスケア」、その他の国では出遅れたロシアとメキシコが狙い目!
【2018年4月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

割安&成長株123銘柄
成功者の必勝戦術!
株主優待 大賞2018

6月号4月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【5万円株で勝つ!儲かる少額株&投資戦術】

●「儲かる少額株」&「戦術5万円株で勝つ!
成功者6人の賢い勝ちワザ
割安5万円株31+10万円株17
高成長5万円株10+10万円株29

桐谷さんの優待で始める「株」入門
・株主優待って何がイイの
どう選んでどう買えばいい?
株価が上下する理由っていったい何?
・優待株の具体的な買い方は?

手数料ゼロで始める! iDeCoの儲け方

モーニングスター・リッパー・楽天受賞投資信託にダマされるな
投信アワードから厳選した本当にスゴい投信

米ドル/円は年内95円もありうる!
カリスマFX投資家の戦略を公開!
・2018年後半の為替予想

●デフレ脱却!? 公示地価上昇のウソ

<別冊付録> 株主優待【大賞・2018】
・買いの106銘柄をチェック!
・全20部門別の株主優待大賞2018
・「利回り」など5大ランキング付き!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング