ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大不況下の東海地方で急増する
ブラジル人失業者の“悲痛な叫び”

2009年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 約2万人のブラジル人が暮らす静岡県浜松市──。市の中心部にある「ハローワーク浜松」には、毎朝8時になると長蛇の列ができる。その多くが、この土地で仕事を失った日系ブラジル人だ。

 行列は、昼過ぎになっても短くなることはない。日によっては、相談コーナーへたどり着くまでに5時間以上を要することも珍しくないという。

  「疲れた。もう、ブラジルへ帰りたいよ。でも、帰国するにも航空券を買うカネがない・・・・・・」

 座り込んで順番を待っていた日系2世のマスダ・カズオさん(42歳)は、そう言って顔をしかめた。

 マスダさんは、ブラジルから出稼ぎに来て、まだ1年も経っていないという。スズキ(自動車メーカー)の関連会社で派遣社員として働いてきたが、昨今の大不況の煽りを受け、契約途中でありながら昨年末に“雇い止め”を言い渡された。

  「寮も追い出された。今は友達の家を転々としている。貯金? 全然ないよ。日本へ来るのに航空券と手数料で50万円もかかったんだ。その借金を返済するだけで、精一杯だった」(マスダさん)

 マスダさんは4時間も並んで、ようやく相談コーナーのイスに座ることができたものの、わずか10分でハローワークの外に出て来て、こうつぶやいた。

  「ダメ。仕事ない。また明日、来てみる」

 わずかな可能性に賭ける毎日──。しかし、こんな生活をいつまで続けることができるだろうか。マスダさんは、足をひきずるようにしてハローワークを後にした。

 そんな外国人失業者の対応に忙殺されて、ハローワークの担当者も頭を抱えている。

  「こんなことになるとは、予想したこともなかった。実際、求人が激減しているので、対応にも限界がある。ましてや日本語が不自由な外国人労働者の方にとっては、本当に厳しい状況だと思う」(担当者)

浜松市では7割近くが失業!
苦境に喘ぐブラジル人の惨状

 大手自動車メーカーをはじめ、数多くの有名企業が拠点を構える東海地方では、現在、未曾有の不況が“デカセギ外国人”を襲っている。その多くは製造業の現場で派遣・請負社員として働いて来た人々だ。

 特に目立つのは、これまで“一大労働力”として日本企業の製造現場を支えて来たブラジル人が、大量に職を失っていることである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧