世界投資へのパスポート
【第230回】 2012年9月10日公開(2013年2月6日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

「iPhone5」が9月12日にいよいよ発表!?
アップルのライバルは、もはや携帯メーカーではない

1

 【今回のまとめ】
1.9月12日のアップルのイベントに注目
2.iPhone5はスクリーン・サイズが大きく、LTEにも対応?
3.発売のタイミングは9月21日説が有力
4.アップルのネットラジオへの進出準備が話題になっている
5.ハードウェアだけの勝負ではない

「iPhone5」に対する投資家の期待は非常に大きい

 今週(9月10日~14日)世界の投資家が最も注目するイベントは、9月12日(水)にサンフランシスコで開催されるアップルの新製品発表会です。大方の予想では、その場で「iPhone5」が発表されると見られています。iPhone5に関する投資家の事前の期待にはとても高いものがあり、株価も上昇しています。

 iPhone5の仕様の面で噂されている最大の特徴として、これまでのiPhoneはスクリーン・サイズが3.5インチでしたが、iPhone5ではこれが4インチになると言われています。これは「もう少しスクリーンが大きい方がよい」という消費者の声を反映してのことだと思います。

 次にiPhone5のボディですが、今までよりも薄く、7.6ミリ程度になるのではないかと言われています。また、なめらかで、より一体感のあるケースを採用するだろうと言われています。

 ネットへの接続に関しては、既にウォールストリート・ジャーナルが「iPhone5は次世代標準のLTE(Long Term Evolution)を採用するだろう」と報じています。

 この他、バッテリーの寿命の改善、「Siri」(音声入力)の改善、アンテナの改善などが噂されています。

発売後1週間で1000万台販売の予想も

 発売の時期に関しては、「9月21日前後」という観測が出ています。これはアップルの商品を扱う電話会社、AT&T(ティッカー:T)ならびにベライゾン(ティッカー:VZ)の各社が「この日以降、休暇を取るのを控えるように」と社員に指示を出したからです。

 アナリストの間からは、9月21日が発売日であると仮定して、最初の1週間だけで1000万台のiPhone5の販売が予想されるという声が上がっています。また9月期の販売予想としては2300万台程度を予想するアナリストが多いようです。

 現在の主力機種であるiPhone4Sの場合、部分的なアップグレードに過ぎないと感じたユーザーは買い替えを思いとどまりました。その点、今回のiPhone5は外観も中身も刷新されることから、発売直後の売れ行きは前回よりもよくなるはずだと考えるアナリストが多いようです。

 発売日に関しては、もう少し遅れると考える投資家もいます。その理由として、iPhone5は、本体を薄くするために、「インセル技術」と呼ばれる、タッチ・センサーを液晶パネルに統合するディスプレイを採用しており、その生産の際の歩留まりがこれまであまり改善しておらず、このままだと量産が間に合わないという観測があるからです。

【2017年12月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2018年「株」全予測
人気の株500激辛診断
桐谷さんの日本株入門

2月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【2018年「株」全予測&人気500株を激辛診断!】
2018年「株」全予測!プロ100人が集結
 株、為替高値&安値注目業種ズバリ!
人気500銘柄 激辛診断[2018年 新春版]
●目指せ1億円億万投資家の14人
 2018年「勝ち戦略」&「注目株48」
桐谷さんの新春「日本株」入門
 初心者も安心のオススメ5万円株も!
「ビットコイン」スタートガイド
株主優待株 新設・拡充の注目13銘柄!
1~3月こそ狙い目! ふるさと納税6自治体
●人気毎月分配株100本「分配金」速報
●別冊付録!不動産投資「大家の3大極意」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP