ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Buzzwordで読む世界

南シナ海は混沌の海に

South China Sea into Sea of Chaos

谷口智彦
2010年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 南シナ海が何かと騒がしい。沿岸各国の対立が増し、一躍緊張の海になった。この状況下、東シナ海に関わる日本の対中政策も影響を受けざるを得ない。

 排他的経済水域の確定と、資源開発の分担を巡って、東シナ海には日中間に係争がある。

 2008年、両国は正式の書面を取り交わし、解決へ向け踏み出したはずだったが、その後中国のサボタージュを原因とし、状況は1インチも動いていない。

中国が次々繰り出す新手の戦略とは

 ここへきて北京は、改善へ向け歩みを始めるに必要な動機を、もはや感じているとは思えない。南シナ海で攻勢に転じた中国が、そのすぐ北の海(東シナ海)でだけ、こともあろうに日本に対し平和そのものの顔を見せるわけにはいかないだろうからだ。

 南沙、西沙諸島を巡る南シナ海沿岸諸国の対立は、2002年、互いに行動宣言(後出)を合意し合って棚上げになったと、近年思われてきた。米国人中国専門家の中にはこれを受け、北京の善隣友好姿勢の表れだとして高く評価しようとする向きがあった。

 ところが漁業資源、海底地下資源ともに豊富であるのみならず、東アジアの洋上輸送路(シーレーン)を掌握するため戦略的に重要な意味を持つ問題海域への進出に、中国はこのところ新手を繰り出しつつある。

 新手というのは、旧来の軍事力に加え、リゾート観光産業と人口圧力を戦略的に用いようとする、一種意表をつく手段だ。

海南島

 すなわち今や超バブリーなリゾート・アイランド化しつつある海南島を拠点とし、南沙、西沙方面に、海の休暇を楽しむ人々を大挙押し出す方策を指す。

 中国人船客が問題水域を連日往来し、上陸できる環礁を常に訪れ人口的圧力を及ぼす状態が生まれれば、主権を巡る力学を、次第に中国優位へ傾かせられるのではないかという計算がある。

 ――と、少なくともベトナムは見て取り、神経を尖らせている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

谷口 智彦 Tomohiko Taniguchi

日経ビジネス誌主任編集委員などを経て2005年8月~2008年7月外務省外務副報道官。記者時代に米プリンストン大学フルブライト客員研究員、上海国際問題研究所客座研究員、米ブルッキングズ研究所招聘給費研究員、ロンドン外国プレス協会会長など歴任。現在慶應義塾大学大学院 SDM研究科特別招聘教授、明治大学国際日本学部客員教授など。

 


Buzzwordで読む世界

移り変わる世相を映し、次々生まれては消えてゆくのがbuzzword(話題の流行語)。このコラムでは国際情勢に精通した筆者が、海外で静かに話題に なっているbuzzwordから激変する世界情勢を読み解く。隔週木曜日掲載。

「Buzzwordで読む世界」

⇒バックナンバー一覧