ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

民主党政権の“政治主導”は偽装だったのか
菅首相が「国家戦略局」を断念した本当の理由

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第44回】 2010年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「国家戦略局」が立ち消えに
“政治主導”は自民党時代に後退か

 民主党政権の政治主導の司令塔となるはずであった「国家戦略局」が菅直人首相の小さな一声で消えてしまった。

 「国家戦略室」は続くらしいが、これも“局”の設置を断念するための小策であろう。

 民主党は昨年の総選挙のマニフェストで、目玉公約として次のように高らかに謳った。

 「首相直属の国家戦略局を設置し、新時代の国家ビジョンをつくり、政治主導で予算の骨格を策定する」

 この段階では、経済・財政の司令塔であるばかりでなく、外交戦略を含む政治主導体制の主軸となるはずであった。

 私は当然、国家戦略局の設置法案は既に用意されているものと思っていた。

 だから、週刊ダイヤモンドの連載記事でも、とにかく早くこれを国会で成立させるべきことを強く主張した。

 ところが、実際には、法案は用意されていなかったのである。信じられないことであった。

 そしてこの設置法は既に閉幕した通常国会で成立させるとして先送りされたが、結局はそれを断念することになったのである。

 しかし、その間、担当大臣には、菅直人氏と仙谷由人氏が就き、現内閣では荒井聡氏が引き継いでいる。

 一体この間、「戦略室」は何をしていたのか。そして、戦略局の設置法はどうなったのか。何の説明もないまま、途中で公約が放棄されてしまった。強い憤りを感じる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧