ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
流通革命突入!SPAはホンモノか

価格破壊がもたらすのは業界の衰退?繁栄?
「メガネのユニクロ」が急成長する“舞台裏”

【第7回】 2010年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ダサい」「暗い」「お堅い」

 そんな否定的なイメージが染み付いていたメガネが、この10年ほどで大きな変革を遂げた。「メガネ男子」という言葉の誕生が象徴的するように、メガネをかける人を魅力的に捉えるトレンドが広まり、今では重要な「ファッションアイテム」の1つである。

 この変化をもたらした要因とは何か――。間違いなく大きな要因の1つとなっているのが、「1万円以下」という安価なメガネが生まれたことだろう。かつては3万円以上もしたメガネ。それが今では1万円以下どころか5000円以下で購入できる店も多くなり、ファッションに敏感な若者たちが気兼ねなくメガネを楽しむことができるようになった。

 こうした1万円以下のメガネの製造を実現したのが、「メガネのユニクロ」とも呼ばれるメガネのSPA企業である。その代表格といえるのが、「Zoff」を展開するインターメスティック、「JINS」のジェイアイエヌ、そして「Owndays」のオンデーズだ。この3社では、1万円以下の商品に3~4つの価格帯を設けている。

 メガネのSPA企業が登場したこの10年ほどで、変わったのはメガネへの認識だけではない。メガネ業界自体も大きく変わった。かつて隆盛を誇っていた上場大手メガネチェーンが、低価格メガネの余波を食らったのである。

 業界最大手の三城ホールディングスは、2009年3月期には約32億円の純損失を計上。そしてメガネスーパーに至っては、08年4月期から連続して大幅な最終赤字を計上し、「継続企業の前提」に疑義が注記されるほどの危機的状況である。

市場規模は10年で約1000億円も縮小!
業界を変えた「3つのターニングポイント」

 「現在のメガネ業界の市場規模は5000億円ほど。メガネの販売本数はほぼ横ばいで推移しているが、10年前と比較して1000億円以上市場は縮小した」

 こう語るのは、西木慶一郎・野村證券金融経済所アナリストだ。さらに西木氏は、「市場が現在の規模に縮小するまでには、3つのターニングポイントがあった」と分析している。その3つのターニングポイントとは何だろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


流通革命突入!SPAはホンモノか

日本上陸で人気沸騰のH&Mやフォーエバー21、ユニクロの快進撃で不況のなか最高益更新中のファーストリテイリング。彼らの台頭で注目されるSPA(製造小売り)のビジネスモデルを徹底検証する。

「流通革命突入!SPAはホンモノか」

⇒バックナンバー一覧