IPO株の攻略&裏ワザ情報!
2016年4月26日公開(2016年10月5日更新)
バックナンバー

「IPO株の攻略&裏ワザ情報!」

著者・コラム紹介

IPO株の攻略&裏ワザ情報!

ザイ・オンライン編集部

第一生命の新規公開株で1200万円の利益も!
IPO株(新規公開株)で儲ける個人投資家に聞いた
2016年に狙う新規公開株とその買い方を公開!

一発当たると大きな儲けが狙えるのが新規公開株(IPO)。新規公開株には、公募での抽選で当たることを狙うやり方もあれば、初値で買ってその後の上昇を狙うやり方もある。今回は、公募で当選して大きく儲けた個人投資家、JACKさんと藤原久敏さんのテクニックを紹介しよう。

売り出し規模が大きかった第一生命で1200万円の儲け!
今後は年内にも上場予定のJR九州は全力で勝負に行く!

◎JACKさん
株で約2億円を築く。現在は不動産投資も。著書に『スマホ投資』(ダイヤモンド社)など。

 初値での爆騰が狙える、売り出し規模が小さく、テーマ性のある株の当選を狙いつつ、郵政3社のような大型株も積極的に狙います。株数が多く複数単元を獲得しやすいため、2割、3割の上昇でも大きな利益が獲得できるからです。実際、郵政3社ではゆうちょ銀行(7182)を3500株、かんぽ生命保険(7181)を200株、日本郵政(6178)を3000株を獲得して、合計で335万円を儲けました。

 この戦法で勝負に出て成功したのが、2010年に上場した第一生命保険(8750)。公募価格の14万円に対して初値は16万円でしたが、8400万円を投じたので1200万円の利益を獲得できました。生保で初めての上場で公募割れはないと思っていましたが、直前に否定的な記事が出たため多くの株を集められました。

 公募の申し込みは、対面では主幹事の数が多い、野村、みずほ、SMBC日興がオススメですが、営業マンと仲良くなることが重要です。営業マンが困っているときは協力して買ってあげることもします。

IPO(新規公開株)対応 口座開設
NISA口座 通常証券口座 2015年IPO株証券会社
取り扱い実績数(カッコ内は主幹事)
 ◆SMBC日興証券【証券会社情報⇒SMBC証券の紹介ページ】
72社(24社)
ネット証券比較!IPO(新規公開株)取り扱い状況ランキング!2位SMBC日興証券の公式サイトはこちら!
SMBC日興証券のIPOの特長
大手証券会社だけに取り扱い銘柄数が多く、主幹事を務める銘柄数が多いのも特徴。2015年には24銘柄で主幹事を務めた。IPOは、オンライントレードと支店で取り扱う。一般投資家に販売する数量の10%をめどにオンライントレードの同率抽選で配分される。オンライントレード(日興イージートレード)顧客の中では、同一条件、同一確率の抽選が行われる。取扱銘柄を知るには「IPO/POお知らせメール」が便利。

 

 営業される新規公開株はリスクが高く、ジャパンディスプレイ(6740)を引き受けたらやはり公募割れ。しかし、直後にCYBERDYNE(7779)の公募が当選。初値が2.3倍になったのでトータルでは大きな利益となりました。持ちつ持たれつといったところでしょうか。

今の注目は2016年内に上場が濃厚なJR九州(震災で先延ばしになるかも…)。公募価格割れはないと思っているので、全力で株を集めにいくつもりです。

日中はサラリーマンとして勤務するJACKさんが携帯(スマホ)1台で資産2億円を達成したテクニックを公開している『スマホ投資術』(ダイヤモンド社)

小型、マザーズ、テーマ性の揃った株で2倍高狙い!
2013年に新規公開のリプロセルの初値は5倍以上に

◎藤原久敏さん
FPでもあり、大学講師や作家としても活躍。著書に『あやしい投資話に乗ってみた』(彩図社)など。

 今まで一番大きく儲かった新規公開株は、2013年に上場したバイオ銘柄のリプロセル(4978)です。公募価格の3200円に対して、初値は1万7800円。初値の成立日に売却して約140万円の利益を獲得しました。

上場後の初値で高値を付けたリプロセル(4978)(週足・3年) *チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより

 特に当選してうれしい株は、初値が大きく上昇しやすい「小粒でテーマ性があるマザーズやジャスダックグロース銘柄」です。実際、リプロセルはこの3条件を満たしていました。

 逆に、公募割れの可能性が高いのが、東証2部に上場する地味な銘柄。企業名が漢字の会社や再上場も危険です。

 これまで公募で当選した株は約30銘柄ですが、9割は初値が公募価格よりも上昇。基本的に初値で利益を確定します。せっかく当選したのですから、欲張らないことが肝心です。

 新規公開株はできるだけ多く応募して、買うかどうかは当たってから考えます。昔は公募割れなど痛い目にも遭いましたが、最近は学習して失敗する確率は減りました。

 ただ昨年の郵政3社では逆の意味で悔しい思いをしました。想定以上に当選したため、「意外と不人気なのかも」と深読みして、一部を辞退したのです。もっとも今はマイナス金利で3社とも暴落したので、結果的にはよかったのかな…、と自分を慰めています。

>>「上場間近のIPO株(新規公開株)で儲ける方法」の最新情報はこちら

【12月の「IPO祭り」の解説記事はこちら!】
「IPO祭り」に上場する全15銘柄の情報を大公開。話題の自動運転技術ベンチャーの「ZMP」に要注目!

IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2016年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!

【2016年12月1日更新!】
本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
【2016年版】IPO取り扱い数で選ぶ おすすめ証券会社

※関連記事⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

2015年実績 ネット配分・
抽選方法
口座数
(稼働口座数)
NISA対応
主幹事数 取扱銘柄数
 ◆SBI証券
8社 78社 70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
365万
(−)
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、
多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなり資金力がある人ほど有利になる。当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」は、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのがメリットだ。
SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆SMBC日興証券
24社 72社 10%:1人1票の平等抽選
273万
(−)
【ポイント】
大手証券の中でもIPOには力を入れており、2015年の主幹事数は野村證券に続く実績。2015年における初値騰落率1位のロゼッタ(初値騰落率433.1%)、3位のネオジャパン(初値騰落率401.7%)の主幹事も務めている。
1人1単元しか申し込めないので、資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ◆マネックス証券
0社 50社 100%:1人1票の平等抽選
164万
(100万)
【ポイント】
毎年多くのIPO銘柄を取り扱っており、2015年には、主幹事こそないが50社ものIPO銘柄を取り扱った。割り当てられたIPO株の100%すべてを1人1票の平等抽選で配分。取引実績や資金量に当選確率が左右されないのは、個人投資家にとっては大きな魅力だ。
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆岩井コスモ証券
0社 41社 10%以上:1人1票の平等抽選

(−)
×(※1)
【ポイント】
中堅証券会社でありながら、2015年の取扱銘柄数は41社と、大手証券会社に引けをとらない実績を持つ。しかも、2015年に初値が5倍以上に高騰したIPO株は3銘柄あるが、岩井コスモ証券はそのすべてを取り扱っている。1人1票の平等抽選で、申し込み単元数は10単元まで。
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
 ◆東海東京証券
5社 27社 10%:1単元1票の平等抽選
41万
(−)
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの、多くのIPO銘柄を扱っており、2015年は5銘柄で主幹事も務めた
東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
東海東京証券の公式サイトはこちら
※ 口座数、稼働口座数は2016年3月末時点。

 

IPOの取り扱い数が多いだけでなく
主幹事の銘柄数も多くて当たる確率大!
IPO投資には必須!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SMBC証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!