世界投資へのパスポート
【第422回】 2016年6月13日公開(2016年6月14日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

今週6月14、15日はいよいよFOMCが開催、
利上げの可能性が低い中で注目を集める理由とは?
現在の相場で狙うべき2条件を満たす7銘柄も紹介!

 今週の火・水曜日の2日間に渡りアメリカの政策金利を決める連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。

 アメリカの政策金利はフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)です。

 FFレートには先物があり、CMEで活発に取引されています。その取引価格から、市場参加者たちが「どのくらいの確率で、今回利上げがある」という風に考えているかを逆算する方法があります。

 それによると6月15日の利上げ確率は、わずかに2%です。言い直せば、「今回の利上げは無い」ということです。

FOMCで示される経済予想サマリーに注目
政策金利のシナリオは、どう動く?

 今回のFOMCでの利上げは、たぶん無いということが既にわかっているのであれば、今回のFOMCは重要ではないのでしょうか?

 それは、そうではありません。

 なぜなら今回のFOMCでは経済予想サマリー(SEP)と呼ばれる、連邦準備制度理事会(FRB)メンバーたちによる経済予想が示されるからです。SEPのことを「ドットプロット」という俗称で呼ぶ市場参加者も多いのです。

 SEPは1年に4回開示され、今回は今年に入って第2回目となります。

 SEPはFOMCで「金利政策を、どうする?」ということをメンバーたちが議論する際、その「タタキ台」となります。またメンバーたちが「今後の米国経済はどうなる」ということについて、どういうシナリオを描いているかを垣間見ることが出来るのです。

 従って市場参加者はSEPを精査します。

 ちなみにこれまでのSEPでのフェデラルファンズ・レートに関するメンバーたちのコンセンサス予想は、下のグラフのように推移してきました。

 現在、もっとも注目を浴びているのは2016年末の時点でのFFレートがどうなるか? ということであり、直近(3月)のミーティングではコンセンサスは0.9%となっていました。

 すると現行の米国の政策金利は0.50%ですから、0.25%刻みにFFレートが引き上げられると仮定して、約2回の利上げを織り込んでいるのです(なぜなら0.50+0.25+0.25=1で、これが0.9に一番近いシナリオだから)。

 過去の利上げが、いつ実施されたかを振り返ってみると、それは去年の12月でした。今年に入ってからは、まだ1回も利上げはありません。

 すると今はもう6月で、今年も折り返し地点に来ているわけですから、その間、一回も利上げが無かったわけですから、「今年は2回」という利上げシナリオが実現するためには、下半期に2回の利上げが集中するという想定になるわけです。

 もちろん、それは不可能ではありません。しかしこれまでずっと堪えて利上げを控えてきたのが、年後半になると、例えば「9月と12月」という風に、急に短い間隔で利上げされるというのは、どうも不自然な印象を与えます。

 このことから、今回のSEPでは、2016年末のFFレートのコンセンサス予想数字が0.75付近をめがけて下がって来るのではないか? というのが下馬評になっています

 つまり「もっとゆっくりした利上げペース」がシグナルされるということです。

「ゆっくりの利上げ」で市場の反応は?
引き続き高配当株が注目される理由

 その場合、市場の反応は、どうなるでしょうか?

 FRBが利上げを急がないということがシグナルされるのであれば、このところ買い進まれている債券が大きく反落するシナリオは描きにくいと思います。

 折から欧州中央銀行(ECB)は先週から社債の買い入れを、わざと目立つような買い方で開始しています。

 現在はマイナス金利になっている国も多く、世界の投資家は少しでも有利な利回りを求めて米国債へ殺到しています。この点からも、その流れが逆流する可能性は、いまのところ低いのです。

 米国の債券利回りが引き続き極めて低いということは、投資家は少しでも有利な利回りを求めて、たとえば高配当株に物色先を拡大するということが考えられます。実際、2月以降はこの傾向が顕著になっています。

 先週末、世界経済の先行きに関して不安が台頭した関係で、ニューヨーク株式市場が少し売られる局面がありました。しかし主要株式指数はすべてこのところの上昇トレンドラインを維持していますし、50日移動平均線を割り込んでいません。

 つまり上昇トレンドは崩れていないのです。

英国の国民投票のイベント・リスクを恐れるな!
いまの状況で狙うべき銘柄の条件とは?

 6月23日に英国のEU離脱をめぐる国民投票が控えていることから、最近は悲観論が増えています。投資家のみならず、各国の中央銀行もピリピリ警戒しています。

 こんな風に、皆が心配しているときは、相場はなかなか崩れないものです。

 従って、私は米国株に関しては、これまで主張してきた「相場は不安の壁を駆け上がる」というスタンスを堅持したいと思います。

 最後に銘柄ですが、上に書いてきたように現在の相場はマイナス金利という「運用難の時代」になっています。そこでは少しでも利回り面で有利な、「債券の代用品」の役目を果たしてくれるような株に人気が集中しています。

 「債券の代用品」とみなされるためには、利回りが魅力的(3~5%前後)であることに加えて、大型株で安定感があることが必要になります(青色の銘柄をクリックすると最新の株価がご覧になれます*SBI証券のサイトへ移動します)

エクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)
・シェブロン(ティッカーシンボル:CVX)
・コカコーラ(ティカーシンボル:KO)
・カミンズ(ティッカーシンボル:CMI)
・ボーイング(ティッカーシンボル:BA)
・ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)
・AT&T(ティッカーシンボル:T)

 などが、それに当てはまります。

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!