消費者の節酒志向に乗った勝ち組は、意外なことに世界的なビールメーカーだ。コカ・コーラのような清涼飲料メーカーにとっては悪いニュースである。