数多くの取材で浮かび上がってきたのは、競争力を獲得するための手段と倫理感の境界線があいまいなファーウェイの企業文化だった。