Photo:JJPan/gettyimages

1913年の創業時に刻まれた「そろばん(データ)主義」に基づき、ランキングを通して産業や企業の序列を浮き彫りにする連載「DIAMONDランキング&データ」。今回は、2年連続で大きな反響をいただいた、独自試算「40歳年収が高い企業トップ1000社ランキング」の最新版を大公開します。(ダイヤモンド編集部副編集長 鈴木崇久)

年収2140万円のキーエンスが
2年連続王者のGCAを退けてトップ

「新卒年収1000万円」――。今年の夏にそんな見出しが踊りました。

 話題の主はNECでした。グローバルでトップレベルにある若手の研究者を獲得し続けるために、従来は管理職にしかなかった、報酬の上限を取っ払う制度を非管理職にも新設。新入社員であっても年収1000万円以上を支払う制度を10月から導入します。

 人工知能(AI)やデータサイエンスなどの分野をはじめとして、優秀な研究者を世界中の企業が奪い合う、熾烈な獲得競争が行われています。その中で日本企業が勝つためには、能力と相場に見合った報酬を支払わなければいけません。