時給が高い企業とは?
時給が高いのはどんな企業でしょうか? Photo:PIXTA

 4月から働き方改革関連法が施行され、時間外労働の上限規制が入ったことで、限られた時間の中で高い成果を求められる時代になりました。時間あたりの生産性を高めなければならない中で、現在、時間あたりの給料が最も高いのはどの会社なのでしょうか。

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、「上場企業の時給ランキング2019」を発表。今回は対象企業を上場企業に絞り、上場企業の有価証券報告書と「OpenWork」に投稿された残業時間のデータから、企業による公開情報だけでは知ることが難しい、残業時間も含めた労働時間による「時給」を算出しています。

 つまり今回の調査での「時給」は、有価証券報告書に記載されている平均年収を、各社の標準労働時間および「OpenWork」に投稿されている平均残業時間(月間)から算出した年間勤務時間で割った金額です。計算式で表すと下記になります。

 時給=平均年収÷[(月間標準労働時間+月間平均残業時間)×12]

 それでは、今回の調査から明らかになった「上場企業の時給ランキング2019」を見ていきましょう。

※集計期間内(2016年1月~2019年5月)に「OpenWork」のレポート回答が5件以上ある上場企業2179社を対象とし、有価証券報告書に記載されている平均年収データ(2017年度)と、各社の月間標準労働時間(標準労働時間×20日として集計)および「OpenWork」に投稿されている「平均残業時間(月間)」から「時給」を算出。標準労働時間は各企業採用情報等を確認し、職種・勤務地により異なる場合は代表的な職種または本社の労働時間を採用。時給は小数点以下四捨五入、平均年収は万円単位で掲載。純粋持株会社はランキングから除いた。

上場企業の時給ランキング2019
1位は「時給8000円超」のキーエンス

「上場企業の時給ランキング2019」の1位となったのは、キーエンスで、時給は8037円でした。2位に1000円以上の差をつけた圧倒的1位です。

 2位は三菱商事(時給7035円、以下同)、3位三井物産(6634円)、4位伊藤忠商事(6478円)、6位丸紅(5993円)、7位住友商事(5960円)と、大手総合商社がトップ10に5社入る結果になりました。

 またトップ30のうち15社が時給5000円超えになり、トップ30の平均時給は5363円と、昨年10月に27円引き上げられた東京都の最低賃金985円の約5.4倍になっています。