服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ着ておけば間違いない!」という服選びの必要最小限の理論だけを伝授する。

「大人な男」と「オジサン」の分かれ目

休日はジーンズをはいています
そんな男性も増えてきました。
しかし、多くの男性は、はいていて「ラクなサイズ」のジーンズを選んでしまっています。

その中でも、つい選びがちなのが、下のようなストレート型のジーンズです。

「ダメなジーンズ」(イラスト:須田浩介)

学生時代からジーンズをはいている人は、特に要注意です。

・シルエットが野暮ったい
・激しい色落ちで清潔感がない

この2つの理由で、一気にオジサンっぽく見えてしまいます。

では、大人な男性は、どんなジーンズを選べばいいのでしょうか。
おすすめは、太ももから裾にかけて徐々に細くなっているタイプです。

「いいジーンズ」(イラスト:須田浩介)

色は薄すぎず、濃すぎない「やや色落ちしたブルー」がおすすめです。

そして、ジーンズは「ユニクロ」のものが優秀です。
高級なジーンズと比べても、ほとんど遜色がありません
ユニクロで選ぶ場合は、「テーパード型」あるいは「スキニー型」をはき比べてみて、自分の脚にフィットしたものを選んでください。

ダブつかせずに、ロールアップして履こう

裾合わせには注意しましょう。
おすすめは、「ハーフクッション」という靴に少しだけ乗っかる長さです。
下のイラストのように、ロールアップして「こなれ感」を出すと、とてもおしゃれに見えます。

「コーディネート例」(イラスト:須田浩介)

ジーンズは、非常にカジュアルなアイテムです
なので、靴はできるだけキレイめなものを合わせるようにしましょう。
おすすめは、「黒のレザースニーカー」です。

定番的なボトムスだからこそ、ちゃんと大人の男性に似合うジーンズを選べるようになりましょう。