累計27万部を突破! 『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』などプレゼンの定番シリーズ最新刊『パワーポイント最速仕事術』から、効果的なスライドを最速でつくる「パワポ操作法」を紹介します。著者は、ソフトバンク在籍時に、孫正義氏から何度も「一発OK」を勝ち取ったほか、孫氏のプレゼン資料作成も担当しましたが、超多忙だったため、そのような優れたプレゼン資料を「最速」でつくる必要性に迫られていました。その結果生み出された、超実践的な「パワポ仕事術」は、きっと多くのビジネスパーソンの参考になるに違いありません。

Photo: Adobe Stock

「使用するフォント」はこれに決める

 プレゼン資料で使用するフォントは、「目に入りやすく」「誰でも読める」ものであることが重要です。どんなに魅力的なメッセージが書いてあっても、読めなければ意味がないからです。ところが、パワーポイントでデフォルト設定されている「游ゴシック」は線が細く視認性が低いと言わざるをえません。そこで、私は、必ず次のフォントに変更するようにしています。

 キーメッセージは、1枚のスライドにおいていちばん訴えたい部分なので、最も視認性に優れた「HGP創英角ゴシックUB」がベストの選択です。私は、あらゆるフォントでプレゼン資料をつくってモニターに映してきましたが、このフォントは行間も文字間隔も詰まりすぎず空きすぎず、キーメッセージとして使用するにはちょうどいいバランスなのです。

 また、パワーポイントとキーノートを併用する人も増えていますので、その場合には、双方のソフトで互換性のある「メイリオ」をキーメッセージに使うのもおすすめです。

 一方、キーメッセージ以外のテキストで、キーメッセージとの違いを明確にしたいときに使い勝手がいいのが、「MSPゴシック」です。視認性が高いうえに、「HGP創英角ゴシックUB」よりも線が細いフォントなので、キーメッセージとの差異が明確になるからです。

フォントを変える

 では、早速、テキストを入力してみましょう。
まず、テキストボックスを立ち上げます。「挿入」タブの「テキストボックス」をクリック。「横書きテキストボックス」か「縦書きテキストボックス」を選択します(下図参照)。

[1挿入>2テキストボックス]を開く。[3横書きor縦書き]を選択。

 そのうえで、スライド上の任意の位置で左クリックを押すと、テキストボックスが表示されます。そのボックスに、テキストを入力すればいいのですが、パワーポイントでは「游ゴシック」がデフォルトで設定されていますので、「HGP創英角ゴシックUB」に変更する必要があります。

「フォント」を変更するには、下図のように、テキストボックスを選択したうえで、「ホーム」タブの「フォント」をクリック。表示されるメニューの中から、「HGP創英角ゴシックUB」を選択すれば完了です。なお、スライドマスターを活用すれば、「HGP創英角ゴシックUB」をデフォルト設定することもできます。その設定手順は、『パワーポイント最速仕事術』で詳しく説明しています。

1テキストボックスを選択。[2ホーム>3フォント]をクリック。4で「HGP創英角ゴシックUB」を選択。

 なお、プレゼン資料を作成するときには、英数字はすべて半角を使うようにしてください。全角英数字が並ぶと、横に間延びした印象を与えるからです。また、全角と半角が交じっていると、英数字の不揃いが目立つため、スライドの見た目が悪くなるうえに、資料の完成度が低く見えてしまいます。そのような印象を与えないためにも、「英数字は半角」を徹底するとよいでしょう。