【著者からのメッセージ】

みなさん、こんにちは! 私はDavy Lau、生まれは香港で、現在はシンガポールで投資会社の社長をしています。また、社長業の傍ら、シンガポール国立大学のビジネススクールで、5日間で学ぶ“超”効率的な英語コミュニケーション術を、主に、アジアからの留学生を対象に教えています。

 これまで、グローバル・ビジネスを主戦場にしてきた私が、日本人のために英語の速習法の本を執筆しようと思ったのは、実は「日本への恩返し」をしたいという思いからです。

 私は香港の貧困家庭に生まれ育ちましたが、10代後半の時、人生の大きな扉を開くチャンスを与えてくれたのが、日本でした。日本の文部省(当時)の奨学金制度によって、東京外国語大学に留学し、勉強するチャンスを得ることができたのです。

 東京外大入学後は日本語を言語学として学びながら、日本の多くの学生に英語を教えてきました。また、東京外大の日本語学科を首席で卒業した後は、一橋大学の大学院などを経て、アメリカ企業の日本支社を皮切りに、数多くのグローバル企業で仕事をしてきました。シンガポールに渡ってからは、世界的なヘッドハンティング会社のアジア支社長を歴任したり、アメリカ、香港、シンガポールなどの上場企業の役員を務めていたこともあります。

 学生時代からこれまで私が英語を教えてきた日本人の数は1000人以上になると思います。その中で気づいたことがあります。それは、「日本人は最も速く、英語を習得できる民族だ!」ということ。
それなのに、「英語で会話ができる」と自信をもって言える人の割合は、アジアでも非常に少ないのには、理由があります。勉強の仕方が間違っているのです。
 本書では、日本語の言語学的特性と日本人の性格的な特徴に最適化した学習法で、7時間で飛躍的な効果を出すメソッドを紹介しております。ぜひ、参考にしてください。