山中伸彦

山中伸彦

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科〈立教ビジネススクール〉

立教大学経済学部助手、尚美学園大学専任講師、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科准教授を経て、現在教授。博士(経営管理学、立教大学)。Centre for Evolution of Global Business and Institutions(the York Management School) Associate Fellow(2017年4月〜)。組織理論研究,企業の創造的能力と経営組織のあり方に関する理論的・実証的研究が現在の研究課題である。最近の業績として、秋野晶二・山中伸彦・菊池航・黄雅雯(2020)「アップル社におけるグローバル・バリューチェーンの実態に関する研究―価値分析を中心に―」.『工業経営研究』34(1), 30-45. 山中伸彦(2019)「企業の創造的パフォーマンスと組織デザイン : 英国中小企業の事例分析」『立教ビジネスレビュー』12, 3-15. 『グローバル化とイノベーションの経営学』(共編著,税務経理協会,2018年)、「現代企業の組織デザインと経営者の役割:組織変革と信頼, 創造的能力の関係」(『経営行動研究年報』第26号、2017年)、「資源依存パースペクティヴに見る権力研究の理論的課題:批判的解釈理論からの検討」(『組織科学』第45巻3号、2012年)など。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP