山口亮子

ジャーナリスト

愛媛県生まれ。京都大学文学部卒。中国・北京大学修士課程(歴史学)修了。時事通信社を経てフリーに。新刊に『日本一の農業県はどこか―農業の通信簿―』(新潮新書、2024年1月)、共著に『誰が農業を殺すのか』『人口減少時代の農業と食』がある。日本の食と農に潜む課題をえぐり出したとして、食生活ジャーナリスト大賞ジャーナリズム部門 (2023年度)受賞。雑誌や広告など企画編集やコンサルティングなどを手掛ける株式会社ウロ代表取締役。執筆活動を通じ、日本の食と農に潜む課題をえぐり出したとして、食生活ジャーナリスト大賞ジャーナリズム部門 (2023年度)受賞。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP