世界投資へのパスポート
【第433回】 2016年8月29日公開(2016年8月30日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

FRBは9月または12月の利上げ態勢へ!
カギを握るのは今週発表の雇用統計のあの数字、
雇用統計と発表後に投資家が注意すべき点とは?

 先週、ワイオミング州ジャクソンホールで連邦準備制度理事会(FRB)のシンポジウムが開催されました。

 イエレン議長は「雇用市場は引き続き改善しているし、経済活動や物価の見通しもしっかりしてきていることから、フェデラルファンズ・レートを引上げる必要が高まった」とコメントしました。

 同様に、フィッシャー副議長も9月2日に発表される8月の雇用統計が良ければ9月21日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げすることになるだろうとほのめかしました。

今週金曜(9月2日)に発表される雇用統計は
「非農業部門雇用者数で+19万人」がカギ

 このシンポジウムに出席していたウォールストリート・ジャーナルに所属するFEDウォッチャー、ジョン・ヒルゼンラースは「今週金曜日に発表される非農業部門雇用者数で+19万人以上であれば、利上げだろう」と語りました。

 これを受けてCMEで取引されているフェデラルファンズ・レート先物価格から逆算される利上げ確率は、36%に増えています。

 なお、投資家が注意すべき点は、今週金曜日の雇用統計の発表後、アメリカはレイバー・デーの3連休に入ってしまうという点です。

 これは夏休み最後の週末ということもあり、休みを取るトレーダーも多いです。その関係で、ちょっとした拍子にボラティリティ(=相場のブレのこと)が跳ね上がるリスクもあります。

 さらに言えば、レイバー・デー明けは、例年、夏休みの間、「お預け」になっていた新規株式公開や増資などの案件が一斉に動き始める時期でもあり、相場の需給関係が崩れやすいのです。

雇用統計が良ければ9月に利上げだが
前回の利上げ後は株式市場が3カ月間下落している

 普通、政策金利がそれまでの緩和から引締めに転じる際は、それに敬意を表するカタチで、相場は一旦、下げます。

 しかし一回利上げしてしまうと、二回目以降は、回数を重ねるごとに利上げの心理的プレッシャーは軽くなります。

 今回の利上げサイクルは、2015年の12月から始まっています。つまり9月21日のFOMCでもし利上げされれば、それは二回目ということになります。

 しかし前回の利上げからだいぶ時間が経ってしまっているので、今回、利上げということになると投資家は嫌気すると思います。

 ちなみに2015年の12月に利上げが発表されたときは、それを嫌気してマーケットは2月まで下げ続けました

 それが再演されるリスクがあるのです。

雇用統計が悪かった場合は?
利上げは大統領選後の12月の可能性が大

 さて、上に書いたのは9月2日に発表される非農業部門雇用者数が良かった場合、言い換えれば+19万人以上の場合のシナリオですが、逆にこの数字が弱かった場合は、どう対処すれば良いのでしょう?

 その場合、FRBは利上げを引込めると思います。

 そしてアメリカは11月の大統領選挙に向けて慌ただしくなります。

 その場合、無理して利上げすることは、しないと思います。

 だから次の利上げチャンスは大統領選挙後の12月ということになるでしょう。

 そのシナリオでの株式市場の動きですが、やっぱり冴えないものになると思います。なぜなら今度は利上げが12月まで先延ばしになることから、FRBが「後手に回る」リスクが増大すると懸念されるからです。

【まとめ】
雇用統計が良くても悪くても米株は軟調に

 つまり9月2日の雇用統計が良くても、悪くても、今週以降の米国株式市場は軟調な展開が予想されます。ひょっとすると、急落局面すらあるかも知れません。つまりリスク/リワードを勘案するとここからは慎重に行動した方が良いのです。

 売れるものは処分し、ポートフォリオのキャッシュ比率を高くし、次の急落局面で買い出動できるように現金を作っておいてください。

【2017年6月5日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!