世界投資へのパスポート
2016年9月26日公開(2016年9月27日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

米FOMCで追加利上げ見送りが決まったあとは、
来週に控えた大統領選のテレビ討論会が材料に。
買収が噂されるツイッターの動向にも要注目!

FOMC通過で安堵の買い
FFレートは来年以降ゆるやかに上昇か

 先週の米国株式市場は、ダウ工業株価平均指数が+0.8%、S&P500指数が+1.2%、ナスダック総合指数が+1.2%でした。

 水曜日に終了した連邦公開市場委員会(FOMC)で、大方の予想通り米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが現行の0.50%のままで維持されたことを市場は好感しました。

 もうひとつ市場参加者を安心させた要因として、FOMCメンバーによる今後のフェデラルファンズ・レートの予想数字が下のチャートに見られるようにザックリと下がったことが挙げられます。

 それによると2017年末のフェデラルファンズ・レートの予想は1.1%にまで下がっており、もしフェデラルファンズ・レートが0.25%刻みで引き上げられると仮定すれば2回分に相当します。

 言い換えれば「FRBは来年以降も、たいへんゆっくりとしたペースで利上げする」ということがシグナルされたのです。おそらく、利上げは、まず今年12月14日に1回行われ、さらに来年上半期に1回、下半期に1回というペースになると思います。

OPECの会合と大統領選のテレビ討論会で
来週は軟調な展開か

 さて、今週は2つの大きなイベントがあります。まず月曜日から水曜日にかけてアルジェリアで国際エネルギー・フォーラムが開催されます。これには世界の石油関係者が参加するわけですが、このフォーラムに絡めて石油輸出国機構(OPEC)のメンバーが非公式な会合を持つと見られています。

 投資家は「ここで原油の減産に関して、何らかの合意が発表されるのではないか?」と期待していますが、その可能性は低いと思います。このところ原油価格と米国株式市場の動きは連動しており、原油安は株安要因です。

 もうひとつのイベントは、月曜日に行われる大統領候補テレビ討論会です。今回は、全部で3回行われる討論会の第1回目です。大統領選挙は、新たな不確実性を投資判断にもたらします。これを機に市場参加者の関心が、FOMCから大統領選挙へと移ってゆくと思われます。

 投資家は不確実性を嫌うので、今回の大統領候補テレビ討論会でどんな議論が展開され、どちらの候補がディベートに勝ったとしても、マーケットは嫌気すると思います。

 これらの理由から、目先の米国株式市場に関しては、軟調な展開を予想しています。

ツイッター買収の情報で株価が急騰
しかし業績を見ると……

 先週金曜日にツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)が+21%も急騰しました。その背景には「セールスフォース(ティッカーシンボル:CRM)アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)などが、ツイッターと買収の話し合いを持った」とテレビが伝えたことがあります。

 なお、その報道によると、「今は話し合いの段階で、すぐに買収が発表されるわけではない」そうです。

 この報道を受けて、買収側になるかもしれないセールスフォースの株価は-5.6%も急落しました。つまり投資家は、セールスフォースにツイッターを買って欲しくないと思っているわけです。

 その理由ですが、まず、ツイッターのユーザー数の成長は近年頭打ちになっています。

 次に売上高ですが、米国では伸び悩んでおり、海外での成長への依存度が高まっています。一般にネット広告は、米国に比べて海外は単価が低いです。そのため、海外への依存度が高まることで、利益が伸びにくくなります。

 次に利益ですが、大幅な赤字が続いています。

 このようにツイッターは、今後の成長性が疑問視され、なおかつ黒字転換へのメドも立たないことから、もしどこかの企業に買収される場合でも、大きなプレミアムはつきにくいと思われます。

【2017年6月5日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!