世界投資へのパスポート
2017年3月20日公開(2017年3月21日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

来月に控えたフランス大統領選挙の第1回投票では、
反EUを掲げる極右政党・国民戦線の勝利に期待?
第1回投票直後の急落時が、欧州株ETFの買い場に!

オランダ選挙はサプライズもなく無事通過し
反EUへ流れるリスクは減退

 先週、オランダ第二院の選挙が実施され、穏健なマルク・ルッテ党首が率いる自由民主国民党(VVD)が最多議席を確保しました。第二院は米国の下院に相当します。

 反イスラム、反EUを掲げたヘルト・ウィルダース率いる自由党(PVV)の獲得議席数は、20(定数は150)にとどまりました。

 つまり、オランダの政治がポピュリズムやアンチEUへ流れるリスクは大きく後退したのです。

次の注目イベントは
来月に控えたフランス大統領選挙

 オランダで反EU勢力が敗退したことは、4月23日に控えたフランス大統領選挙第1回投票にも間接的に影響を及ぼすと思われます。

 フランスの選挙では、反EUを掲げる極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ル・ペンの動きが注目されます。ル・ペンは「私が大統領になったらフランスのEU脱退の是非を問う国民投票を実施する」と公約しています。

 去年、英国で同様の国民投票が実施された際は、予想に反し、EU脱退派が勝利し、市場参加者を驚かせました。フランスで同様の事が起きれば、EUは崩壊の危機に瀕します。

 ただしフランスの有権者は、英国の有権者よりEU離脱に乗り気ではありません。従って、仮にフランスでEU離脱を巡る国民投票が実施されたとしても、離脱派が勝利する可能性は低いと思います。

フランスの有権者は、
第1回投票と第2回投票で傾向が異なる

 フランスの大統領選挙は第1回投票と第2回投票の二段構えになっています。もし第1回投票である候補者が過半数の票を獲得した場合、その人が大統領に選ばれます。しかし過半数を獲得する候補者が居なかった場合、上位2名による決選投票に持ち込まれます。決選投票の日取りは5月7日です。

 フランスの有権者は、第1回投票では政治の現状への不満を表明する、いわゆるプロテスト・ボートを投じる傾向があります。つまり、わざと泡沫候補や下位政党を支持することで、支配政党に対し不満のメッセージを送るわけです。

 しかし第2回投票では、とたんに保守的になり、無難な候補者に票を入れることが多いです。

 もし、今回もこのパターンが踏襲されるのであれば、第1回投票ではマリーヌ・ル・ペンが善戦し、第2回投票では本命の保守的候補が勝つことになるでしょう。

 今回の選挙で本命と目されているのは、無所属のエマニュエル・マクロンです。マクロンはパリ政治学院、国立行政学院を卒業後、会計監査官、投資銀行ロスチャイルド勤務、経済産業デジタル大臣を歴任しています。

アメリカの影に隠れ
欧州経済も着実に改善へ向かう

 ところで、アメリカ経済の好調の陰に隠れて余り注目されていないのですが、欧州の経済も、このところ着実に改善しつつあります。下はユーロ圏の失業率です。

 最近のユーロ安で、欧州大陸のメーカーはずいぶん助かっています。そのことは、製造業購買担当者指数にも表れています。

 このように、欧州経済はじわじわと回復に向かっているのですが、フランス大統領選挙に代表されるイベント・リスクがあるので、投資家は動きにくかったというわけです。

フランス大統領選では
第1回投票直後の急落時が狙い目

 そこで投資のアイデアですが、もし第1回投票でマリーヌ・ル・ペンが善戦すれば欧州株は急落する可能性があります。しかし第2回投票ではル・ペンは勝てないと思います。すると、第1回投票の結果に驚いた投資家が投げ売りしたところが絶好の買い場になる可能性があります。

 具体的な投資対象ですが、ウィズダムツリー欧州株米ドルヘッジ付ファンド(ティッカーシンボル:HEDJ)というETF(上場型株式投信)を紹介したいと思います。このETFは、82ある欧州へ投資するETFの中で、2番目に純資産が大きいです。

 純資産では、バンガードFTSEヨーロッパETF(ティッカーシンボル:VGK)のほうが大きいのですが、そちらのETFは英国(30%)とスイス(14%)という、ユーロゾーンではない国が占める割合が大きいので、ユーロ圏の回復に投資するという文脈では適切ではないと思います。

 その点、ウィズダムツリー欧州株米ドルヘッジ付ファンドなら、ユーロ圏だけですので余計なものが混じっていません。

【今週のまとめ】
政治リスク低下で、欧州株が再評価される可能性あり

 オランダ下院選挙では与党が勝ちました。オランダで反EU勢力が敗退したことにより、4月23日に控えたフランス大統領選挙第1回投票にも影響を及ぼすでしょう。

 フランス大統領選挙第1回投票では反EUを掲げるマリーヌ・ル・ペンが勝利する可能性があります。しかし、決選投票で彼女は負けると思うので、第1回投票の結果に驚き、投資家が投げ売りしたところが欧州株の買い場になります。

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!