世界投資へのパスポート
2017年3月27日公開(2017年3月27日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

トランプ大統領が推すヘルスケア・プランの頓挫は
マーケットが期待する税制改革法案にも影を落とす?
大型減税の前に、米好景気が腰折れするリスクも!

オバマケア代替法案の頓挫で
トランプ大統領の面目は丸つぶれ

 先週金曜日にあたる3月24日、オバマケアに取って代わる医療保険制度となる下院共和党ヘルスケア・プラン(=略してAHCA)が、一度も投票に付されることなく、放棄されました。

 その理由は、投票に先立ち下院共和党が票読み作業をしたところ、10票から15票ほど足らないので、否決される公算が高いことがわかったからです。

 反対派の説得に奔走したドナルド・トランプ大統領にとって、これは面目丸潰れの展開でした。また、下院共和党議員の総元締めであるポール・ライアン下院議長にとっても、痛い敗北です。

 ヘルスケア法案は、1)高騰する医療費を何とか抑えなければいけない、2)その一方でなるべく多くの国民が医療保険制度によって守られる必要がある、という矛盾する目的を充足させなければいけません。その関係で、誰が取り組んでも難しい法案と言えます。

 共和党ヘルスケア・プランが消えたので、当分の間、オバマケアが存続することになります。

下院共和党ヘルスケア・プランの挫折は
マーケットには良いニュース?

 下院共和党ヘルスケア・プランが早々に挫折したことは、ある意味、市場関係者にとって「良いニュース」だと言えます。なぜなら、市場関係者が待ち望んできたことは、「オバマケアをどう変える?」ということではなく、あくまでも税制改革だからです。

 税制改革は、30年に1度あるかないか、というような大事業ですし、今回の改革は、もしトランプ案が採択された場合、5兆ドルにものぼる大型減税になると言われています。

 ウォール街は減税が大好きです。だから市場関係者は、「オバマケアの改変などにかまってないで、サッサと税制改革をやって欲しい」と密かに願っていたのです。これ以上、医療制度改革に時間を浪費することなく、「次へ移れる!」ということは歓迎すべき事です

 3月24日の遅い午後、「下院共和党ヘルスケア・プランが放棄された!」というニュースが伝わると、マーケットが上昇したのは、そのような事情によります。

トランプ大統領が議員を説得できなかった事実が
今後の審議に暗い影を落とす

 ただ、3月24日の出来事は、「グッドニュース!」だけでは済まされないと思います。なぜなら、共和党の下院議員の中にはいろいろなグループが存在し、そのグループ間での意見調整は極めて難しい事が、今回の医療制度改革法案頓挫で浮き彫りにされたからです。

 トランプ大統領は「交渉術にかけては誰にも負けない」と自負してきました。しかし大統領直々の交渉にもかかわらず、今回、態度を変えた議員は皆無に等しかったです。

 これはトランプ大統領が「交渉とは、恫喝と懐柔によっておこなわれるもの」と思い込んでいることに起因するのかもしれません。

 大統領は、議員をクビにすることは出来ません。だから老獪な議員たちは、大統領が何を言おうが、それが自分にとってメリットがなければ、馬耳東風です。

 彼らの投票行動に働きかけようと思うのなら、ひとりひとりの議員の利害をちゃんと聞き入れ、妥協点を模索し、個々の説得を積み上げるという、粘り強い、根気のいる作業が必要です。

 しかし、トランプ大統領の場合、ほんの数週間、働きかけをした後で「もうこんな作業は面倒だ!」と投げ出してしまいました。これは、今後の連邦政府予算策定や税制改革法案の審議に暗い影を落とすと思います

利回り曲線を見る限り、
楽観的見通しの修正が必要か

 これまでトランプ政権は、「8月に議会が夏休みに入る前までに税制改革法案を成立させる」と語ってきました。

 しかし先週までの動きをみるにつけ、トランプ政権が意見調整に要する労力と時間を甘く見積もっていたことは明らかであり、投資家としては「もっと時間がかかる」という風に考えた方が無難だと思います。

 株式市場の参加者は、わくわくしながら税制改革を待ち望んでいるわけですが、あまのじゃくが多い債券市場の参加者は、もっとずっと悲観的なシナリオを持っています。

 下のグラフは、アメリカの国債である財務省証券の利回りを、短期(画面左端)から長期(画面右端)までずらっと並べた、いわゆる利回り曲線(イールドカーブ)です。

 5兆ドルの大型減税が、すんなりと成立するのであれば、それはキョーレツに景気刺激的であり、利回り曲線の勾配は急になる(=これをスティープニングと言います)と考えるのが自然です。

 ところが、先の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ後、長期金利は逆に下がっており、利回り曲線は寝そべってきている(=これをフラットニングと言います)ことがわかります。

 これは「景気の腰は、案外弱いぞ」ということを示唆しています。アメリカの景気が、それほど強くなく、税制改革法案も時間がかかるということになれば、大型減税が来る前に景気が腰折れるリスクも増してきます。

 このような状況では、ドルは上昇しにくいです。

【今週のまとめ】
エマージング・マーケットや欧州市場が見直されるシナリオも

 先週の下院共和党ヘルスケア・プランの頓挫が我々投資家に与えた教訓は、「立法プロセスには時間がかかる」ということだと思います。だから「ホイ来たドン!」でテキパキと大型減税が出来てしまうという妄想は、そろそろ諦めた方が良いと思います。

 ドルは上昇しにくくなるので、アメリカの投資家は、これまでのアメリカ一辺倒のスタンスから、もっと幅広く、世界に投資機会を求める態度に改めると思われます。その場合、エマージング・マーケットや欧州株が見直されるというシナリオもありうるでしょう。

【2017年6月5日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!