世界投資へのパスポート
2017年5月29日公開(2017年11月30日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

長らく停滞していた新興国経済に、復活の兆しが!
新興国と関係の深く、直近の好業績で注目を集める
「キャタピラー」と「ディーア」の決算内容を解説!

2018年は4.8%の成長見込みと
新興国経済が調子を取り戻している

 新興国経済が調子を取り戻しています。国際通貨基金(IMF)の「世界経済見通し」によると新興国経済は2017年が4.5%、2018年が4.8%で成長すると見られています。

 新興国経済は2003年頃から、いわゆるBRICs(=ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字をとったもの)ブームで高度成長しました。

 しかし、その後ブームが一巡したことに加え、新興国の経済成長と密接な関係がある世界の貿易量の成長が伸び悩んだことなどから、2011年以降はモタモタした展開でした。

 しかし下の表のように、ここへきて世界の貿易量は力強くリバウンドする兆候を見せています。

 ドナルド・トランプが大統領に当選したとき、「これでアメリカの経済成長は加速し、ドルも強くなる」と考えた投資家が多かったです。しかし、トランプ大統領は議会と協調することが下手で、彼の打ち出した成長戦略は、これまでのところことごとく法案成立までこぎつけることができず、不発に終わっています。それを受けて、貿易加重ドル指数も軟調です。

 一般に、ドル安の局面では米国の投資資金は新興国に向かいやすいですし、海外からの資金流入は新興国経済の安定に寄与します。

 大統領就任時、「新興国に対して厳しい態度を取るに違いない」と予想されていたトランプ政権ですが、実際に政権が始動してみると驚くほど弱腰で、新興国各国首脳や実業界はホッと胸をなでおろしています。

 これらのことは、実業界や投資家の関心が再び新興国へと向かう可能性があることを示唆しています。

 実際、先の第1四半期決算発表シーズンでも、新興国と関係の深い2つの機械メーカー、すなわちキャタピラー(ティッカーシンボル:CAT)ディーア(ティッカーシンボル:DE)が、久しぶりに良い決算を出し、投資家の注目を浴びました。

 そこで今日はこれらの2銘柄を紹介します。

【キャタピラー】
新興国での売上げが増大した世界最大の建設機械メーカー

 キャタピラーは、1925年に創業された世界最大の建設機械メーカーです。同社の2016年の売上高は385億ドルでした。

 同社は建設、鉱業、石油・天然ガス産業向け機械を作っているほか、ディーゼル・エンジン、ガス・タービン、ディーゼル兼電気機関車なども作っています。

 同社の売上高の57%は、海外です。

 ここ数年の同社の業績は、中国経済の減速とそれに伴う資源の消費の鈍化で、鉱業を中心とした新規投資の絞り込みの影響をモロに受け、低迷していました。

 しかし、4月末に発表された第1四半期決算では、EPSが予想63セントに対し1.28ドル、売上高が予想92.7億ドルに対し98.2億ドル、売上高成長率は前年比+3.8%と、ひさしぶりに予想を大きく上回りました。

 売上高が伸びた原因は、販売数量の伸びです。なかでも、鉱山会社へのアフターマーケット部品の販売が好調でした。一方、エネルギー&運輸は微増、建設は横ばいでした。

 地域別の売上高を見ると、アジア太平洋は、中国が好調で+12%でした。オーストラリアのアフターマーケット部品も好調でした。南米は+14%でした。北米は横ばいでした。つまり、新興国での成長が、好業績の大きな要因となっているのです。

 2017年のEPSは予想3.26ドルに対し、新ガイダンス3.75ドルが提示されました。売上高は予想382.4億ドルに対し、新ガイダンス380から410億ドルが提示されました。

【ディーア】
世界最大の農業機械メーカーは、南米市場の売上げが回復

 ディーアは、1837年に創業された世界最大の農業機械メーカーです。農業機械に加えて建設機械、芝刈り機なども作っています。2016年(同社の決算は10月末〆です)の売上高は266億ドルでした。

 部門別売上高構成は、次の通りです。

 上のパイチャートの中で「金融サービス」というのは、農業機械を割賦で販売するサービスを指します。一般に米国の農家は事業規模が大きく、資産の面からもキャッシュフローの面からも余裕のある農家が多いです。このためディーアの金融サービス部門の債権は、きわめて健全であると考えられています。

 同社の売上高のうち、米国ならびにカナダが占める割合は63%です。

 同社の過去3年の業績は、穀物市況の低迷で農家が農業機械の買い替えを見合わせたこと、南米を中心とする新興国経済の低迷などの影響でじり貧でした。しかしここへきて、同社の業績は持ち直す兆候を見せています。

 先に発表された第2四半期(4月期)決算では、EPSが予想1.69ドルに対し2.14ドル、売上高が予想72.7億ドルに対し72.6億ドル、売上高成長率は前年比+2.2%でした。

 地域別に見ると、米国カナダ売上高は-5%、海外は+14%でした。中でも、南米市場の回復が著しかったです。実質販売価格は+2%でした。一方、部門別売上構成では、建設機械が+7%でした。

 第3四半期売上高は予想62.4億ドルに対し、新ガイダンス69.2億ドルが提示されました。

【今週のまとめ】
新興国関連で業績を伸ばす機械メーカーに要注目!

 建設機械、農業機械の銘柄は、新興国経済の成長鈍化で長く低迷していました。しかしここへきて新興国経済は再加速する様相を呈しており、それに伴いこれらの機械メーカーの株も脚光を浴びています。

 中でも、新興国と関係の深い機械メーカーで、先の決算でも好業績を発表したキャタピラーディーアには注目です。

■キャタピラー(CAT)チャート/日足・6カ月 ※クリックで詳細ページへ
キャタピラー(CAT)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示
■ディーア(DE)チャート/日足・6カ月 ※クリックで詳細ページへ
ディーア(DE)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
【今週のピックアップ記事!】
2017年の米国株式市場の値動きと上がる銘柄を予測! 米国株のプロ2人が注目する「3つのトピック」と、それらのトピックに関連する狙い目の銘柄を紹介!
海外リート型の毎月分配型投資信託から大量の資金が流出する異常事態が発生中! 減配リスクが低く、安定分配が可能な毎月分配型投信を見分ける方法は?
【2017年12月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP